So-net無料ブログ作成

ルノー トゥインゴ ラパリジェンヌ

ルノー、限定車「トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」

“ピスタチオの緑”で内外装をコーディネイト

1.jpg

ルノー・ジャポンは、「トゥインゴ」の限定車「トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」を2月14日に発売。一般モデル170台と開放的なキャンバストップモデル30台の計200台限定となる。

2.jpg

ボディカラーと内装トリムに専用色「ヴェール ピスタッシュ(ピスタチオの緑)」を採用している。エクステリアは専用サイドストライプ、「La Parisienne」ロゴ入りのボディ同色サイドプロテクションモール、ブリリアントブラックドアミラー、プライバシーガラス、ヴェール ピスタッシュカラーのセンターキャップを装着する専用デザイン16インチアロイホイールを採用。

3.jpg

リアドア側に「La Parisienne」ロゴを備えるボディ同色サイドプロテクションモールを装備。

4.jpg

「La Parisienne」プレートがエントランスを彩る。

5.jpg

ダッシュボード、エアコンベゼルの一部が専用色となるヴェール ピスタッシュのインテリア。

時速70km/h以上の高速走行の際、車線からはみ出しそうになるとブザー音とインジケーター表示で注意を促する「LDW(車線逸脱警報)」が装備される。

7.jpg

トゥインゴのイラストがキュートなフロアマットも純正装備。

6.jpg

専用レザー調×ファブリックコンビシートには、シートヒーターが内蔵され、グリーンがオシャレ。

m_m_emblem_Renault-eebad.jpg
ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

プジョー 3008特別仕様車

プジョー、「3008」特別仕様車「BlueHDi クリーンエディション」

2.jpg

プジョーはコンパクトSUV「3008」の特別仕様車「3008 BlueHDi クリーンエディション」を発売。

1.jpg

この特別仕様車はレーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、フルLEDヘッドライト、インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックアイカメラといった先進機能を標準装備としている。

4.jpg

直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボエンジンは最高出力177PS/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生。JC08モード燃費は17.8km/Lとパワフルながら経済的なのが魅力。

5.jpg

組み合わされるのは、ドイツZF製の最新式
8速AT「EAT8」。

3.jpg

レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニターなど先進安全装置を装備。


モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
3008 BlueHDi クリーンエディション 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ(177PS/400Nm) 8速AT「EAT8」 2WD(FF) 3,999,000円



m_emblem_peugeot-d09f9.jpg プジョーhttps://www.peugeot.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW Type1ぬいぐるみ100名へ

フォルクスワーゲン、映画「バンブルビー」公開記念

「リバーシブルぬいぐるみ」が100名に当たるキャンペーン

1.jpg

フォルクスワーゲングループ ジャパンは、22日から全国ロードショーの映画「バンブルビー」の公開を記念する「バンブルビー×ビートル リバーシブルぬいぐるみ」プレゼントキャンペーンを3月31日まで実施。

2.jpg

キャンペーンでは期間中にキャンペーンサイトから応募した人の中から抽選で100名に、完全限定生産の非売品として用意された「バンブルビー×ビートル リバーシブルぬいぐるみ」を100名にプレゼント。リバーシブルぬいぐるみはファスナーを使って裏返すことで、トランスフォームのようにビートルとバンブルビーの2つの姿に変身できる。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社https://www.volkswagen.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ Q5ディーセル

アウディ、「Q5」のクリーンディーゼル仕様「Q5 40 TDI クワトロ」

アウディブランドも経済的なディーゼル車を導入

1.jpg

Audi Q5 40 TDI quattroは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデル。最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現。その一方JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/ℓ上回る15.6km/ℓで、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに達する(タンク容量:70ℓ)。

2.jpg

3.jpg

1968cc直列4気筒TDI(Turbocharged Direct Injection)の排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成。加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制EURO 6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合。そして、緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクを、ガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供する。

Audi Q5 TDI 1st edition black styling

4.jpg

5.jpg

6.jpg

10.jpg

TDIモデルの発売を記念し、迫力ある内外装と安全装備を充実させAudi Q5 TDI 1st edition black stylingを250台にて限定発売。Audi Q5 40 TDI quattro sportをベースに、マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)やアクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなど大幅に装備を追加しつつ、価格を89万円増の746万円に抑えた、バリューに優れた限定モデル。

7.jpg

コクピットもアウディらしい先進装備がてんこ盛りである。

車両本体価格

 

モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 ステアリング 車両本体価格(税込)
Audi Q5 40 TDI
quattro
2ℓ直列4気筒DOHCコモン
レール式ターボディーゼル
190ps/400Nm
7速
Sトロニック
quattro 6,360,000円
Audi Q5 40 TDI
quattro sport
2ℓ直列4気筒DOHCコモン
レール式ターボディーゼル
190ps/400Nm
7速
Sトロニック
quattro 6,570,000円
Audi Q5 TDI
1st edition black styling
2ℓ直列4気筒DOHCコモン
レール式ターボディーゼル
190ps/400Nm
7速
Sトロニック
quattro 7,460,000円



m_emblem_audi-d54df.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ベントレー ベンテイガ 限定車

ベントレー、「ベンテイガ A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」

3086万円 10台限定

1.jpg

ベントレー モータース ジャパンは、スペシャリティSUV「ベンテイガ」の日本限定特別仕様車「A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」を発表。

ベントレーのパーソナルコミッショニング部門「マリナ―」で日本市場に10台だけ生産された特別なモデルとなる。

3.jpg

ユニオンジャックバッチがドアサイドに貼られる。

2.jpg

22インチ7スポークマリナ―パラゴンホイール(セルフレベリングバッチ付き)。ブレーキは10ピストンキャリパーを搭載している。

4.jpg

MullinerのロゴがLEDウェルカムランプで地面を照らす演出。

5.jpg

インテリアは手作業で組み上げられる。に明るいホワイトの「リネン」、セカンダリーハイドに「インペリアルブルー」、「キャメル」が彩りを添えている。

6.jpg

日本の伝統工芸である寄木細工に影響を受けたウッドストライプもハンドメイド。

7.jpg

ダイアモンドキルティングのレザーシートは明るいリネンカラーを採用。


m_m_yjimage-491a8.jpgベントレー モータース ジャパンhttp://www.bentleymotors.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ 新型911 受注開始

ポルシェ、新型「911 カレラ S」「911 カレラ 4S」(992)受注開始

911 カレラ S:1666万円
911 カレラ 4S:1772万円

1.jpg

5.jpg

ポルシェ ジャパンは、992型新型「911 カレラ S」「911 カレラ 4S」の受注を開始。正式は日本国内発売日は順次発表するとの事。

2.jpg

4.jpg

第8世代となる新しい911シリーズは、クラシカルな911のフォルムを踏襲しながらも数々のハイテク装備で武装する。心臓には最高出力450PS、最大トルク528.8Nmを発生する水平対向6気筒 3.0リッターターボエンジンを採用。後輪駆動モデルの911 カレラSは0-100km/h加速3.7秒、最高速308km/h、4WDモデルの911 カレラ4Sは0-100km/h加速3.6秒、最高速306km/h。後に発表されるターボは700PS超えとも言われている。

7.jpg

クラシカルなデザインを採用したヘッドライトであるが、LEDヘッドランプを採用。HID、バイキセノンは自動車灯火において短命に終わり時代はLEDであると実感した。

6.jpg

刷新されたコクピット。10.9インチのセンタースクリーンを備えるPCMを搭載。あえてアナログのレブカウンターを残し、それを取り巻くメーター類はバーチャル式となる。911至上、最大の変貌を遂げたコクピットである。


m_emblem_porsche-e9585.jpg
ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW EVデューン・バギー

フォルクスワーゲン、「デューン・バギー」がEVで復活。

ジュネーブショー 2019で公開

1.jpg

フォルクスワーゲンはジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」の会場にて、EV(電気自動車)の「デューン・バギー」を世界初公開すると発表。報道関係者にイメージイラストが配布された。

2.jpg

デューン・バギーは1960年~1970年代に主にアメリカで流行したモデルで、当時の「ビートル」のシャシーをベースしたモデルとなる。

デューン・バギーは、同社が今後展開する新型アーキテクチャ「MEB」を用いたモデル。MEBをベースにするEVファミリー「ID.(アイディ.)」の生産は2019年末から開始することが発表されており、多くの電気自動車が販売される。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ルノー新型ルーテシア外装公開

ルノー、新型ルーテシアエクステリアも公開

ボディサイズも大型化

3.jpg

ルノーは、スイス ジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」で発表する新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)のインテリアの写真に続き、エクステリアデザインも公開した。

1.jpg
「メガーヌ」と共通性の高いLEDライトを押し出したフロントマスクを採用。コンパクトカーながら、ダイナミックな印象を与える。また、フロントグリルがより大型化され、エンジンの冷却性能を高めた。エンジンの詳細は現在明らかになっていない。

2.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

ボディサイズは拡大し4048×1798×1440mm(全長×全幅×全高)車内空間は拡大された。

9.jpg

10.jpg

スポーツモデルである「R.S.LINE」も画像公開された。

7.jpg

ヘッドライトはフルLEDとなっている。

8.jpg

リアコンビネーションランプも躍動的な形状のLEDとなった。


m_m_emblem_Renault-eebad.jpg
ルノー・ジャポン株式会社https://www.renault.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ RS 4 アバント

アウディ、新型「RS 4 アバント」

450PSを発生

1.jpg

Audi RS 4 Avantは、Audi R8やAudi RS 6など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたAudi A4シリーズのトップモデル。
エクステリアデザインは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得たものである。RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することで、スポーティさを強調。伝説のマシンAudi quattroを彷彿とさせるブリスターフェンダーもAudi RS 4 Avantの特徴で、標準モデルのAudi A4 Avantに比べて全幅は25mm拡大している。

4.jpg

パワートレインは最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9ℓV6 ツインターボエンジンを搭載。従来型の4.2ℓV8 DOHCに比べ、最高出力は同じながらも最大トルクは170Nm増強。8 速ティプトロニックトランスミッションとquattroフルタイム4WDシステムを組み合わせ、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備することにより大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。0-100km/h加速はわずか4.1秒。その一方で、アウディ独自のエンジン燃焼方式であるBサイクルを採用したことで、燃費は11.2km/ℓ(JC08モード)と従来型よりも大幅な省燃費を実現。

3.jpg

2.jpg

インテリアは水平基調のデザインで、ファインナッパレザーのSスポーツシートをはじめ、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用し、スポーティかつエレガントな仕上げ。メーターパネルには、12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットを標準装備。Audi connectは、インターネットと常時接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示する等の情報提供。また24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスであるAudi connect Navigatorも利用可能。また、アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載。

車両本体価格
モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 ステアリング 車両本体価格(税込)
Audi RS 4 Avant 2.9 ℓV型6気筒DOHC
ターボチャージャー
450PS/600Nm
8速
ティプトロニック
quattro 左/右 11,960,000円


m_emblem_audi-d54df.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

VW ポロTSI R-Line

フォルクスワーゲン、1.5リッターターボエンジン搭載のポロ「TSI R-Line」

日本初上陸150PS Evoユニットを搭載。

1.jpg

2.jpg

フォルクスワーゲン グループジャパンは、ハッチバックのコンパクトモデル「ポロ」の新グレード「TSI R-Line」を発売。ポロでは、直列3気筒の1.0リッターターボと直列4気筒の2.0リッターターボの2種類を選択できたが、新たに2つの中間を埋める直列4気筒の1.5リッターターボを加えた。

3.jpg

4.jpg

直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボの「1.5 TSI Evo」は日本初上陸のユニットである。
気筒休止機能の「ACT(アクティブシリンダーマネージメント)」と高効率なコモンレール直噴技術を採用。最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpmを発生。トランスミッションは乾式の7速DSGと組み合わされる。JC08モード燃費は17.8km/Lとパワフルながら良好。

7.jpg

フロントスポイラーがスポーティな印象を与えてくれる。

8.jpg

ブラックサイドスカート。

5.jpg

ツインエキゾーストフィニッシャー

9.jpg

大型リアスポイラーを専用装備。

6.jpg

アグレッシヴなデザインのブラックポリッシュ17インチホイールを採用。タイヤサイズは
215/45 R17。1.0リッターエンジン搭載モデルではリアブレーキはドラム式であったが、TSI R-Lineでは4輪ディスクとなる。

10.jpg

オプションでボディ同色のインテリアを選べる。メーターはバーチャル式のLCD。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車