So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブガッティシロン100台目生産

ブガッティ世界最速スーパーカー「シロン」100台目ラインオフ

3億6000万円で100台目を出荷

101.jpg

ブガッティ オートモビルズS.A.S.は、全生産台数500台限定で生産されている世界最速のスーパーカー「シロン」の100台目をフランス アルザス地方モルスハイムより、ラインオフした。

102.jpg

W型16気筒 8.0リッター4ターボエンジンという世界のいかなる自動車で最もコストを掛けたエンジンを搭載。最高出力1500HP、最大トルク1600N・mを発生。最高速度は実に420Km/h以上とされており、世界最速車両である。

100.jpg

ブガッティ本社「シャトー・サン・ジャン」の前で記念すべき100台目のマシンがラインオフされた。


car-brand-emblem-Bugatti-02.jpg
ブガッティ ジャパンhttp://www.bugatti-japan.com/




nice!(5) 
共通テーマ:自動車

VW ザ・ビートル限定車

フォルクスワーゲン500台限定車「ザ・ビートル エクスクルーシブ」

“See You The Beetle”第三弾

100.jpg

101.jpg

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は、エクステリア/インテリアに手を加えた限定車「The Beetle Exclusive」を発売。ボディカラーは「ディープブラックパールエフェクト」「ピュアホワイト」の2色。それぞれ250台、計500台。

103.jpg

UVカット機能付のダークティンテッドガラスを装備。

102.jpg

大口径5スポーク18インチアルミホイール&
235/45 R18という太いタイヤを装備し走行安定性を向上。

104.jpg

最後までLEDヘッドライトは装備されなかったが、HIDにLEDポジションランプを組み合わされる。

105.jpg

チューブ状に発光するLEDテールランプを装備している。

106.jpg

「ディープブラックパールエフェクト」250台限定。

107.jpg

「ピュアホワイト」250台限定。

2019年に日本で「ザ・ビートル」の販売が終了する。これまで同車を愛してくれたファンへの謝意を表す“See You The Beetle キャンペーン”を実施し、今後も多くの限定車を登場させる予定である。

108.jpg

ダッシュパッドは、シックなブラックカラーとした。

「2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)」「アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)」を装備している。

110.jpg

純正ナビゲーションシステム「716SDCW」を標準装備。

109.jpg

ナパレザーを用いたベージュ&ブラックのツートンカラースポーツシートにダイヤモンドステッチを施し、上質感を演出している。シートヒーター(運転席/助手席)も内蔵。

車両価格333万円。



VW.jpg
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社https://www.volkswagen.co.jp/






nice!(5) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ初のEV日本販売へ

ポルシェ初のEV「ミッションE」

2020年日本国内で販売へ

102.jpg

100.jpg

ポルシェ ジャパンは、ポルシェ初となるEVの「ミッションE」を2020年に日本国内で発売することを決定。同車は2015年のフランクフルト国際モーターショーで世界初公開されたポルシェ初の電気自動車。

100.jpg

101.jpg

今年の「ジュネーブ国際モーターショー」では、兄弟車となる「ミッションEクロスツーリスモ」も発表された。動力性能は、電気モーターの瞬発性を生かしたもので、スポーツカーとして内燃機関よりさらなる性能を発揮。モーター出力は600PS、0-100Km/h加速は3.2秒で駆け抜ける。また一回の満充電で500キロの走行を可能としている。

ポルシェは、2025年までに、全モデルラインアップ50%をプラグイン ハイブリッドモデルとEVにシフトしていくことを目指していると発表された。

103.jpg

101.jpg

バーチャル式のメーターであるが、5連表示はポルシェの伝統を踏襲している。

104.jpg

最新技術を投入しつつもスポーツカーとしてのタイトなコクピットはポルシェらしい。




emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/




nice!(6) 
共通テーマ:自動車

BMW M4 カブリオレ

BMW「M4 カブリオレ」受注開始

リトラクタブル・ハードトップ採用

100.jpg

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、スポーツクーペである「M4」のオープンモデル「M4 カブリオレ」の受注を開始。

101.jpg

102.jpg

103.jpg

104.jpg

「M4 カブリオレ」のルーフは、3分割式のリトラクタブル・ハードトップを採用。ルーフを開けている時にはボディ後端までフラットに伸びるキャビンを、ルーフを閉じた状態ではBピラーのないクーペ特有のルーフ・ラインを実現しておりいずれも美しい。走行中でも時速18キロ以下ではリトラクタブル・ハードトップの稼働が可能であり、20秒でオープン/クローズが可能。

105.jpg

瞬時にダンパーの減衰力を電子制御する「アダプティブ M サスペンション・システム」、複合素材による特殊なコンパウンド構造を採用する「M コンパウンド・ブレーキ・システム」を採用している。

106.jpg

直列6気筒DOHC 3.0リッターツインパワー・ターボエンジンを搭載。最高出力450PS/7000rpm、最大トルク550N・m(56.1kgf・m)/2350-5500rpmを発生。トランスミッションは、7速DCTで後輪を駆動。

108.jpg

109.jpg

上質なオープンクルージングを楽しめる上質さとスポーティなタイトさが両立するコクピット。



emblem_BMW.jpg ビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

シトロエンC5エアクロスPHV

シトロエンC5エアクロスにPHVを設定

シトロエン初となるPHV。2019年より

100.jpg

シトロエンは、先日同社ミディアムSUVモデルである「C5エアクロス」に2019年、シトロエンブランド初となる新モデルプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表。エンジンとモーターの組み合わせにより、パワフルな走りが期待できる。

101.jpg

2021年までに、新基準の環境対応車両を合計11車種発売する計画と発表された。環境対応車11車種の内訳は、EVが4モデル、PHVが7モデル(PSAグループ合計)となっている。完全に個性を取り戻し、さらなる奇抜さを世間に浸透させているシトロエンだけに、EVなどの近未来車両も似合うブランドである。

103.jpg

個性的かつ高級感溢れるコクピット。メーター類はすべてバーチャル式となる。PHV車では、エネルギー効率を表示できるデザインとなる。


c.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/






nice!(5) 
共通テーマ:自動車

フェラーリ SP38公開

フェラーリワンオフプログラムで誕生した「SP38」公開

「F40」「308 GTB」など同社の名車たちからの影響を反映

101.jpg

フェラーリは、フェラーリのスタイルセンターとメカニックによって設計されたワンオフモデル「SP38」の画像を公開。

102.jpg

104.jpg

103.jpg

SP38は往年の名車である「F40」「308 GTB」などからインスピレーションを受けたとされている。「488 GTB」をベースに走行可能なモデルに仕上げたもので、5月26日に「Concorso d'Eleganza Villa d'Este」で初公開される。

105.jpg

106.jpg

デザインの影響を受けた同社の往年の名車である「F-40」と「308 GTB」。


emblem_ferrari.jpg フェラーリ・ジャパンhttp://www.ferrari.com/Japanese/




nice!(6) 
共通テーマ:自動車

フィアット500C 60th

フィアット「Nuova 500」誕生60周年記念の限定車「500C 60th」

50台限定、バーチャルメーターも装備

100.jpg

107.jpg

FCAジャパン株式会社は、「Nuova 500」誕生60周年を記念したフィアット「500C」の限定車「500C 60th」を発売。

101.jpg

直列4気筒SOHC 1.2リッターエンジンを搭載。ミッションは、シングルクラッチの5速AMT。
最高出力69PS/5500rpm、最大トルク102N・m(10.4kgf・m)/3000rpmを発生。JC08モード燃費は19.4km/L。

102.jpg

1957年以前からフィアットが採用していた伝統的なカラースキーム「ビコローレ」を採用しているのが最大の特徴。車体の上下を2トンカラーとしアイボリーとアイスホワイトを組み合わせ伝統的なカラーを再現。

103.jpg

Bピラーには、60thロゴを採用。

104.jpg

アイボリーのレザーシートにボルドーのパイピングがアクセントとなる。
ボルドーのダッシュボードもオシャレだ。

106.jpg

クラシカルな丸形に高精度液晶モニターを埋め込んだバーチャル式のTFTメータークラスターを特別に装備しており様々な情報を表示することが可能。

・ビコローレ、ビューティライン(サイド)
・クロームライン(エンジンフード)
・クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
・FIATビンテージロゴ(フロント、リア、ステアリングホイール)
・60thロゴ(Bピラー)
・16インチアルミホイール
・ボルドーシートパイピング
・ボルドーインストルメントパネル
・フロアマット
・キックプレート
・TFTメータークラスター


emblem_fiat.jpgFCAジャパン株式会社http://www.fiat-auto.co.jp/?ref=logo




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

BMW M2クーペ 限定車

BMW「M2クーペ エディション・ブラック・シャドウ」

各種パーツ類をブラックに統一

106.jpg

ビー・エム・ダブリュー株式会社は漆黒をテーマにさまざまな特別装備を搭載した「M2クーペ Edition Black Shadow」の受注を開始。デリバリーは7月を予定している。

100.jpg

101.jpg

マッチョな印象が強い同車であるが、各種パーツをブラックにすることでさらに迫力が増した。BMW M Performanceのブラックキドニーグリルをはじめ、軽量なカーボン素材を採用したリアディフューザーやミラーカバー、ブラッククローム仕上げのエキゾーストパイプなど特別装備をまとう。最高出力370PS、最大トルク500Nm[51.0kgm]を発生し、0-100km/hをわずか4.3秒で駆け抜ける。

102.jpg

103.jpg

104.jpg

105.jpg

・ボディカラー:ブラックサファイア
・内装:ダコタレザーシート ブラック(ブルー・ステッチ付)
・BMW M Performanceブラックキドニーグリル(特別装備)
・BMW M Performance サイドギル ハイグロスブラック(特別装備)
・BMW M Performanceカーボンミラーカバー(特別装備)
・“Black Shadow”専用デュアルエキゾーストテールパイプ(ブラッククローム仕上げ/専用装備)
・19インチBMW M Performanceアロイホイール Yスポークスタイリング763M(鍛造/特別装備)
・BMW M Performanceカーボンリアディフューザー(専用装備)
・BMW Mシートベルト(特別装備)

100台限定販売。価格は894万円となる。



emblem_BMW.jpgビーエムダブリュー株式会社 http://www.bmw.co.jp/jp/ja/




nice!(6) 
共通テーマ:自動車