So-net無料ブログ作成

ロータス エヴォーラGT

ロータス エヴォーラGT

軽量化により動力性能を向上

3.jpg

ロータスがエヴォーラGTを発表。 従来のエヴォーラ・スポーツ410と、エヴォーラ400に替わる軽量化されたスポーツカー。

1.jpg

グリルのメッシュは軽量なコンポジット製を採用。フロントフェンダーの上部にはルーバーが新設され、エヴォーラ400の2倍というダウンフォース量(64kg)を発生させる。フロントタイヤ後方のカーブドAパネル(ホイールハウスに向かって絞り込まれている部分)やサイドステップ、リアバンパーなどはカーボン製。

2.jpg

5.jpg

オプションのカーボンパックを装着すると、フロントアクセスパネルやルーフパネル、スポイラーおよびルーバー付きのテールゲート、そしてディフューザーもカーボン製となりさらに22kgの軽量化実現。
3.5リッター・V型6気筒エンジンには、Edelbrock製スーパーチャージャーが装着。最高出力は422PS、最大トルクは450Nmを発生。0-100Km/h加速は、3.8秒。最高速度は303Km/h。

4.jpg

ブレーキは英国APレーシング製の4ピストンキャリパーを前後に装着。ブレーキローターはフロントが370φ、リアは350φで、いずれもクロスドリルドベンチレーテッドディスク。軽量なボディには十分すぎる制動力を発揮。
タイヤはフロントに245/35、リアに295/30。
サスペンションはビルシュタインのスポーツダンパーとアイバッハスプリングとこれまた世界の名品パーツで固める。

6.jpg

メーターフードもカーボンを使用。SPARCO製カーボンフルバケットシート、ステアリングはマグネシウム製で、表皮はレザーおよびアルカンターラとなる。


m_emblem_lotus-6e151-0c910.jpgロータス http://www.lotus-cars.jp/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。


nice!(4) 
共通テーマ:自動車