So-net無料ブログ作成

アウディ RS 4 アバント

アウディ、新型「RS 4 アバント」

450PSを発生

1.jpg

Audi RS 4 Avantは、Audi R8やAudi RS 6など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたAudi A4シリーズのトップモデル。
エクステリアデザインは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得たものである。RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することで、スポーティさを強調。伝説のマシンAudi quattroを彷彿とさせるブリスターフェンダーもAudi RS 4 Avantの特徴で、標準モデルのAudi A4 Avantに比べて全幅は25mm拡大している。

4.jpg

パワートレインは最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9ℓV6 ツインターボエンジンを搭載。従来型の4.2ℓV8 DOHCに比べ、最高出力は同じながらも最大トルクは170Nm増強。8 速ティプトロニックトランスミッションとquattroフルタイム4WDシステムを組み合わせ、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備することにより大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。0-100km/h加速はわずか4.1秒。その一方で、アウディ独自のエンジン燃焼方式であるBサイクルを採用したことで、燃費は11.2km/ℓ(JC08モード)と従来型よりも大幅な省燃費を実現。

3.jpg

2.jpg

インテリアは水平基調のデザインで、ファインナッパレザーのSスポーツシートをはじめ、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用し、スポーティかつエレガントな仕上げ。メーターパネルには、12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットを標準装備。Audi connectは、インターネットと常時接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示する等の情報提供。また24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスであるAudi connect Navigatorも利用可能。また、アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載。

車両本体価格
モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 ステアリング 車両本体価格(税込)
Audi RS 4 Avant 2.9 ℓV型6気筒DOHC
ターボチャージャー
450PS/600Nm
8速
ティプトロニック
quattro 左/右 11,960,000円


m_emblem_audi-d54df.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

VW ポロTSI R-Line

フォルクスワーゲン、1.5リッターターボエンジン搭載のポロ「TSI R-Line」

日本初上陸150PS Evoユニットを搭載。

1.jpg

2.jpg

フォルクスワーゲン グループジャパンは、ハッチバックのコンパクトモデル「ポロ」の新グレード「TSI R-Line」を発売。ポロでは、直列3気筒の1.0リッターターボと直列4気筒の2.0リッターターボの2種類を選択できたが、新たに2つの中間を埋める直列4気筒の1.5リッターターボを加えた。

3.jpg

4.jpg

直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボの「1.5 TSI Evo」は日本初上陸のユニットである。
気筒休止機能の「ACT(アクティブシリンダーマネージメント)」と高効率なコモンレール直噴技術を採用。最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpmを発生。トランスミッションは乾式の7速DSGと組み合わされる。JC08モード燃費は17.8km/Lとパワフルながら良好。

7.jpg

フロントスポイラーがスポーティな印象を与えてくれる。

8.jpg

ブラックサイドスカート。

5.jpg

ツインエキゾーストフィニッシャー

9.jpg

大型リアスポイラーを専用装備。

6.jpg

アグレッシヴなデザインのブラックポリッシュ17インチホイールを採用。タイヤサイズは
215/45 R17。1.0リッターエンジン搭載モデルではリアブレーキはドラム式であったが、TSI R-Lineでは4輪ディスクとなる。

10.jpg

オプションでボディ同色のインテリアを選べる。メーターはバーチャル式のLCD。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ルノー新型ルーテシア内装公開

ルノー、ジュネーブショー2019で新型「ルーテシア」発表

インテリアより公開。LCDバーチャルメーターを装備

1.jpg

ルノーはスイス ジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」で新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)を発表。まずはプレスに送られてきた写真は大きく変貌を遂げたコクピットの写真。
「今までにない最高のクリオ(ルーテシア)」と評される今回のモデルは、すべてが斬新。インテリアでは、Bセグメントのモデルとして最も大きい縦型のスクリーンを採用。またメーターは、一部LCDであった「メガーヌ」とは異なり(水温、燃料計はアナログ式。)すべてがバーチャル式のLCDスクリーンとなった。

2.jpg

自動変速モデルのコクピット。

5.jpg

MTモデルのコクピット。

6.jpg

メーターデザインも変幻自在である。

m_m_emblem_Renault-eebad.jpgルノー・ジャポン株式会社https://www.renault.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

BMW X2 M35i

BMW、X2 Mパフォーマンスモデル「M35i」

2.jpg

ビー・エム・ダブリューは、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X2」にMパフォーマンスモデルの「M35i」を追加して発売。

3.jpg

4.jpg

6.jpg

5.jpg

ボディサイズは4375×1825×1535mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2670mm。ヘッドライトやフォグランプ、キドニーグリル、ミラー・キャップにMパフォーマンスモデル専用のセリウム・グレーを採用。サイドエアインテークにはシャープな印象を際立たせるブレードデザインとなる。

7.jpg

ブルーにペイントされたMスポーツブレーキシステムが装備される。

10.jpg

最高出力302PS/6250rpm、最大トルク450Nm/1750-4500rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッターMツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。トランスミッションにトルクコンバーター式8速スポーツATを採用。

8.jpg

9.jpg

スポーティなインテリアは、レッドレザーを採用。ホールド性の高いスポーツシートはSACとは思えない。

車両価格は684万円。


m_emblem_BMW-b57db.jpg
ビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/





nice!(1) 
共通テーマ:自動車

シトロエン C3 JCC+

シトロエン、「C3 JCC+」

ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックとのコラボ

1.jpg

シトロエンは、フランスのファッションブランド「JEAN-CHARLES DE CASTELBAJAC(ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック)」とコラボレーションした特別仕様車「C3 JCC+」を発売。100台限定となる。

2.jpg

ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックブランドのアイコニックな3色「パッションレッド」「ホープブルー」「ラディアンスイエロー」がアクセント。「C3 SHINE」がベースとなる。

4.jpg

3.jpg

ルーフに赤、フロントフォグランプのベゼルに青、ミラーにイエロー、サイドビューのエアバンプに青のアクセント。

5.jpg

インストルメントパネルのベゼル部分に青を、ステアリングホイールのスポークとシフトレバー枠部分にイエロー。

6.jpg

バニティミラーにブランドのロゴマークが刻印される。

・JCC+ステッカー(Cピラー/リアゲート/バニティミラー)
・JCCデザイン特別ルーフステッカー
・イエローアクセント(ドアミラー/ステアリングホイール/シフトレバー基部)
・ブルーアクセント(フォグランプ/エアバンプ/Cピラーストライプ/ダッシュボード)
・17インチブラックアロイホイール
・シリアルナンバー入りスペシャルプレート(シフトレバー基部)


EFBD83-81f06.jpgシトロエンhttps://www.citroen.jp/home.html




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

BMW M5 コンペティション

BMW、「M5 コンペティション」

625PSを発生

10.jpg

ビー・エム・ダブリューは、スポーツセダン「M5」をベースに、サーキット走行を考慮した新モデル「M5 Competition(コンペティション)」を発売。

1.jpg

2.jpg

5.jpg

4.jpg

M5 コンペティションのボディサイズは4965×1905×1480mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2980mm。車両重量は1950kg。
迫力のある官能的なサウンドを奏でる「M スポーツ・エキゾースト・システム」を採用しているのも特別装備。チューニングされた足まわりは車高を7mm下げ、コイルスプリングの設定をベースモデルから約10%ハードな設定にし、コーナーリング性能やステアリングレスポンスを向上。

8.jpg

V型8気筒4.4リッターツインパワーターボエンジンにチューニングを行い、最高出力を25PS向上。その結果、最高出力は実に625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5860rpmを発生。Mモデル専用4WDシステム「M xDrive」とトルクコンバーター8速ATとの組み合わせで、0-100km/h加速はベースモデルの3.4秒から3.3秒に向上した。

6.jpg

大容量専用ブレーキシステムはゴールドのキャリパーが一際目を引くもので6ピストンを採用。

7.jpg

大型ディフィーザーにスポーツ・エキゾースト・システムが迫力満点なリアビューである。

9.jpg

インテリアは居住性とスポーツドライヴィングを両立した空間である。


m_emblem_BMW-b57db.jpg
ビー・エム・ダブリュー株式会社https://www.bmw.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ルノー トゥインゴプレイ

ルノートゥインゴ限定車「トゥインゴ プレイ」

アクセントカラーと15インチアロイホイール

9.jpg

ルノー・ジャポンは、「トゥインゴ」の限定車「トゥインゴ プレイ」を1月31日に発売。

2.jpg

8.jpg

「ブラン クリスタル」50台限定

4.jpg

7.jpg

「ブルー ドラジェ」100台限定

直列3気筒DOHC 0.9リッターターボエンジンと6速EDCを組み合わせ最高出力90PS/最大トルク135Nmを発生する。インテリアは、メーターパネルやドアパネル、エアコンベゼル、センターコンソールボックスリッドなどにアクセントカラーを使って内外装をオシャレに演出。バックソナーも装備している。

3.jpg

ドアミラーやサイドプロテクションモールフィニッシャー、ボディサイド2ラインなどがレッド、またはホワイトのアクセントカラーとなる。

6.jpg

専用デザインの15インチアロイホイールを装着する。

5.jpg

ハニカムスタイルのフロントグリルにトリコロールカラーのバッヂを装備している。

1.jpg

m_m_emblem_Renault-eebad.jpg
ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ルノー ルーテシアリミテッド

ルノー、限定車「ルーテシア リミテッド」

1.jpg

ルノー・ジャポンはコンパクトハッチバック「ルーテシア」の限定車「ルーテシア リミテッド」を発売。ボディカラーは「ルージュ ドゥ フランスM」「ブルー アイロンM」の2色。

4.jpg

2.jpg

1.2リッター直噴ターボエンジン+6速DCT(EDC)を採用する「ルーテシア アクティフ」をベース車両としている。写真のボディカラーは、ルージュ ドゥ フランスM。

5.jpg


ブルー アイロンM

3.jpg

16インチアロイホイールの「PULSIZE ノワール」を特別装備。

9.jpg

LIMITED専用エンブレムを装備している。

6.jpg

レザーステアリングとレザーシフトノブを採用。

7.jpg

8.jpg

フランスの音響機器メーカーであるFOCAL製のコアキシャルスピーカー(フロント:16cm×2、リア:13cm×2)を採用する本格的サウンドセット「Music Drive」を搭載。


m_m_emblem_Renault-eebad.jpg
ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車