So-net無料ブログ作成

ポルシェ タイカン販売へ

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」ローンチに向けた2019年前半の取り組み

PJ19_0115.jpg

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」は、2019年9月初旬にワールドプレミアを予定しており、日本国内においては年内の発表に加え、2020年の販売開始を予定している。自動車の電動化の潮流が世界的に加速している中、今年1月から6月のポルシェが電動化に向けた取り組みについてまとめた。

PJ19_0113.jpg

PJ19_0112.jpg

■ タイカンのテストが最終段階に突入

タイカンは、現在、量産に入る前の最終テストドライブを終えようとしている。北極圏からわずか数キロメートルのスカンジナビアでは、雪と氷の上でのドライビングダイナミクスに関するポテンシャルを証明。南アフリカでは、パフォーマンステストに加えて、連続的なパフォーマンスと再現性に関する最終調整を、ドバイでは、高温気候での耐久走行を実施し、過酷な条件下でのバッテリー充電をテストを敢行。マイナス35℃からプラス50℃に及ぶ世界の30か国でタイカンはテストドライブされ、内燃エンジンを搭載するスポーツカーと同じ厳格なテストプログラムを受けています。早い時期から、コンピュータシミュレーションと包括的なベンチテストが実施されたことで、この過酷なテストプログラムは最終段階に到達。

タイカンのテスト段階におけるもっとも重要な項目:
•総走行距離:約600万km。うち200万kmは耐久走行距離
•実施国:米国、中国、アラブ首長国連邦(UAE)、フィンランドを含む合計30か国
•気温:-35℃~+50℃
•湿度:20~ 100%
•標高:海面下85m~海抜3,000m
•充電サイクル:世界中の様々な充電技術を用いて10万回以上
•開発チーム:約1,000名のテストドライバー、技術者、エンジニア

PJ19_0116.jpg

■ 日本国内へ150kWの急速充電器を設置

ポルシェジャパンは、タイカンの国内導入にむけて、2020年半ばより、ABB製の急速充電器を全国のポルシェセンターと公共施設へ設置。これは、まだ日本にはない150kWでの急速充電を可能とする次世代CHAdeMOとなり、タイカンの80%充電を30分以内に済ませる能力を備えた、国内最高レベルの急速充電器。ABBは、CHAdeMOおよびCCSの充電規格協会の創設メンバーの一社であり、EVインフラのリーディングカンパニーで、現在、73カ国に10,500台のABB 製DC急速充電器が公共の場所等に設置される。

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」は、4ドア、4セパレートシート、600PS以上の最高出力により0-100km/h加速タイムは3.2秒以下を実現し、最大航続距離は500km以上(NEDC準拠)に達する。2020年には派生モデルのクロスツーリスモの導入も行われる。



emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3