So-net無料ブログ作成

東京オートサロン ルノーブース

【東京オートサロン 2019】「メガーヌ R.S.」(MTモデル)を展示するルノーブース

1.jpg

ルノー・ジャポンは、1月11日~1月13日に幕張メッセで開催中の「東京オートサロン 2019」に5台のルノー・スポール(R.S.)モデルを展示。同社は2011年以来の連続出展。

メガーヌ R.S.(MTモデル)

2.jpg

3.jpg

メガーヌ R.S.のMTモデルが投入を予定されている2019年。エンジンは、DCTモデルと変化がなく最高出力は、279PS最大トルク390Nmを発生。
インテリアは、レザーアルカンターラコンビのステアリングとマニュアルのシフトノブを採用。

ルーテシア R.S. トロフィー アクラポヴィッチ

4.jpg

5.jpg

ルーテシア R.S. トロフィー アクラポヴィッチについては“ブラックパック”仕様で、フロントではF1ブレードがシルバーからブラックとなり、トロフィという赤字のデカールがよりスパルタンな雰囲気を醸し出す。

6.jpg

F1マシン「R.S.18」をイメージした大型スポイラーも装備される。

7.jpg

エキゾーストメーカーの「アクラポヴィッチ」とルノー・スポールが共同開発した「チタン×ステンレスコンポジットマフラー」は約2馬力のパワーアップを果たす。直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボエンジンは、最高出力220PS/6050rpm、最大トルク260Nm(26.5kgfm)/2000rpmを発生する。

「トゥインゴ GT」「メガーヌ スポーツツアラー GT」、そして100台限定の「ルーテシア R.S. トロフィー アクラポヴィッチ」、「メガーヌ R.S.」、参考出品の「メガーヌ R.S.MTモデル」が展示される。


emblem_Renault.jpg ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3