So-net無料ブログ作成

ポルシェ718 ケイマンGT4 CS

ポルシェ、「718 ケイマン GT4 クラブスポーツ」

サーキット専用で登場したレーシングカー

1.jpg

4.jpg

ポルシェジャパンは、初代ケイマンGT4クラブスポーツの初公開から3年を経て、その後継モデルとなる新しいサーキット専用車両「ニュー718ケイマンGT4クラブスポーツ」を発売。

718ケイマンGT4クラブスポーツはポルシェのヴァイザッハ研究開発センターから生まれた生粋のレーシングカー。公道走行が可能な市販モデルに近いこのミッドシップエンジンレーシングカーには、ポルシェジャパンが主催する新シリーズ、ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)への参戦を前提とした「コンペティション」モデル、そしてSROが主催するブランパンGTシリーズのFIA GT4カテゴリー等に参戦するための「FIA GT4モデル」の2バージョンが用意。

6.jpg

7.jpg

10.jpg

ニュー718ケイマンGT4クラブスポーツの開発では、ドライバビリティーの向上とより速いラップタイムだけでなく、原材料の持続可能な使用にも焦点が当てられた。718ケイマンGT4クラブスポーツは、天然繊維コンポジット製のボディパーツを採用した初のプロダクションレーシングカー。運転席および助手席ドアとリアウイングは、主に亜麻や麻の繊維などの農業副産物から供給される有機繊維の混合物で造られており、重量と剛性に関してカーボンファイバーと同等の特性を備える。

12.jpg

11.jpg

8.jpg

718 ケイマンGT4クラブスポーツの3.8リッター水平対向6気筒エンジンは、先代モデルを40PS上回る最高出力425PSを発生。この出力が、6速ポルシェデュアルクラッチトランスミッションと機械式リアディファレンシャルロックを介して後輪を駆動。フロントの軽量なマクファーソン式ストラットサスペンションは、911 GT3カップから採用。印象的なレーシングブレーキシステムは、直径380mmのスチール製ブレーキディスクを装着。溶接されたロールケージ、レーシングバケットシート、6点式シートベルトを備えた718ケイマンGT4 クラブスポーツの車両重量は、非常に軽量な1,320kgに抑えられる。

9.jpg

ピットスピードリミッターとクイックリリースカップリングを備えるCFRP マルチファンクションモータースポーツステアリング。


モデル エンジン 変速機 ステアリング位置 価格
718 ケイマン GT4 クラブスポーツ コンペティション 水平対向6気筒 3.8リッター 6速PDK 23,619,600円
718 ケイマン GT4 クラブスポーツ GT4 27,140,400円


emblem_porsche.jpgポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 4