So-net無料ブログ作成

ランボルギーニウラカンEVO

ランボルギーニ新型「ウラカン EVO」

2984万3274円(税別)で2019年春発売

4.jpg

ランボルギーニはイタリア本国でスーパースポーツカー「ウラカン EVO」を発表。

2.jpg

3.jpg

新型モデルとなるウラカン EVOでは、独ニュルブルクリンク 北コースで6分52秒01のラップタイムを記録した「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じユニットでV型10気筒5.2リッター自然吸気エンジンは、最高出力640HP/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発生。軽量ボディは1422kg。パワーウエイトレシオは2.22kg/HP。最高速325km/h、四輪駆動システムで、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速9.0秒と世界一級性能を有している。
トランスミッションは、2ペダルの7速デュアルクラッチ。

1.jpg

カーボンセラミックディスクブレーキとブレンボ製フロント6ピストン、リア4ピストンのアルミニウム製キャリパーは、時速100キロから31.9mで完全停止する。
注目すべき点は、車両の動的挙動の全側面を制御する中央処理装置「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)」を新機能として採用している。LDVIは車両のダイナミック・システムや設定と完全に統合され、ドライバーの次の動きとニーズを予想して“完璧なドライビング・ダイナミクス”を判断。ビークルダイナミクス制御の予測ロジックを備えた初のランボルギーニとなる。



emblem_lamborghini.jpgランボルギーニ ジャパンhttps://www.lamborghini.com/jp-en/



nice!(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 1