So-net無料ブログ作成

VW ポロTSI R-Line

フォルクスワーゲン、1.5リッターターボエンジン搭載のポロ「TSI R-Line」

日本初上陸150PS Evoユニットを搭載。

1.jpg

2.jpg

フォルクスワーゲン グループジャパンは、ハッチバックのコンパクトモデル「ポロ」の新グレード「TSI R-Line」を発売。ポロでは、直列3気筒の1.0リッターターボと直列4気筒の2.0リッターターボの2種類を選択できたが、新たに2つの中間を埋める直列4気筒の1.5リッターターボを加えた。

3.jpg

4.jpg

直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボの「1.5 TSI Evo」は日本初上陸のユニットである。
気筒休止機能の「ACT(アクティブシリンダーマネージメント)」と高効率なコモンレール直噴技術を採用。最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpmを発生。トランスミッションは乾式の7速DSGと組み合わされる。JC08モード燃費は17.8km/Lとパワフルながら良好。

7.jpg

フロントスポイラーがスポーティな印象を与えてくれる。

8.jpg

ブラックサイドスカート。

5.jpg

ツインエキゾーストフィニッシャー

9.jpg

大型リアスポイラーを専用装備。

6.jpg

アグレッシヴなデザインのブラックポリッシュ17インチホイールを採用。タイヤサイズは
215/45 R17。1.0リッターエンジン搭載モデルではリアブレーキはドラム式であったが、TSI R-Lineでは4輪ディスクとなる。

10.jpg

オプションでボディ同色のインテリアを選べる。メーターはバーチャル式のLCD。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3