So-net無料ブログ作成

VW T-Roc R発表

フォルクスワーゲン、コンパクトSUVハイパフォーマンス仕様「T-Roc R」

四駆、300PSで0-100km/h加速は4.9秒

1.jpg

フォルクスワーゲンはジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」の会場で同社のコンパクトSUV「T-Roc」のR仕様である「T-Roc R」を公開。

5.jpg

T-Rocは日本には未導入モデルであるが、導入される可能性は非常に高い。同車のハイパワーモデルのRが登場することになった。

2.jpg

4.jpg

3.jpg

6.jpg

フォルクスワーゲンとしては、冒険したエクステリアを採用。T-Roc Rは、「ゴルフR」同様、走行モードに「レースモード」を備えている。また、ステアリングの操舵角が増えたときにステアリングギヤレシオをダイレクトに変化させる「プログレッシブステアリング」を標準装備。

7.jpg

19インチのプレトリアダークグラファイトマットアロイホイール&235/40 R19タイヤ。

8.jpg

ゴルフR同様、「R」ロゴ入りの大型キャリパーが標準装備。

9.jpg

大型ルーフスポイラーを装備している。

10.jpg

4本出しのエキゾーストエンド。シフトアップの際、大迫力の「バフッ!」というエキゾーストが魅力的。

14.jpg

直列4気筒2.0リッターTSIエンジンは、最高出力300PS/最大トルクは400Nm。「4MOTION」に7速DSGが組み合わされ0-100km/h加速は4.9秒とスポーツカーとしての一面を見せる。

12.jpg

13.jpg

「R」ロゴ入りのスポーツシート、クリスタルグレーのパドルレバー、ステッチが施されたレザースポーツステアリング、ステンレス製のペダルなどインテリアにも多岐におよび手が加えられる。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社https://www.volkswagen.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

プジョー 209 (8)登場

プジョー、新型209は、新型208として登場

1.jpg

プジョー208はすでに5年が経過しているが、新型の写真が公開された。

3.jpg

4.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

ガソリンエンジンのPureTechには、3種類のユニットが選択できる。排気量は、1.2リッター・3気筒ターボで、最高出力は75ps、100ps、130psが存在する。トランスミッションは8速オートマチック。お得意のディーゼルエンジンは1.5リッター・4気筒で、こちらは6速マニュアルのみ。
138psの電動モーターを搭載したEVモデルも存在する。おそらくEV仕様が最も迅速な加速力を持つであろう。

5.jpg

ヘッドライトはLED。ヘッドライト下のLEDは、ライオンの牙をイメージしている。

6.jpg

ブラックポリッシュのアルミホイールはスタイリッシュ。

10.jpg

i-Cockpitは「3D i-Cockpit」に進化している。

2.jpg

205、206、207とフルモデルチェンジするたびに下一桁が増えるのが常であったが、今回のフルモデルチェンジでは、新型になっても車名は208となった。



emblem_peugeot.jpg プジョーhttp://www.peugeot.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

プジョー 508PHV

プジョー、「508」のPHVコンセプト世界初公開

ジュネーブショー 2019でワールドプレミア

1.jpg

プジョーは、ジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」の会場にて「508」をベースにしたPHV(プラグインハイブリッド)仕様のコンセプトモデル「コンセプト 508 プジョー・スポール・エンジニアード」を公開。

2.jpg

4.jpg

3.jpg

508 プジョー・スポール・エンジニアードは、プジョーのモータースポーツ部門であるプジョー・スポールが手掛けたモデル。フロントに110BHP仕様のエンジン、リアにモーターを2基搭載(200BHP)する4輪駆動モデル。最高出力は400BHP、最大トルクは500Nmを発生。0-100km/h加速は、プジョー最速である4.3秒を実現。

5.jpg

EVモードでの走行も可能としている。

6.jpg

7.jpg

専用20インチのアロイホイールにミシュラン「パイロットスポーツ 4S」(245/35 R20)を組み合わせ、蛍光イエローの対向ブレーキキャリパーには「PEUGEOT SPORT ENGINEERED」の刻印が刻まれる。

8.jpg

10.jpg

次世代のコクピットはプジョーらしい個性的なもの。速度表示は控えめの260km/h表示となる。



emblem_peugeot.jpg プジョーhttp://www.peugeot.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

VW 「ID.」来年から生産

フォルクスワーゲン、2019年末から「ID.」を生産開始

大幅なEV増加で年間100万t以上のCO2削減

2.jpg

フォルクスワーゲンは2025年までに20種以上のEV(電気自動車)を発売するなど、今後に向けた包括的な脱炭素化プログラムの取り組みについて発表。
2019年末から独ツヴィッカウ工場でEVの新型コンパクトカー「ID.(アイディ.)」の生産をスタートされるほか、SUVの「ID.CROZZ(アイディ.クロス)」、バン/MPVの「ID. BUZZ(アイディ.バズ)」、セダンの「ID.VIZZION(アイディ.ビジョン)」が生産される。上記は、テスト中のSUVタイプ。

1.jpg

フォルクスワーゲンは「気候変動は現代における最大の問題」としており、パリ協定に協力するため電動化攻勢。持続可能なモビリティを実現する基礎を築く取り組みを進めており、フォルクスワーゲンブランドだけで2023年までに約90億ユーロを電動化の「e-モビリティ」に投資する計画である。



VW.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW、パサート価格改正

フォルクスワーゲン、「パサート」シリーズ価格改正

価格を4月1日から平均約1.3%値上げ

1.jpg

フォルクスワーゲングループジャパンは、ミッドサイズのセダン「パサート」、ステーションワゴン「パサート ヴァリアント」、クロスオーバー4WD「パサート オールトラック」の全グレードで、2019年4月1日から価格改定を行う。

パサート

グレード 現行価格 新価格
TSI Trendline 3,339,000円 3,383,000円
TSI Eleganceline 3,879,000円 3,929,000円
TSI Highline 4,549,000円 4,619,000円
2.0TSI R-Line 5,100,000円 5,167,000円
TDI Eleganceline 4,229,000円 4,279,000円
TDI Highline 4,899,000円 4,969,000円
GTE 5,289,000円 5,358,000円
GTE Advance 5,889,000円 5,966,000円

2.jpg

パサート ヴァリアント

グレード 現行価格 新価格
TSI Trendline 3,539,000円 3,583,000円
TSI Eleganceline 4,079,000円 4,129,000円
TSI Highline 4,749,000円 4,819,000円
2.0TSI R-Line 5,300,000円 5,367,000円
TDI Eleganceline 4,429,000円 4,479,000円
TDI Highline 5,099,000円 5,169,000円
GTE 5,489,000円 5,558,000円
GTE Advance 6,089,000円 6,166,000円

パサート オールトラック TDI 4MOTION Advance

3.jpg

グレード 現行価格 新価格
TDI 4MOTION 5,099,000円 5,169,000円
TDI 4MOTION Advance 5,699,000円 5,779,000円


VW.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/







nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ルノー メガーヌ RSカップ

ルノー、メガーヌ ルノー・スポール カップ

6MTのみで100台限定

9.jpg

1.jpg

ルノー・ジャポンは、「メガーヌ ルノー・スポール」の限定車「メガーヌ ルノー・スポール カップ」を発売。「東京オートサロン 2019」でも参考出品されたこの限定車は、トランスミッションを6MTとし、スポーツドライブを楽しめる仕様とした。

4.jpg

「ノワール エトワールM」

3.jpg

「グリ チタニアムM」

2.jpg

「ブラン ナクレM」

直列4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボを搭載。最高出力279PS/6000rpm、最大トルク390Nm(39.8kgfm)/2400rpmを発生。ベース車の1480kgから20kgの軽量化を果たし1460kgとなった。サスペンションのダンパーレートを25%高め、スプリングレートもフロント23%、リア35%アップ。

7.jpg8.jpg

駆動輪となるフロントには、サイドギヤを分割し、結合部にワンウェイ構造のヘルカルスプラインを採用する「トルセンLSD」を装着。アクセルONにしたとき、加速時(左)にはコーナーアウト側に膨らむことなく、減速時(右)にはコーナーイン側に巻き込まないトルセンLSDを採用している。

電子制御アクチュエーターを使ってリアタイヤのタイロッドを動かし、リアタイヤを最大2.7度まで操舵してシャープなコーナーリングと高速安定性を両立させる「4コントロール」もベースモデル同様標準装備。

ブレーキではブレンボ製4ピストンブレーキキャリパーと、軽量化を実現する「バイマテリアルフロントブレーキ」を採用。鋳鉄製のベンチレーテッドディスクとアルミ製ハブを組み合わせることで、ベースモデルと比較して1つあたり1.8kgの軽量化。

6.jpg

ステアリングはナパレザー/アルカンタラステアリングを採用している。

5.jpg

節度のあるショートストロークの操作性と、レザーにレッドステッチ入りの6速MTのシフトノブ。

emblem_Renault.jpg
ルノー・ジャポン株式会社https://www.renault.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

新東名厚木南IC~伊勢原JCT

新東名 厚木南IC~伊勢原JCTを3月17日15時開通

3.jpg

新東名の開通区間と開通予定図

NEXCO中日本は、新東名高速道路(E1A)厚木南IC~伊勢原JCT間(延長約4km)が3月17日15時に開通する。湘南地方に住むものにとっては、圏央道(さがみ縦貫道)の開通により利便性が大幅に向上した事にこの数年実感。さらに新東名高速の部分開通は朗報といえる。

2.jpg

1.jpg

この開通により圏央道~伊勢原JCT間で、東名高速道路と新東名のダブルネットワークが形成され、渋滞緩和、物流の効率化が期待される。 またその先には、伊勢原大山ICも現在建設中である。これで大幅な渋滞緩和が期待できる。


キャプチャ.JPG中日本高速道路株式会社http://www.c-nexco.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

フィアット500コレッツィオーネ

フィアット、「500」「500C」の限定車「コレッツィオーネ」


500 コレッツィオーネが244万円(160台限定)
500C コレッツィオーネが272万円(40台限定)

2.jpg

1.jpg

FCA ジャパンは、フィアット「500」とカブリオレモデル「500C」の限定車Collezioneを発売。Collezioneは、 “Collection(コレクション)”を意味するイタリア語であり、アパレル業界では季節ごとに発表される新作を意味していることから、500の春コレクションといえる。

3.jpg

ブロンズカラーの専用16インチアルミホイールを採用。「オペラボルドー」のボディカラーとのコーディネイトがなされる。

4.jpg

Collezioneのエンブレムが貼られている。

5.jpg

バーチャル式のTFTメータークラスターを採用。

6.jpg

Collezione専用 インストルメントパネル。

ブラックを基調にしながら、インストルメントパネルにエクステリアと同じオペラボルドーのカラーを採用。


m_emblem_fiat-51124.jpg
フィアットhttps://www.fiat-auto.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車