So-net無料ブログ作成

アルピーヌ A110S

アルピーヌ、A110のトップエンドモデル「A110S」

292PSまで引き上げられたパワー

1.jpg

仏アルピーヌはミッドシップスポーツカー「A110」のトップエンドモデル「A110S」を発表。

2.jpg

4.jpg

直列4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボエンジンをキャビン後方の車両リアミッドに搭載。ブースト圧を0.4barアップした結果、ベースモデルに比べ出力を40PS高め、最高出力292PS/6400rpmを発生。0-100Km/hは4秒。
車高は4mm低くなり、スプリングレートは50%高められた。ダンパーもチューンされている。

3.jpg

伝統に相応しいスポーティなエキゾーストノートを響かせるセンターマフラーは新型A110(S)の特徴。

7.jpg

5.jpg

6.jpg

オレンジとブラックを組み合わせエンブレムをCピラーに添付。ダークフィニッシュの「GT Race」ホイール、オレンジカラーのキャリパーも備わる。

8.jpg

ブルーステッチがオレンジステッチに変更。軽量アルミ製のペダル、12時の位置にオレンジのマーカーがアクセントとなるステアリングは専用品である。


alp.jpgアルピーヌ・ジャポンhttps://alpinecars.com/ja/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車