So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

メルセデスベンツE200アバンギャルド

メルセデス・ベンツ、「E 200 アバンギャルド」

BSG+48V電気システム採用

1.jpg

メルセデス・ベンツ日本は、新しいパワートレーンを搭載した「Eクラス(セダン/ステーションワゴン)」の「E 200 アバンギャルド」「E 300 アバンギャルド スポーツ」の注文受け付けを開始。

E 200 アバンギャルドに搭載される新しいパワートレーンは、単体で最高出力184PS、最大トルク280Nmを発生する直列4気筒 1.5リッターターボ「M264」型エンジンにBSGと48V電気システムなどの新技術を採用して、効率性、快適性、高性能化を同時に実現。 Eクラスに1.5リッターエンジン搭載というのも驚きであるが、動力性能は素晴らしい。

モーターであるBSGと48V電気システムは、回生ブレーキなどにより発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、必要に応じてクランクシャフトに対して最大トルク160Nmの動力補助を行ない、燃費低減効果だけでなく振動の少ないエンジン始動、滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなど、パワートレーンの総合性能を引き上げることを可能としている。

2.jpg

BSGと48V電気システムを採用した直列4気筒 1.5リッターターボ「M264」型エンジン。最高出力184PS、最大トルク280Nmを発生する。

E 300 アバンギャルド スポーツは、2.0リッターのM264型エンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーとCAMTRONICを採用し、従来のE 250と比較して、最高出力は47PS向上した258PS、最大トルクは20Nm向上した370Nmを発生し、全回転域でパワフルな走行性能を手に入れた。


モデル エンジン ステアリング位置 価格
E 200 アバンギャルド(BSG搭載モデル) 直列4気筒 1.5リッター直噴ターボ 7,210,000円
E 200 4MATIC アバンギャルド(BSG 搭載モデル) 7,440,000円
E 300 アバンギャルド スポーツ 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ 8,550,000円


モデル エンジン ステアリング位置 価格
E 200 ステーションワゴン アバンギャルド(BSG搭載モデル) 直列4気筒 1.5リッター直噴ターボ 7,590,000円
E 200 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド(BSG 搭載モデル) 7,820,000円
E 300 ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ 8,930,000円



m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpgメルセデス・ベンツ日本株式会社https://www.mercedes-benz.co.jp/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ カイエンクーペ

ポルシェ、新ボディバリエーション「カイエンクーペ」登場

1.jpg

ポルシェAGは、カイエンモデルレンジを拡張。大きな成功を収めたSUVの第3世代に、さらにスポーティなボディバリエーションとしてカイエンクーペが加わった。「クーペバージョンは、最新世代のカイエンに搭載された技術的ハイライトが組み込まれているだけでなく、ダイナミックなデザインと新しい技術ディテールによる独自性も備えます」と、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは述べた。ニューカイエンクーペのハイライトには、特徴的なリアセクションのシャープなライン、アダプティブリアスポイラー、個別のリアシート、そして2種類のルーフコンセプト(標準装備の固定式パノラマガラスルーフとオプションのカーボンルーフ)が挙げられる。

2.jpg

カイエンクーペのデビュー時には2種類のハイパワーエンジンが搭載。3リッター6気筒ターボエンジンは最高出力340PSと最大トルク450N・mを発生し、標準装備されるスポーツクロノパッケージによって、0-100km/h加速タイムは6秒、最高速度は243km/h。オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装備すると0-100km/h加速タイムが5.9秒に短縮。トップエンドモデルのカイエンターボクーペは、4リッターV8ツインターボエンジンが最高出力550PSと最大トルク770N・mを発生。静止状態からわずか3.9秒で100km/hまで加速し、最高速度は286km/hに達する。

3.jpg

ダイナミックなプロポーションとカスタムデザインのエレメントが、ニューカイエンクーペに比類のないエレガンスを与える。「後方に傾斜する急勾配のルーフラインによっていっそうダイナミックに見えるカイエンクーペは、セグメントで最もスポーティな外見を備えたモデルとして位置付けられます」と、ポルシェチーフデザイナーのミヒャエル・マウアーは述べた。クーペの特徴的なシルエットを引き立てる固定式ルーフスポイラーによってこの効果が強調。カイエンよりも低いフロントウインドウとAピラーは、約20mm下がったルーフエッジに呼応。再設計されたリアドアとフェンダーによってリアトレッドが18mmワイドになり、全体的に力強い印象が増加。ナンバープレートはバンパーに統合され、車両はより地面に近づいて見える。

4.jpg

アダプティブルーフスポイラーを装備した最新のカイエンターボは、このタイプのアクティブエアロダイナミクスを備えた最初のSUV。これを踏襲したカイエンクーペは、その機能をさらに前進させている。つまり、クーペモデルでは、ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新しいアダプティブリアスポイラーが組み合わされる。クーペモデルのシルエットとシームレスに一体化するスポイラーは、90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高め、同時にPAAが空力効率を改善。

ニューカイエンクーペには、2.16m2の固定式パノラマガラスルーフが標準装備。0.92m2のガラス張りのエリアは、全ての乗員にかつてないほどの広々とした感覚を与え、統合されたローラーブラインドが直射日光や寒さを防止。オプションのカーボンルーフは911 GT3 RSと同じく中央に窪みを持つ形状で、カイエンクーペにスポーツカーらしい印象を与える。カーボンルーフは3タイプのライトウェイトスポーツパッケージの1つとして選択可能。これらのパッケージには、新しい軽量22インチGTデザインホイール、クラシックな千鳥格子柄(ペピータ パターン)のファブリックシートセンターセクション、インテリアのカーボンファイバーおよびアルカンターラアクセントによるスポーツデザインパッケージも用意される。カイエンターボクーペパッケージにはスポーツエグゾーストシステムも選択可能。

5.jpg

ニューカイエンクーペは、大人4名のための広々としたスペースを備える。フロントでは、インテグレーテッドヘッドレストと8-way電動調節を備えた新しいスポーツシートが抜群の快適性と横方向の最適なサポートを提供。リアには特徴的な個別のベンチシートが標準装備される。またカイエンではおなじみのコンフォートリアシートを追加料金なしで注文することも可能。このモデルの低く構えたスポーティなシルエットにもかかわらず、カイエンよりも30mm低く設定されたリアシートによって、後席乗員の頭上にも十分なスペースが確保。ラゲッジコンパートメントの容量は、日常の使用に理想的な625リッター。さらに、リアシートを折りたたむと1,540リッター(カイエン ターボ クーペ:600リッターから1,510リッター)まで拡張される。

6.jpg

新型911同様、伝統のレイアウトを踏襲。アナログ式レブカウンターはドライバーの中央に。それを囲むように液晶のバーチャル式メーターを装備。


emblem_porsche.jpgポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

メルセデス ベンツ 新型GLC

メルセデス ベンツ 新型GLC(本国リリース)

フェイスリフトでMBUX搭載。よりスポーティに。

1.jpg

6.jpg

メルセデス・ベンツのクーペSUV「GLCクーペ」が、マイナーチェンジを敢行。フェイスリフトされ、より精悍な印象に。新たな運転支援システムが追加され、エンジンも2リッターが刷新された。

2.jpg

大きな変化は見られないがフロントフェンダー前端にダクトが追加されている。

3.jpg

リアには大きな変化が。リアディフューザーが装着されより迫力を増した。テールランプのLEDは立体的に発光を行う新デザインに刷新。
2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンは、260PSにパワーアップを果たした。

4.jpg

インフォテイメントがMBUXとなったことで、音声認識やジェスチャーコントロールが可能。メーターはアナログ式から、バーチャル式のデジタル・インストゥルメントとなり、12.3インチ、センターコンソール上のタッチスクリーンは10.25インチを搭載。


emblem_mercedes-benz.jpg メルセデスベンツジャパン株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

プジョー新型508報道発表会

新型「508」報道関係者発表会

508 PHVの日本導入の可能性も

6.jpg

プジョーは、フラグシップモデルとなる新型4ドアファストバック「508」を発売。都内で報道関係者向けに新型508の発表会が行われた。

1.jpg

2.jpg

508は、先代モデルでは、独立したトランクを備えるセダンボディを採用していたが、新型では4ドアファストバックにスタイルを一新し、クーペスタイルとなった。
PSAグループの新世代プラットフォーム「EMP2」を採用するボディは4750×1860×1420mm(全長×全幅×全高)という堂々たるサイズ。ホイールベースは2800mm。

3.jpg

ロントバンパーとスポイラーには垂直に伸びるLEDデイタイムランニングライトは実に個性的。LEDヘッドライト&インテリジェントハイビームを採用している。

4.jpg

508 Allure」「508 GT Line」のエンジンには最高出力180PS/5500rpm、最大トルク250Nm/1650rpmを発生する直列4気筒DOHC 1.6リッターターボを、「508 GT BlueHDi」には最高出力177PS/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボを搭載。「EAT8」は、ZF社の8速ATを採用。

5.jpg

10.jpg

新世代インテリア「Peugeot i-Cockpit」を採用するインテリアは、「小径なステアリングホイール」「中央の8インチタッチスクリーン」「12.3インチデジタルヘッドアップディスプレイ」と近未来的な空間。


モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
508 Allure 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ 8速AT 2WD(FF) 4,170,000円
508 GT Line 4,590,000円
508 GT BlueHDi 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ディーゼルターボ 4,920,000円

emblem_peugeot.jpg プジョーhttp://www.peugeot.co.jp/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

Audi Sport conference

Audi Sport conference 2019 を開催

2.jpg

アウディ ジャパンは、Audi Sport conference 2019を開催して、2019年度Audi Sport customer racing のチーム体制、および昨年に続いてアウディオーナーが実際のレースへの参戦権が得られるプログラム「Audi race experience」の概要を発表。また新たに、女性ドライバー専用の運転トレーニングプログラム「Audi Women’s driving experience」を開催。さらに、Audi Sportオーナーやファンに向けた「Audi ice experience」、「Audi Sport Owners Meeting」、「Audi Sport Days 2019」等、数々のイベントを行うという。

1.jpg

アウディ ジャパンはAudi Sport customer racingプログラムにより、SUPER GT GT300クラスにAudi R8 LMSで参戦する1チーム1台、およびスーパー耐久シリーズ ST-XクラスにAudi R8 LMSで参戦する1チーム1台、ST-TCRクラスにAudi RS 3 LMSで参戦する4チーム4台、そして今年から始まるレースシリーズTCRジャパンにAudi RS 3 LMSで参戦する3チーム4台、合計9チーム10台のカスタマー(プライベート)チームを、パーツ供給等により強力にサポート。 Audi R8 LMSは、量産モデルのAudi R8をベースに作られたFIA(国際自動車連盟)GT3規定に準拠するレーシングカー。量産モデルと並行して開発が進められ、パーツの共用率は50%。アルミとCFRPの複合素材によって構成された新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)を採用。自然吸気V10 5.2ℓエンジンは最高出力585PSを発揮しながら、高い信頼性を誇る。今シーズンより、空力と冷却機能を最適化、さらに駆動系の耐久性を向上させた新型エボリューションモデルとなる。

3.jpg

Audi RS 3 LMSは、Audi RS 3 SedanがベースのFIA公認のツーリングカー選手権TCRシリーズに準拠するレーシングカー。開発はAudi R8 LMSと同じくAudi Sportが手がける。リーズナブルな車両価格で多くのカスタマーの参戦が可能となり、2016年9月の発表以来、好評を得ている。



emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW ゴルフ8 実走スクープ写真

フォルクスワーゲン次期「ゴルフ8」スクープ写真

ローアンドワイドでスポーティな印象に

1.jpg

2.jpg

次期ゴルフの走行写真が撮影された。サイドを走るエッジラインなどは新型ポロのような趣。車高を落とし、ワイドになったことでよりスポーティになった印象。ただ一目でゴルフと分かるスタイリング。

3.jpg

一切のカムフラージュを行っていないでの細部まで観察できるが、Cピラーなどはゴルフの伝統を踏襲。

4.jpg

リアビューのエクステリアデザインは踏襲しているが、全幅がワイドになったのがわかる。
正式な登場は2020年といわれているが、現在のところ詳細は不明である。


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ランボルギーニ世界販売台数過去最高

ランボルギーニ、世界販売台数過去最高の5750台。

スーパーSUV「ウルス」がけん引

DSC00262.jpg

アウトモビリ・ランボルギーニは、2018年度(1月1日~12月31日)の業績を発表。販売台数、売上高、利益率の全主要事業で新記録を樹立したことを発表した。

2017年に10億ユーロの大台に乗った売上は、2018年にはさらに40%伸びて10億900万ユーロから14億1500万ユーロに増加した。販売台数も51%増の5750台を記録し、EMEA(欧州・中東・アフリカ)、南北アメリカ、アジア太平洋のすべての主要地域で記録を更新。この好調な業績は、2018年半ばに販売がスタートしたスーパーSUV「ウルス」の発売が大きいと同社は分析している。

ウルスは、V型8気筒4.0リッターツインターボに8速ATを組み合わせ、4輪を駆動。最高出力650PS/6000rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmを発生。0-100km/h加速3.6秒、0-200km/h加速12.8秒、最高速305km/h。

DSC00263.jpg

「2018年度、ランボルギーニはすべての主要事業において新たな金字塔を打ち立てました。同時に初めて販売台数5000台という特別な節目を超えました。財務業績でも新記録を達成しました。」とアウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏が感謝の言葉を述べた。


emblem_lamborghini.jpgランボルギーニ ジャパンhttps://www.lamborghini.com/jp-en/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

モーガン プラスシックス

モーガン プラスシックス 

英国伝統のスポーツカー19年ぶりのニューモデル

2.jpg

イギリス、モーガンが、新型車のプラスシックスを発表。 モーガンが新型車を発表するのは、2000年のエアロ8以来、実に19年ぶりである。

3.jpg

エクステリアはまんまクラッシックカーで、数十年前の自動車に見えるだろう。しかし、心臓は最新技術が投入されている。

4.jpg

クラシカルなボディに、モダンなデザインのアルミホイールが装備される。ブレーキは、ハイパワーに対応するため、モノコック対向キャリパーを装備される。

1.jpg

BMW製3.0リッター・直列6気筒エンジンを搭載。 Z4と同じB58ユニット。 最高出力は340ps、最大トルクは500Nmとクラシカルなエクステリアからは想像できないほどパワフル。トランスミッションはZF製の8速AT。 駆動方式はFRを採用。 最高速は実に267km/h、0-100km/h加速は、一級スポーツカーとタメを張る4.2秒。

5.jpg

クラシカルなインテリアであるが、シフトレバーはBMWの近未来的なレバーが装備されるのは少々違和感がある。メーターは、アナログ式センターメーター。オレンジの透過照明が美しい。

mogan.jpg モーガン https://www.morgan-motor.co.uk/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ボルボ 新型S60

ボルボ、新型S60

スポーティラグジュアリーサルーン

1.jpg

「S60 のスポーティさを押し出した4ドアサルーンで落とされた車高、19インチポリッシュホイール、大型化された対向キャリパーを装備。

3.jpg

4.jpg

6.jpg

5.jpg

T5 ターボチャージャーのガソリンエンジンは、最高出力250PS、最大トルク184KWを発生。トランスミッションは8速ATと組み合わされる。0-100Km/h加速は、6.5秒。
今後、
AWD モデルやPHEVモデルも加えられる。

7.jpg

8.jpg

インテリアは広大。ナパレザーを細部に使い、ブラックヘッドライニングと金属メッシュトリムの組み合わせのおかげでスポーティな雰囲気を醸し出す。


emblem_volvo.jpg
ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/

 

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

Audi Q4 e-tron詳細

Audi Q4 e-tron concept

4輪駆動のコンパクトな電動SUVをジュネーブモーターショーで発表
市販バージョンは2020年末にアウディブランドの5番目の電気自動車として発売

1.jpg

アウディ初の電気自動車が昨年のジュネーブモーターショーで公開されてから、約1年が経過。その当時、Audi e-tronは、まだカモフラージュのラッピングが施されていた。アウディは、今年のジュネーブモーターショーで、将来発売される新しい電気自動車のコンセプトモデルを初公開。Audi Q4 e-tron conceptは、全長4.59mのコンパクトな4ドアSUVで、一目見ただけでAudi e-tronと兄弟モデルであることが分かる。

2.jpg

Audi Q4 e-tron conceptは、アウディが2020年末までに発表する5番目の電気自動車の姿を垣間見せている。Audi e-tronの販売はすでに開始されており、最初のクルマは2019年3月末までにはオーナーに納車される。今年の後半には、Audi e-tron Sportbackが発表され、中国市場専用に設計されたAudi Q2L e-tronも工場から出荷される。Audi Sport GmbHが開発中の4ドア ハイパフォーマンスクーペ、Audi e-tron GTの市販バージョンの発表は、2020年の下半期に予定されている。コンパクトなAudi Q4 e-tronも、同時に生産デビューを飾る。今回の提案により、アウディは最初の電気自動車の発売からわずか約2年で、Cセグメントからフルサイズクラスまで、すべての重要な市場セグメントに対応する電気自動車を発表したことになる。

6.jpg

7.jpg

8.jpg

全長4.59m、全幅1.90m、全高1.61m。Audi Q4 e-tron conceptは、コンパクトクラスの中でも、上位1/3に相当するサイズを備えている。そのため、俊敏でオールラウンドな電動SUVとしての要件を満たすと同時に、市街地走行にも適している。コンパクトな寸法とは対照的に、2.77mのホイールベースは、1クラス上の室内スペースを実現。電気自動車のAudi Q4 e-tron conceptには、室内スペースを制限するトランスミッショントンネルが存在しないため、フロント及びリヤシートの両方で、外観から想像するよりも遥かに広いスペースと快適性を提供。

Audi Q4 e-tron conceptは、225kWのシステム出力を発生し、2基の電気モーターを駆動。アウディの他のモデルと同様、このコンセプトカーにもquattroフルタイム4WDが搭載。その優れたトラクションにより、このクルマは0~100km/hをわずか6.3秒で加速を実現。最高速度は180km/h(電子リミッター作動)。82kWhの大容量バッテリーは、前後アクスル間のフロア下のほぼ全てのスペースに設置。WLTPサイクルで450kmを超える航続距離は、このクラスのベンチマークを打ち立てるもの。Audi Q4 e-tron conceptは、モジューラーエレクトリフィケーションプラットフォーム(MEB)をベース。MEBは、コンパクトクラスからアッパーミドルクラスに至るまで、将来、フォルクスワーゲングループが製造する数多くの電気自動車に採用される予定。

リヤの電気モーターは150kWの出力と310Nmのトルクを発生。フロントの電気モーターの出力は75kW、トルクは150Nm。システム出力は225kW。フロアに搭載されたバッテリーは、82kWhの容量を備え、WLTPサイクルで450km以上の航続距離を可能としている。バッテリーは、最大125kWで充電可能。その場合、80%まで充電するのに必要な時間は30分以下。

9.jpg

10.jpg

速度、充電レベル、ナビゲーションといった最も重要な情報を表示するバーチャルコックピットは、ステアリングホイールの後ろに設置。拡張現実機能を備えた大型ヘッドアップディスプレイは、このクルマの新しい機能である。このディスプレイは、ターンインジケーターといった重要なグラフィック情報を、車両前方の道路上に浮かんでいるように投影することが可能。

タッチエレメントを使用したステアリングホイールの操作パネルでは、頻繁に使用する機能を選択することが可能。センターコンソール上の中央部分には、インフォテインメント及び車両の機能を表示及び操作するための、12.3インチ タッチスクリーンが設置。このディスプレイは、操作性を向上させるためにドライバーの方に傾けられている。エアコンディショナー用のボタンは、その下に設置。センターコンソールは、シフトレバーやパーキングブレーキレバーを設置する必要がないため、携帯電話用の充電クレードルを含む、広い収納スペースを確保。高品質なデザインが施された水平エリアには、トランスミッションのモードを選択するためのボタンが一体化され、コンソールのフロントセクションのカバーとしても機能。ドアには、従来の下部収納スペースに加えて、特別な造形が施された上部セクションの簡単に手が届く位置にボトルホルダーが設置される。


emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -