So-net無料ブログ作成
2019年01月| 2019年02月 |- ブログトップ
前の8件 | -

メルセデスAMG GT 4ドア

メルセデス・ベンツ、「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」

直6マイルドハイブリッドとV8ツインターボを搭載

1.jpg

メルセデス・ベンツ日本は、4ドアスポーツクーペ新型「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の受注を開始。
同車は、“究極のハイパフォーマンス”を持ちつつ、官能的な曲線美のデザインと広い室内空間、4ドアボディによる使い勝手などを兼ね備えるAMGが独自開発した新たなスポーツカーである。

2.jpg

GT 43とGT 53に直列6気筒 3.0リッターターボエンジン、GT 63 SにV型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを用意されている。(写真はメルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+)

4.jpg

GT 43は、「M256」型の直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力367PS、最大トルク500Nm。GT 53は、最高出力435PS、最大トルク520Nmを発生。注目すべき点では、エンジンとトランスミッションの間に最高出力16kW(21PS)、最大トルク250Nmを発生する「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」を装着し、減速時には回生発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーを備える「48V電気システム」との組み合わせによりエネルギー効率を向上させている。ターボチャージャー弱点ともいえる加給効果が乏しい低回転域をカバーする「電動スーパーチャージャー」も採用し、ISGのモーターアシストと合わせて豪快な加速を堪能できる。

5.jpg

GT63では「M177」型のV型8気筒エンジンに2基のターボチャージャをV型シリンダーバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトを採用。ツインスクロール式で低回転域から高いレスポンスを発揮するターボチャージャーへの吸排気経路を最適化して最高出力639PS、最大トルク900Nmを発生する。

全車にエンジンパワーを4輪に最適配分するメルセデスAMGの4WDシステム「AMG 4MATIC+」を採用。前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で可変制御して、発進時や高速走行に加え、ハイスピードコーナーリング、コーナーからの立ち上がり加速などで絶対的な安定性を発揮。GT 63 Sでは、前後トルク配分を0:100の完全後輪駆動に固定する「ドリフトモード」も搭載。

6.jpg

AMGリア・アクスルステアリングでは100km/h以下の走行中に後輪を前輪と逆方向に最大1.3度操舵を行う。コーナー進入時のアジリティを大幅に高め、日常的な走行シーンでの回転半径を小さくし取り回しを向上させる。車速が100km/hを超えた状況では作動が逆になり後輪が前輪と同じ方向に、最大0.5度まで操舵される。これによって高速巡航時の走行安定性を向上。

7.jpg

ドリルド&スリットローターにイエローに塗られた専用キャリパーが強力無比な制動力を生む。

11.jpg

「リトラクタブルリアスポイラー」を標準装備。

8.jpg

10.jpg

V型8気筒エンジンをモチーフにしたセンターコンソールはスパルタン。

9.jpg

最新鋭のコクピットは
高精細な12.3インチワイドディスプレイ2つを1枚のガラスカバーで融合させた「コックピットディスプレイ」を採用している。

12.jpg


メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1

特別仕様車の「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1」。ボディカラーに「ダイヤモンドホワイト」「グラファイトグレー」の2色を設定する63 S 4MATIC+ Edition 1では、軽量鍛造仕上げの専用ポリッシュ/マットブラックペイント21インチAMGクロススポークホイールを装着。エクステリアでは、追加のフリック、大型専用フロントスポイラーリップで気流とフロントアクスルのダウンフォースを改善する「エアロダイナミックパッケージ」を採用している。

モデル エンジン 駆動方式 ステアリング位置 価格
メルセデスAMG GT 43 4MATIC+(ISG搭載モデル) 直列6気筒 3.0リッター直噴ターボ 4WD 左/右 11,760,000円
メルセデスAMG GT 53 4MATIC+(ISG搭載モデル) 15,930,000円
メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+ V型8気筒 4.0リッター直噴ツインターボ 23,530,000円
メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1 24,770,000円




m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpgm_m_amg.gif
メルセデス・ベンツ日本株式会社http://www.mercedes-benz.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAMG GT R PRO

メルセデス・ベンツ、「メルセデスAMG GT R PRO」

公道を走るレーシングカー

1.jpg

メルセデスベンツ日本は「メルセデスAMG GT」の限定車「メルセデスAMG GT R PRO」の受注を開始。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

「何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが作り上げたAMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスパルタンなスポーツカー」と位置付けられるモデルである。レース専用車両の「メルセデスAMG GT3」「メルセデスAMG GT4」の開発で培われてきた技術が市販車モデルの同車に投入され、サスペンション、軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどの変更で行動を走れるレーシングカーとなっている。

5.jpg

V型8気筒DOHC 4.0リッター直噴ツインターボ「M178」型エンジンを搭載。

7.jpg

レーシングカーからフィードバックされロールゲージで補強されている。

サスペンションはプリロードによるスプリング長の機械的調整に加え、縮み側と伸び側のそれぞれでダンパー特性を設定できる新設計の「AMGコイルオーバーサスペンション」で、サーキットごとにサスペンションのセットアップを変更可能。また、専用ブラックペイント仕上げのブレーキキャリパーを備えたAMG カーボンセラミックブレーキを採用。

10.jpg

カーボンファイバーを多用したインテリア。メーターには360Km/hまで刻まれる。


m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpgm_m_amg.gif

メルセデス・ベンツ日本株式会社http://www.mercedes-benz.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW up! GTI

フォルクスワーゲン、「up! GTI」

好評につき再販売。
「リアビューカメラ」「beats sound system」を採用

12.jpg

11.jpg

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは6速MT専用車の特別仕様車「up! GTI」を発売。2018年6月に600台限定で導入されたが、好評で完売。今回導入するモデルは、2018年に導入されたモデルの装備に加えて、新たに「リアビューカメラ」やプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を採用して、安全性と快適性を走りの楽しみに加えた。

13.jpg

195/40R17 タイヤ/6.5Jx17 アルミホイール(6スポーク)を装着。
GTI専用スポーツサスペンション/レッドブレーキキャリパー。

10.jpg

クローム仕上げエキゾーストパイプ。

9.jpg

サイドスカート。

2.jpg

直列3気筒DOHC 1.0リッターターボエンジンを搭載。最高出力116PS/5000-5500rpm、最大トルク200Nm(20.4kgfm)/2000rpm-3500rpmを発生。これに6MTを組み合わされる。

8.jpg

Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”/スマートフォンホルダー iPod/iPhone/USBデバイス接続装置。

6.jpg

リアビューカメラを新たに装備して安全性を高めた。

5.jpg

プレミアムサウンドシステム“beats sound system”。

3.jpg

GTIの伝統を受け継ぐスポーティなインテリア。

価格は229万9000円。


VW.jpg
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW ゴルフGTI Performance

フォルクスワーゲン、「ゴルフ GTI Performance」

数々の専用チューン、19インチアルミホイールなどを装備

1.jpg

フォルクスワーゲングループジャパンは「ゴルフ GTI」をベースに専用チューンエンジンなどを搭載した特別仕様車「ゴルフ GTI Performance」を発売。

9.jpg

ダークアイアンブルーメタリック

11.jpg

ディープブラックパールエフェクト

10.jpg

ピュアホワイト

直列4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンは湿式7速DSGを組み合わせ最高出力245PS/5000-6700rpm、最大トルク370Nm(37.7kgfm)/1600-4300rpmを発生。最高出力はベースモデルより15PSアップ。

2.jpg

225/35R19タイヤ/7.5Jx19アルミホイール(5ダブルスポーク)、大径ブレーキディスクブレーキ&刻印入りレッドキャリパー。

6.jpg

LEDヘッドライト。

5.jpg

ダークテールランプ/LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)。

7.jpg

タータンチャックではなく、
専用ファブリック&マイクロフリーストップスポーツシートを搭載。

8.jpg

デジタルメータークラスター“Active Info Display”を採用。

価格は465万9000円。


VW.jpg
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ新型911カブリオレ受注開始

ポルシェ、新型「911 カレラ カブリオレ」受注開始

911 カレラ S カブリオレが1891万円。
911 カレラ 4S カブリオレが1997万円。

1.jpg

ポルシェジャパンは新型「911 カレラ S カブリオレ」「911 カレラ 4S カブリオレ」の予約受注を開始。

3.jpg

2.jpg

911 カレラ S カブリオレ、911 カレラ 4S カブリオレは、昨年ロサンゼルスでワールドプレミアされた第8世代となる新型「911」(type992)のカブリオレモデルとなる。日本に導入されるのは、いずれもトランスミッションは8速PDKだ。



m_emblem_porsche-e9585.jpgポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

Audi Q7 black styling

Audi Q7 black styling

オルカブラックのボディカラーに、20インチホイール

1.jpg

2.jpg

Audi Q7 black styling はAudi Q7 45 TFSI quattroエアサスペンション装着車をベースとした限定モデル。ボディカラーは人気色のオルカブラックで、S lineエクステリアやブラックスタイリングパッケージ、ブラックルーフレール、ブラックLEDリアライトなどを組み合わせている。フロントにはカメラで前走車や対向車を検知し、刻々と変わる道路状況に合わせて配光を変えるマトリクスLEDヘッドライトを装備。グロスブラックのAudi Sport製10Yスポークデザイン20インチホイールを装着。

3.jpg

マトリクスLEDヘッドライト、専用20インチホイールを装備。

4.jpg

ブラックルーフレールがより精悍な印象を与える。

5.jpg

エキゾースエンドはクローム仕上げの2本出し。

6.jpg

7.jpg

インテリアは、グロスブラック&オークグレーのデコラティブパネルを配し、ブラックレザーシートやブラックヘッドライニングなど、黒基調でシックなトーンに統一。またプライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、7人乗り仕様となる3列目シートなども備える。オーディオにはBOSE 3Dサウンドシステムを採用し高級感を演出している。

運転支援アシスタンスシステムでは、アウディ プレセンスベーシックやアダプティブクルーズコントロール、アウディ アクティブレーンアシストなどに加えて、後方から接近車両があることを知らせるアウディ サイドアシストや、リヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーで後方から接近する車両を検知し、追突の際の衝撃を低減するアウディ プレセンスリヤを追加。また、状況に応じて後輪を操舵し、低速走行時には最小回転半径の短縮が可能な四輪操舵システム、オールホイールステアリングを装備。

車両本体価格
モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 ステアリング 車両本体価格(税込)
Audi Q7
black styling
2ℓ直列4気筒DOHC
ターボチャージャー
252PS/370Nm
8速
ティプトロニック
quattro 10,190,000円



m_emblem_audi-d54df.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

Audi Q2 black styling

Audi Q2 black styling

18インチホイールなどを標準装備した375台の限定モデル

012_Photo01_Q2_black_styling_s.jpg

012_Photo05_Q2_black_styling_s.jpg

Audi Q2 シリーズは、個性的で存在感のあるエクステリアデザインや、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティ性能を兼ね備えたプレミアムコンパクトSUVモデル。ベース車両となるAudi Q2 30 TFSI sportのパワートレインは、最高出力116PS、最大トルク200Nmを発揮する1.0ℓTFSI直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジンと7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。スタートストップシステム(アイドリングストップ機構)などの採用で、JC08モード燃費は19.8km/ℓを達成。優れた運動性能と燃費性能を両立。

012_Photo02_Q2_black_styling_s.jpg

012_Photo03_Q2_black_styling_s.jpg

012_Photo04_Q2_black_styling_s.jpg

エクステリアには、ブラックスタイリングパッケージ(シングルフレームグリル、フロント/リヤバンパー)を配し、そしてCピラーのブレードにはマットチタングレーのカラーリングを施している。足元はコントラストグレーの5アームダイナミックデザイン18インチアルミホイールを装着。

012_Photo07_Q2_black_styling_s.jpg

012_Photo06_Q2_black_styling_s.jpg

012_Photo08_Q2_black_styling_s.jpg

インテリアには、バーチャルコックピットやスマートフォンインターフェイスを備えたMMIナビゲーションを装備。また安全運転支援システムであるアシスタンスパッケージを標準装備。アダプティブクルーズコントロールをはじめ、約65 km/h以上で走行中に、ドライバーがウインカーを点灯せずにクルマが走行レーンをはみ出しそうになると、認識した車線内にとどまるよう穏やかにステアリングを自動修正するアウディ アクティブレーンアシストや、約10-65km/hの範囲で前方を横断中の歩行者を検知し、危険を察知するとドライバーに警告音と警告灯で注意を喚起。状況に応じて短くブレーキを作動し、ドライバーが対応しない場合は、自動的にフルブレーキを行い追突の際の衝撃を低減するアウディ プレセンスフロントなどを備えている。

車両本体価格
モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 ステアリング 車両本体価格(税込)
Audi Q2
#black styling
1ℓ直列3気筒DOHC
ターボチャージャー
116PS/200Nm
7速
Sトロニック
前輪駆動 4,510,000円


m_emblem_audi-d54df.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アストンマーティン EV SUV発表

アストンマーティン、SUVのEV「Lagonda All-Terrain Concept」

ジュネーブショーで世界初公開

1.jpg

イギリス・アストンマーティンは、ジュネーブモーターショーで「Lagonda All-Terrain Concept」を世界初公開すると発表。報道関係者にティザー写真を公開した。

アストンマーティンは、ゼロエミッション車のブランドとして「ラゴンダ」の名称を復活。その最初の量産モデルとしてEVのSUVを2021年より販売。

2.jpg

m_m_09-25734.jpgアストンマーティン・ジャパンhttp://www.astonmartin.com/ja



nice!(3) 
共通テーマ:自動車
前の8件 | -
2019年01月|2019年02月 |- ブログトップ