So-net無料ブログ作成

ポルシェパナメーラGTS

ポルシェ「パナメーラGTS」受注開始

460PS/620Nmを発生

4.jpg

ポルシェ ジャパンは、パナメーラシリーズのハイパフォーマンスモデルである「パナメーラGTS」「パナメーラGTSスポーツツーリスモ」の受注を開始。

1.jpg

パナメーラGTSが1897万円、パナメーラGTSスポーツツーリスモが1935万円。

3.jpg

V型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを搭載。最高出力460PS/6000-6500rpm、最大トルク620Nm/1800-4500rpmを発生。8速PDKを組み合わせて4輪を駆動する。
最高速はパナメーラGTSが292km/h、パナメーラGTSスポーツツーリスモが289km/h。0-100Km/hは、大柄なボディを4.1秒で走らせる。

5.jpg

6.jpg

インテリアは多くのパーツにアルカンターラとアルミニウムを採用し、標準装備のパドルシフトを備えたヒーテッドマルチファンクションステアリングホイールもアルカンターラ仕上げが施されている。


emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社http://www.porsche.com/japan/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ 新型R8

アウディ新型R8

外観デザインの変更と、エンジンのパワーアップを実現。最高速は331Km/h

1.jpg

2.jpg

3.jpg

5.jpg

ボンネットとシングルフレームグリルの間には、3つのスリットが追加。 これはアウディ・クワトロのフロントエンドをイメージしたものとなった。 フロントバンパーのインテークも拡大された他、スプリッターもアグレッシブな形状に変貌。 リアバンパーもエアアウトレットのメッシュ部分が拡大された他、マフラーフィニッシャーも角型から丸型に変化。 ディフューザーの跳ね上げ角度も、さらに上向きになりレーシなエクステリアをなった。

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

オープンスペシャリティらしく更なるアグレッシヴなエクステリアが印象的である。

10.jpg

よりホールド性を向上させたシートはサーキットユーズを考慮したものである。

11.jpg

アウディバーチャルコクピットを採用。

12.jpg

シフトレバー周辺にはカーボンファイバー製となる。

13.jpg

スタンダードモデルとなる「R8 V10クワトロ」は、最高出力570ps、最大トルク550Nmにパワーアップ。 旧型との比較では、30ps・10Nmの出力向上。 新型R8 V10クーペの0-100km/hは3.4秒、最高速は324km/h。

R8 V10プラスモデルは、「R8 V10パフォーマンスクワトロ」という名称に変更。 こちらは最高出力620ps、最大トルク580Nmを発生。 V10プラスと比較すると、10ps・20Nmのパワーアップ。 R8 V10パフォーマンスクワトロ クーペの0-100km/hは3.1秒、最高速は331km/h。



emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

日産・ルノーの世界戦略に暗雲

日産・ルノーの世界戦略に暗雲

経営統合問題も影響不可避

01.jpg

フランス・パリのルノー本社

フランス自動車大手ルノー日産自動車を世界有数の自動車メーカーに押し上げたカルロス・ゴーン容疑者の逮捕は、両社に三菱自動車を加えた3社連合の世界戦略に大きな打撃を与えそうだ。

1990年代後半に経営危機に陥った日産はルノーと資本提携。ルノーから派遣されたゴーン容疑者を最高執行責任者(COO)、さらには社長に迎えて徹底したコスト削減を断行し、V字回復を成し遂げた。その後三菱自も傘下に収め、2017年の世界販売台数では3社連合で「1000万台クラブ」入りを達成。


キャプチャ02.jpg

一方、ルノーに出資する仏政府はルノーと日産の経営統合を望んでいるとされる。ゴーン容疑者は合併には慎重だが、関係強化に向けた資本提携の見直しには前向きだった。キーマンだったゴーン容疑者が日産の経営からいなくなれば、統合問題の行方にも微妙な影響を与えそうだ。



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アストンマーティンSUV DBX

アストンマーティン初のSUV 「DBX」

2.jpg

英アストンマーティンは、初のSUVの正式名称が「DBX」に決定したことを発表。新型DBXは2019年の第4四半期に正式発表を行ない、英国ウェールズ州のセント・アサン工場で生産される。

4.jpg

3.jpg

市販に向けて北極圏や中東の砂漠、ドイツ ニュルブルクリンクなどでテストを日々敢行している。




m_09-25734.jpgアストンマーティン・ジャパンhttp://www.astonmartin.com/ja



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VWアウトドア オリジナルグッズ

フォルクスワーゲン アウトドア関連オリジナルグッズ発売開始

フォルクスワーゲングループジャパンは、アウトドアに関連したオリジナルグッズをフォルクスワーゲンオリジナルグッズ公式オンラインストアhttps://www.volkswagendesign.com/ にて発売。

1.jpg

◆ 「 L.L.Bean x Volkswagen 」オリジナルトートバッグ

フォルクスワーゲンタイプ2の刺繍を施したオリジナルトートバッグ。刺繍のデザインは点描画家” bananayamamoto ” * 氏がこのコラボレーションの為に書き下ろしてくれたもの。カラーはレガッタブルー。散らかりがちな小物アイテムの収納バッグとしても活躍できるアイテム。 (容量: 34L ) 全国希望小売価格¥12,960

2.jpg

◆ 「 GRIP SWANY x Volkswagen 」オリジナルエプロン

アウトドアキャンプの調理時に役に立つオリジナルエプロン。カラーは赤と青の2色展開。 胸元には、フォルクスワーゲンのマークが入っている他、大きなポケットは貴重品など常に身近に持っていたいものを収納できる、細かいところまで気が利いたアイテム。 (サイズ:フリー) 全国希望小売価格¥5,400

3.jpg

◆ 「 Klean Kanteen x Volkswagen 」オリジナルウォーターボトル

フォルクスワーゲン タイプ2がデザインされたオリジナルウォーターボトル。 デザインは、点描画家” bananayamamoto ” * 氏がこのコラボレーションの為に書き下ろしてくれたもの。 カラーは、赤のみ。保温・保冷ができるダブルウォールの真空断熱構造ボトルは、耐久性に優れキャンプだけでなく日常での持ち歩きにも便利。 (容量: 473ml ) 全国希望小売価格¥5,400


VW.jpgフォルクスワーゲングループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

マクラーレン600LT日本初走行

マクラーレン「600LT」が日本初走行

鈴鹿サーキットにて

1.jpg

鈴鹿サーキットで17日~18日に開催される「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」にて、マクラーレン「600LT」が日本初走行。ステアリング握りったのはあのミカ・ハッキネンだ。

2.jpg

600LTは、マクラーレン『570Sクーペ』をベースに、さらなる高性能を求めて、パワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデル。車名の「LT」とは、伝説的なレーシングカー、マクラーレン『F1 GTR ロングテール』に由来する。
3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをチューニングを行い、冷却システムに改良を施し、エキゾーストシステムの背圧を低減するなどして、最大出力600ps、最大トルク63.2kgm。動力性能は、0~100km/h加速が2.9秒、0~200km/h加速が8.2秒、最高速が328km/h。


emblem_mclaren.jpgマクラーレン https://jp.cars.mclaren.com/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

BMW M340i xDrive

新型3シリース「M340i xDrive セダン」

直6ターボ搭載4WDモデル。そのパフォーマンスはM3さえ凌ぐ

1.jpg

BMWは米国で開催される「ロサンゼルス・オートショー 2018」において、新型「3シリーズ」の「M340i xDrive セダン」を世界初公開すると発表。

7.jpg

4.jpg

8.jpg

スポーツセダンの代名詞である3シリーズの最高峰モデルらしく実にアグレッシヴ。

3.jpg

2.jpg

直列6気筒 3.0リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションは8速AT。最高出力374HP、最大トルク500Nmという強大なパワーを発揮し、0-100km/h加速4.4秒とM3を凌ぐパフォーマンスを実現。

6.jpg

M Sportサスペンション、Mスポーツディファレンシャル(リアディファレンシャルの電子制御ロック機能付き)、ブルーにペイントされたMスポーツブレーキを装備。

9.jpg

伝統を踏襲したドライバーにオフセットされたコクピットも刷新された。

11.jpg

バーチャル表示の新スタイルのコクピットを採用。

5.jpg


emblem_BMW.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/





nice!(4) 
共通テーマ:自動車

スマート ミッキー限定車

ミッキーマウスとコラボしたスマート期間限定モデル

「ミッキー ザ トゥルー オリジナル」

1.jpg

スマートは、ミッキーマウスとコラボしたスマートの期間限定モデル「スマート フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル」の受注を開始。

2018年にブランド誕生20周年を迎えるスマートと、2018年11月18日にスクリーンデビューから90周年を迎えるミッキーマウスのコラボレーションが実現した。

2.jpg

ボディカラーは、ミッキーマウスをイメージしたポップな印象の「ラリーレッド」と、ミッキーマウススクリーンデビュー時のレトロな色合いをイメージした「チタニアグレー(マット)」の2色を設定している。

3.jpg

ダッシュボードやステアリングホイール、ドアパネルにも本革素材を取り入れ、上質な室内空間を作り出した。そのほかパノラミックルーフやシートヒーターなども標準装備される。

特別装備内容

【エクステリア】
・MICKEY THE TRUE ORIGINALボディデザイン
・MICKEY THE TRUE ORIGINALドアミラー
・MICKEY THE TRUE ORIGINALサイドエンブレム

【インテリア】
・MICKEY THE TRUE ORIGINALダッシュボード(本革)
・MICKEY THE TRUE ORIGINALインテリアトリム
・MICKEY THE TRUE ORIGINALステアリングホイール(本革巻)
・MICKEY THE TRUE ORIGINALシート(本革)
・MICKEY THE TRUE ORIGINALドアパネル(本革)
・MICKEY THE TRUE ORIGINALフロアマット


m_m_emblem_smart-f97fa.jpg スマートhttp://www.smart-j.com/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車