So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BMW 新型3シリーズちらみせ

BMW新型「3シリーズ セダン」まもなく公開

パリモーターショー 2018にて

1.jpg

ベールに包まれた7世代目となる新型3シリーズの広報用写真が届いた。よりスポーティに、大きなキドニーグリルが、よりインパクトがあるものとなった。LEDのポジションランプはターンシグナルと一体化されているようだ。

2.jpg

現地時間10月2日9時に始まるパリショー2018プレスカンファレンスで世界初公開。


m_emblem_BMW-b57db.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/ja/index.html



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

VW TDI 報道関係試乗会

フォルクスワーゲン TDI シリーズ報道関係者試乗会

トゥーラン ティグアンTDI 試乗会を富士山麓で開催

2.jpg

「トゥーランTDI」「ティグアンTDI 4モーション」の報道関係者向け試乗会が早くも木々が色づき始めた山梨県・山中湖で行われましたので、取材&試乗に行ってきました。

DSC00001.jpg

会場では、施設を貸切にし、多くのTDIシリーズが並びます。幸い天気は曇りで撮影には最適でした。

DSC00002.jpg

ティグアンTDIは、コンパクトSUVといいながらもRラインでは全幅1860mmという堂々たる存在感です。

4.jpg

会場は宿泊はもちろん、レストラン、カフェなど富士山の大自然に囲まれた大人の隠れ家的存在でした。

1.jpg

会場から5キロほど離れたキャンプ場には、「ティグアンTDI」とアウトドア生活を模したスペースをオフィシャルで開設。

DSC00003.jpg

参加した自動車媒体、評論家へTDIシリーズの詳細、概要、試乗コースの説明などが行われた。

DSC00062.jpg

富士山の天然水で入れた珈琲は絶品。山梨県産の赤葡萄ジュースも頂きましたが、濃厚な味わいはこの地でないと味わえません。

DSC00065.jpg

山梨県のブランド豚である「富士桜ポーク」のソテーと富士山麓のお野菜、具材を使ったパスタも絶品でした。

DSC00066.jpg

同社の試乗会は10年以上参加しておりますが、細部までニクイ演出がなされています。デザートのチョコレートケーキにはVWのエンブレムが。

手前味噌ではありますが、筆者のルーツ(本家)にも立ち寄りました。

DSC00114.jpg

DSC00115.jpg

試乗コース上には、筆者「外川」のルーツとなる富士山信仰の「旧外川家住宅」がありますので、立ち寄りました。富士山世界文化遺産構成資産に数えられております。

DSC00116.jpg

手前味噌になりますが、こちらが「旧外川家住宅」の門構えです。

御師とは、個人の住宅でありながら、夏の登拝シーズンは富士講の信仰者を迎え入れ、宿坊として、また祈祷などの信仰の案内までも請けおっています。御師とは、そもそも祈祷師のことで、神官の役割を果たしながら、富士山をお守りする聖域です。御師の最たる特徴は、家のなかに必ず一間、富士山の浅間神社を祀る「御神前の間」があります。つまり家のなかに一つの神社があり、富士山の神様「木花開耶姫命(このはなさくやひめ)」と夫神様の「彦火瓊々杵命(ひこほのににぎのみこと)」、さらに父神様の「大山祗神(おおやまつみ)」が祀られています。宣伝になりまして恐縮ですが、一般開放もされておりますので、富士山観光の際には是非ともお立ち寄り頂ければ幸いです。

DSC00084.jpg

試乗記も近日アップロードいたしますのでお楽しみに。

m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

マセラティレヴァンテ特別限定車

マセラティ「レヴァンテ トロフェオ ローンチ・エディション」

15台限定。V8エンジン初搭載で590PSを発生

10.jpg

マセラティ ジャパンは、V8エンジンを初搭載する「レヴァンテ」2019年モデルの日本市場導入に先駆けて、特別仕様車「レヴァンテ トロフェオ ローンチ・エディション」を発売。

22インチの鍛造ホイールにブレンボ製レッドキャリパーがスペシャルSUVのオーラを放つ。

11.jpg

V型8気筒 3.8リッターツインターボエンジンを初搭載。最高出力590PS/6250rpm、最大トルク734Nm/2500rpmを発生しトランスミッションにはZF製トルクコンバーター式8速ATを搭載。
最高速度はこの大柄なSUVを305Km/hまで誘い、0-100km/h加速は3.9秒とスーパースポーツすら置き去りにするもの。1リッターあたり156PSのパワーは「マセラティ史上最高」のエンジンである。

「ノーマル」「アイス」「スポーツ」「オフロード」の4モードに加えて、ローンチ・コントロール機能を備えた新しい「Corsa」ドライビングモードを新たに加えより官能的なマセラティドライヴを楽しめる。

12.jpg

レヴァンテ トロフェオ ローンチ・エディションのインテリア。上質なスポーツシートには最高級のフル・グレイン・レザーの“ピエノ・フィオーレ”を採用。


m_m_emblem_maserati-5effa.jpg
マセラティ ジャパン株式会社http://www.maserati.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ジャガーEV I-PACE

ジャガーSUV EV「I-PACE」上陸

ジャガー初の電気自動車は、スーパーパフォーマンスカー

1.jpg

ジャガーは、初のEVとなる新型エレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」の受注開始。

2.jpg

専用開発されたボディは、94%にアルミニウムを使用し軽量・高剛性な「アルミニウム・アーキテクチャー」を採用している。ボディサイズは4682×2011×1565mm(全長×全幅×全高。)ホイールベースは2990mmとワイド。

4.jpg

ショーモデルのようなデザインは、実に未来的。

フロント、リアに最高出力400PSを発生する永久磁石の同期式電動モーターを備えて4輪を駆動。0-100km/h加速は4.8秒、200km/hで電子リミッターが作動する。AC普通充電と50kWのCHAdeMO規格に対応し、WLTP航続距離は最長480kmを実現している。

3.jpg

「回生ブレーキ」と「機械式ブレーキ」を一体制御する電動ブレーキサーボを搭載し、自然で正確なフィーリングを実現している。回生ブレーキも高回生モードと低回生モードの2段階から選択可能でノンブレーキでの車両制動も可能。


モデル 価格
S 9,590,000円
SE 10,640,000円
HSE 11,620,000円
FIRST EDITION 13,120,000円

m_emblem_jaguar-82bb8.jpg ジャガーhttps://www.jaguar.co.jp/index.html




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アルピーヌ A110記者発表会

アルピーヌ「A110」記者発表会

アルピーヌ・ジャポンは、11月下旬の販売開始の2ドアミッドシップスポーツ「A110」の記者発表会を開催。

2.jpg

3.jpg

アルピーヌ「A110 ピュア」

往年のスポーツカーがここに復活した。昨今のクルマでここまでときめきを覚えたのは、記憶にないほど。その昔アルピーヌ「V6ターボ」に乗り、今でも日本上陸第一号車のルノー「トゥインゴ」に23年乗る筆者だけではないであろう。

ボディサイズは4205×1800×1250mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2420mm。

4.jpg

5.jpg

鍛造18インチアロイホイールに特別にペイントされたブレンボ製キャリパーが装備。軽量なボディには十分すぎるといえる。

6.jpg

直列4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボエンジン。最高出力252PS/6000rpm、320Nm(32.6kgfm)/2000rpmを発生する。キャビン後方の車両リアミッドに搭載。

7.jpg

「A110 ピュア」では、フルバケットシートが標準となる。

8.jpg

現代の輸入車らしくバーチャル式のメーターを採用。3タイプの表示が可能。オリジナルA110は「ベリア」製であった。アルピーヌらしく久々にフルスケール300Km/h表示となったのは、計器マニアとしてうれしい。(先代メガーヌRS限定車で290Km/h、300Km/hスケールは、アルピーヌ「A610」以来である。)

1.jpg

アルピーヌ・ジャポン COO トマ・ビルコ氏


alp-b75d6.jpg
アルピーヌ・ジャポンhttps://alpinecars.com/ja/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ジャガーXJ 2019年モデル

ジャガー「XJ」2019年モデル受注開始

1.jpg

ジャガーは、デビューから50周年を迎えるフラグシップ・サルーン「XJ」の2019年モデルの受注を開始。1968年の誕生から50周年を記念した2019年モデル限定のグレード「XJ50」と、20台限定の特別仕様車「XJ SPORT&LUXURY」も同時販売。


モデル エンジン 変速機 ステアリング位置 価格
XJ LUXURY V型6気筒DOHC 3.0リッタースーパーチャージド(340PS/450Nm) 8速AT 左/右 11,490,000円
XJ PREMIUM LUXURY 12,530,000円
XJ PORTFOLIO 14,030,000円
XJ R-SPORT 14,340,000円
XJR575 V型8気筒DOHC 5.0リッタースーパーチャージド(575PS/700Nm) 18,870,000円
XJ AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE V型8気筒DOHC 5.0リッタースーパーチャージド(510PS/625Nm) 20,690,000円
XJ50 V型6気筒DOHC 3.0リッタースーパーチャージド(340PS/450Nm) 13,210,000円
XJ SPORT&LUXURY 12,580,000円

2.jpg

3.jpg

2019年モデルでは、自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備。

5.jpg

インテリアは、英国伝統の優雅な世界を踏襲している。



m_emblem_jaguar-82bb8.jpg ジャガーhttps://www.jaguar.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディQ2 限定車

アウディ「Q2 #contrast limited」

計250台限定。特別なカラーリングを採用

1.jpg

アウディ ジャパンは、コンパクトSUV「Q2」の限定車「Q2 #contrast limited」を発売。

2.jpg

ラジエターグリルをチタニウムブラックカラーとなっている。

3.jpg

前後バンパー下部やホイールアーチ、サイドスカートなどに「マンハッタングレー」の専用コントラストペイントを採用。Q2の特徴的な装備となっているCピラーの「ブレード」もマンハッタングレー塗装がされている。直列3気筒DOHC 1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力116PS、最大トルク220Nmを発生する。

4.jpg

専用デザインの18インチアルミホイールもコントラストグレーを採用している。

5.jpg

「ブレード」をマンハッタングレーペイントとし全体の統一を図っている。

6.jpg

ダッシュボードやセンターコンソールサイドの内部に組み込まれたLED照明は10種類から選択可能。オプション設定となる「バーチャルコックピット」も標準装備となる。

ボディカラーは「グレイシアホワイトメタリック」「コーラルオレンジメタリック」「タンゴレッドメタリック」「マコウブルークリスタルエフェクト」の4色で、合計250台限定。車両価格は447万円。



emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

BMW 740i 特別仕様車

BMW特別仕様車「740i Driver's Edition」

スポーティな印象を与える装備軍

1.jpg

ビー・エム・ダブリューは、フラグシップセダン「7シリーズ」の特別仕様車「740i Driver's Edition」を10月20日に発売。「740i M Sport」をベースとしながら、特別装備を加えた。

3.jpg

2.jpg

Mストライプが施されたブラックのダコタ・レザーシートを装着。ベースモデルのボディカラーである「アルピン・ホワイト」「ブラック・サファイア」に加えて、走行中の存在感を際立たせる特別専用色の「シンガポール・グレー」を設定。

価格は1232万円。


emblem_BMW.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車