So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

アウディTTクーペ限定車

アウディTT クーペの限定モデル

7.jpg

アウディ ジャパンは、「TT クーペ」に「S line」エクステリアやアシスタンスシステム等を特別装備した限定モデル「1.8 TFSI style+」「2.0 TFSI quattro style+」を発売。

4.jpg

ミトスブラックメタリック

6.jpg

グレイシアホワイトメタリック


モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
1.8 TFSI style+ 直列4気筒DOHC 1.8リッターターボ 7速DCT 2WD(FF) 5,320,000円
2.0 TFSI quattro style+ 直列4気筒DOHC 2.0リッターターボ 6速DCT 4WD 6,490,000円

「S lineエクステリア」「アシスタンスシステム(リアビューカメラ、アウディパーキングシステム、アウディホールドアシスト、アウディサイドアシスト)」「センターアームレスト」などが装備される。

3.jpg

「1.8 TFSI style+」では、「LEDヘッドライト&LEDリアダイナミックインジケーター」「5ツインスポークダイナミック18インチアルミホイール」を装備。

1.jpg

直列4気筒 2.0リッターターボのクアトロは「2.0 TFSI quattro style+」では、「マトリクスLEDヘッドライト」「5アームデザインコントラストグレーパートリポリッシュト(鍛造)19インチアルミホイール」を装備。

2.jpg

アウディバーチャルコクピットは、TTクーペには標準装備となる。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ミニ JCW特別仕様車

MINI「ジョン・クーパー・ワークス」特別仕様車

米国で発表

1.jpg

MINIは、米国にて、オレンジカラーが眩いジョン・クーパー・ワークスの特別仕様車を発表した。

3.jpg

8.jpg

2.jpg

4.jpg

オレンジに塗られたこの特別仕様車の特徴は、ブラックのアクセントが効いたグラフィックや、ドア・ハンドル、給油口カバー、リア・スポイラー。ドアミラー・給油キャップはカーボンファイバー製。インテリアにも数多くのオプションが標準で装備されており、シートヒーターやハーマン・カードン製オーディオ・システム、ヘッドアップ・ディスプレイ、ナビゲーション・システム、運転支援システムなどが備わる。

5.jpg

巨大なスポイラーが装備されている。

6.jpg

ブレーキは、apレーシング社製のレッドキャリパーを装備。このサイズのクルマでは贅沢な4ピストン。

7.jpg

「ジョン クーパー ワークス プロ エキゾースト」システムは、フラップを操作して、エキゾーストノートを変更することが可能。しかもその変更方法がスマートフォンから可能というから驚きである。


emblem_mini.jpgMINI http://www.mini.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

マセラティ レヴァンテ GTS

マセラティ「レヴァンテ GTS」登場

550PSを発生するスーパーSUV

1.jpg

マセラティは、「第25回グッドウッドフェスティバル オブ スピード 2018」の会場で、新型モデル「レヴァンテ GTS」を世界初公開。

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

「クアトロポルテ GTS」でも採用されている90度V8ユニットをベースに、レヴァンテの「Q4 インテリジェントAWDシステム」に対応するため改良を行った。V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力550PS/6250rpm、最大トルク730N・m/2500~5000rpmを発生して「マセラティ史上最もパワフルなエンジンの1つ」とされている。ZF製の8速ATと組み合わされる。0~100km/h加速はSUVとは思えない、4.2秒で最高速が292km/h。パワーウェイトレシオは3.9kg/PS。
前後重量配分を50:50に設定。シャーシはGTS専用にチューニングされている。

9.jpg

ブレーキも専用設計。フロントにはブレンボ製6ピストンキャリパーが装備。 

10.jpg

13.jpg

「フルプレミアム レザー」を採用し、「スポーツペダル」、14スピーカー仕様の「ハーマンカードンオーディオシステム」も標準装備。

11.jpg

350Km/hまで刻まれる速度計が、スーパーSUVである証明である。

12.jpg

シフトレバー周辺にはカーボンファイバーパネルを採用しスポーティに演出。



m_emblem_maserati.jpgマセラティ ジャパン株式会社https://www.maserati.com/maserati/jp/ja






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

フィアット500トロピカーレ

フィアット「500 トロピカーレ」

南国の夏をイメージした150台限定車

1.jpg

フィアットは、3ドアコンパクトハッチバック「500」の限定車「500 Tropicale(トロピカーレ)」を発売。

2.jpg

3.jpg

「熱帯のサンゴをイメージした」という夏の日差しに生える鮮やかな「コーラルレッド」。さらにアイボリー/コーラルの内装も専用カラーのシートを装着し、「南国の夏を彷彿させる雰囲気が随所に漂うモデル」に仕上がっている。「1.2 ラウンジ」をベースとしている。「リアプライバシーガラス」は特別装備である。

4.jpg

14スポーク Vデザイン 15インチアルミホイールは専用デザインとなる。

5.jpg

専用カラーのファブリックシートはさわやかなで明るい空間。

6.jpg

インパネもボディ同色となり
コーラルレッドが採用される。

車両価格235万円。


emblem_fiat.jpgフィアット http://www.fiat-auto.co.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

フィアットパンダ4×4フォレスタ

フィアット「パンダ 4×4 フォレスタ」

電子制御デフロック搭載の4WDや6速MT採用

100.jpg

フィアットは、コンパクトハッチバック「パンダ」の限定車「パンダ 4×4 Foresta」を発売。

101.jpg

102.jpg

「パンダ 4×4 フォレスタ」は、直列2気筒 0.9リッターターボエンジンを搭載。最高出力85PS/5500rpm、最大トルク145Nm(14.8kgm)/1900rpmを発生。6速MTみのの設定とし、電子制御式ディファレンシャルロックを備えるコンパクトながら高い走破性を実現した4WDシステムを採用。スキッドプレートを追加した専用前後バンパー、ボディカラーにはシリーズ初採用の「シネマ ブラック」、4×4専用の「トスカーナグリーン」の2色。

103.jpg

専用デザインの15インチアルミホイールは剛性感あるデザイン。標準モデルより大径化した175/65 R15タイヤを組み合わせる。

106.jpg

ダッシュボードの「ELD」スイッチを押してON/OFFを切り替え、未舗装路や雪上などでの走破性を向上。

105.jpg

インパネを大自然をアピールしたグリーンにしてSUVらしさを演出。

104.jpg

2トーンファブリックシートは、大型で質感も高い。


emblem_fiat.jpgフィアット http://www.fiat-auto.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アウディR8 LMS GT4

アウディ「R8 LMS GT4」発売

GT4カテゴリーのレーシングカー

100.jpg

アウディ ジャパンは、「GT4」カテゴリーのレーシングカー「R8 LMS GT4」の価格を発表して本格的に販売開始すると発表。販売価格は2989万円となる。(ステアリングは左のみ)

「R8 LMS GT4」は、市販モデル「R8 クーペ V10」をベースに開発されたレーシングカーである。V型10気筒DOHC 5.2リッターエンジンをミドシップに搭載。最高出力495PS、最大トルク550N・mを発生し後輪を駆動する。トランスミッションは7速Sトロニック。
「R8 LMS GT4」は、市販モデルのR8と60%以上の構成部品が共通。生産も同じドイツ ベーリンガーホフ工場で生産される。

101.jpg

「R8 LMS GT4」「R8 LMS」「RS 3 LMS」とAudi Sportはレーシングカーのラインナップも充実。

「GT4」は、「GT3」と「TCR」の中間に位置するカテゴリー。アウディは、「GT3」カテゴリーでは2009年より「Audi Sport customer racing」プログラムを通じて「R8 LMS GT3」を供給。日本でも2012年以来、SUPER GTのGT300クラスに「R8 LMS」で参戦していることは、モータースポーツファンではおなじみである。



emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/






nice!(6) 
共通テーマ:自動車

ボルボV90仕様変更

ボルボ、「V90」「V90 クロスカントリー」を一部仕様変更

ディーゼルターボエンジン追加

1.jpg

ボルボ・カー・ジャパンは、「V90」「V90 クロスカントリー」の一部仕様変更を行なって発売。今回の変更では、直列4気筒 2.0リッター直噴ディーゼルターボ「D4」エンジン搭載車を追加した。最高出力190PS、最大トルク400N・mを発生。また「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」「haman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」(600W、14スピーカー、サブウーファー付)を上級グレードとなる「V90 Inscription」「V90 クロスカントリー Summum」に標準装備とした。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
V90 T5 Momentum 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ 8速 AT 2WD(FF) 6,790,000円
V90 D4 Momentum 直列4気筒 2.0リッター直噴ディーゼルターボ 7,090,000円
V90 D4 Inscription 7,940,000円
V90 T6 AWD Inscription 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー 4WD 8,440,000円
V90 T8 Twin Engine AWD Inscription 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー+モーター 9,640,000円

V90 Cross Country T5 AWD Momentum 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ 8速 AT 4WD 7,090,000円
V90 Cross Country D4 AWD Momentum 直列4気筒 2.0リッター直噴ディーゼルターボ 7,390,000円
V90 Cross Country T5 AWD Summum 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ 7,940,000円
V90 Cross Country D4 AWD Summum 直列4気筒 2.0リッター直噴ディーゼルターボ 8,240,000円
V90 Cross Country T6 AWD Summum 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー 8,640,000円


emblem_volvo.jpgボルボ・カー・ジャパン株式会社https://www.volvocars.com/jp





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディR8 V10プラス特別仕様車

アウディ R8 V10プラス特別仕様車

日本国内の販売は未定

1.jpg

アウディは「アウディスポーツ」の技術を100%投入したR10 V10プラスを欧州で販売。

2.jpg

専用のエアロキットは、風洞実験を繰り返されて開発された。素材はすべてカーボンファイバー製となる。レーシングカーからフィードバックされた巨大なリアウイングとディフィーザーが絶大なダウンフォースを生み出す。専用ホイールは鍛造の軽量20インチ。セラミックカーボンディスクを採用。

3.jpg

ダウンフォースは、330Km/h走行時に標準のV10プラスに比べ、非常に効率的で抑え込む力は250キロにも達する。150Km/h走行時でも52キロのダウンフォースを生む。

リアビューカメラ、アウディスマートフォンインターフェイス、穴あきファインナッパレザー、MMI ナビゲーション、アウディコネクトオンラインサービスとバーチャルコクピットを標準。



emblem_audi.jpg アウディジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(5) 
共通テーマ:自動車

アルファステルヴィオ発表会

アルファ ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」発表会

アルファ初のプレミアムSUV

3.jpg

FCA ジャパンは、アルファ ロメオド初の新型プレミアムSUV「Stelvio」の発表会を行った。
ステルヴィオは、Dセグメントであり、輸入車の中でも、ワゴン、セダンのライバルが多い市場である。昨今ではSUV市場が増加していることで、アルファらしい個性的かつスポーティな走りが自慢のSUVの登場は、市場に一石を投じるとこができるだろう。ボディサイズは4690×1905×1680mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2820mm。

2.jpg

SUVにはなかったスタイリッシュな専用デザインの20インチ5ツインスポークアルミホイール。ブレンボの対抗キャリパーはレッドの耐熱ペイントが施され、100-0km/hの制動距離が37.5mとスポーツカー並み。前後重量配分が50:50であることもこだわりを感じさせる一台である。
直列4気筒2.0リッターツインスクロールターボエンジンを搭載したファーストエディションは、最高出力280PS/5250rpm、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)/2250rpmを発生。後に、V型6気筒2.9リッターツインターボエンジンを搭載する「クアドリフォリオ」も2018年内に導入される。このモデルは、量産SUV最速となる7分51秒7をドイツ・にニュルブルクリンク北コースで記録している。

4.jpg

レザーシートは、8ウェイパワーシート(前席、運転席メモリー付)、レザーステアリングも装備。

1.jpg

メーターは物理式を採用。
インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)も標準装備。

車両価格は689万円。



emblem_alfaromeo.jpg
アルファ ロメオhttp://www.alfaromeo-jp.com/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

フィアット500タルガモデル

フィアット500スピアジーナ

オールハンドメイドのため、プレミアム感抜群

1.jpg

フィアットは500ジョリー・スピアジーナの60周年を記念して、2種類のスペシャルエディションを欧州で発売。フィアットのコーチビルダーであるガレージ・イタリアの手によって仕上げられた。

7.jpg

8.jpg

9.jpg

リアシートやルーフは装備されておらず、レジャー用品を搭載する為の、デッキエリアが設けられる。オリジナル500に装備されていたファブリック製ルーフの設定はないようだ。ボディ剛性確保のため分厚いピラーはホワイトに塗られ、安全性を確保している。

2席しか存在しないフロントシートはベンチシートとなりクラシカル。表皮は防水レザー処理が施してある。
ガレージイタリアによって1台、1台ハンドメイド生産をされるとの事で、プレミアムな価格となることは間違いないだろう。
日本導入は未定のため、インポーターのリンクは本文にはありません。




nice!(3) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -