So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジャガー E-TYPEを電動化

ジャガーEV「E-TYPE ZERO」を発売予定

2020年登場。クラシックカーにもEVの波が

1.jpg

ジャガーはアメリカで開催された「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」でEVの「E-TYPE ZERO」のコンセプトモデルを公開し、クラシックカーである同車の製造・販売を行うことを決定した。

2.jpg

名車E-TYPEは時代を超えて、電動化。最新技術により蘇った。

3.jpg

英国コベントリーにあるクラシック・ワークスで製造され、パワートレーン内燃機関から電動化した。電動パワートレーンは最新のジャガー「I-PACE」のコンポーネントを取り入たながらもE-TYPE向けに特別設計され、リチウムイオンバッテリーパックはクラシックE-TYPEの6気筒XKガソリンエンジンと同じサイズ・重量で、同様に配置する拘り。前後の灯火類もクラシックカーの雰囲気を残しつつもLED化されている。

5.jpg

メーターはオリジナルのスミス製から、バーチャル式に変更。センターコンソールにはオプションで大型タッチスクリーンを装備できる。オリジナリティを追求するマニアにはやや抵抗があるかもしれない。

4.jpg

E-TYPEの6気筒XKガソリンエンジンと同じサイズのリチウムイオンバッテリー。まるで内燃機関のような演出が施されている。E-TYPEのギヤボックスと同じ場所になるように、電動モーターはバッテリーパックの真後ろにレイアウトされてえいる。航続距離は270km以上とされている。詳細なスペックは現在不明である。



emblem_jaguar.jpg ジャガーhttps://www.jaguar.co.jp/index.html




nice!(5) 
共通テーマ:自動車

nice! 5