So-net無料ブログ作成

ポルシェカイエンPHEV

ポルシェカイエンにプラグインハイブリッドモデルが登場

1.jpg

2.jpg

ポルシェAGは、ニューカイエンEハイブリッドの導入によりハイブリッド戦略を推進。カイエンの新しいプラグインハイブリッドモデルはクラス最高のドライビングダイナミクスと最大限の効率性を併せ持わせている。パワフルな3リッターV6エンジン(250kW/340PS)とほぼ無音のエレクトリックシステム(100W/136PS)が340kW/462PSのシステム最高出力を発生。アイドリングをわずかに超える回転数で700N・mの最大トルクを発生。

ブーストストラテジーは、パナメーラのハイブリッドモデルと同様にスーパースポーツカー、918スパイダーに匹敵。プラグインハイブリッドドライブによって、ニューカイエンEハイブリッドの0-100km加速タイムは5.0秒をマークし、最高速度は253km/hに達する。ゼロエミッションの電気モーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速可能。使用タイヤに応じて、平均燃料消費量(NEDC)は3.4–3.2リッター/100km、平均電力消費量は20.9–20.6kWh/100km。

3.jpg

5.jpg

カイエンEハイブリッドのバッテリーテクノロジーは飛躍的な進化を遂げて、モーターによる走行距離とブーストエネルギーが大幅に増加。バッテリー容量は先代モデルの10.8kWhから約30%増加して14.1kWh。13のプリズムリチウムイオン電池を備えた8つの電池モジュールで構成される水冷式バッテリーは、車両のリアのローディングフロアの下部に搭載。

充電の管理およびモニタリングはポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)とポルシェコネクトアプリによって行われ、アプリからのリモート操作でチャージング開始時間の設定やバッテリー残量の確認可能。またエンジンが掛かっていないときでもスマートフォンを通じてオートエアコンの操作が可能。

ポルシェはカイエンEハイブリッドのドライブトレインを一新。新しいハイブリッドモジュールは、エレクトリックシステムと分離クラッチの高度に統合された結合から作動。先代のスピンドルアクチュエーターによる電気油圧式システムとは異なり、電気機械的に作動する分離クラッチは、反応時間をさらに迅速化。カイエンの全モデルに搭載された新開発のティプトロニックSは8速。この新しいオートマチックギアボックスはよりスムースで快適性を増しただけでなく、変速スピードも短縮され、変速時に失っていたトラクションも大幅に減少した。



emblem_porsche.jpgポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3