So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ボルボV40 D4 特別仕様車

ボルボ「V40 D4 NAVI Edition」

36万円相当を特別装備した200台限定車

1.jpg

ボルボ・カー・ジャパンは、特別限定車「V40 D4 NAVI Edition」を発売。

「V40 D4 NAVI Edition」は、V40シリーズのディーゼルモデル「V40 D4 Kinetic」をベースとした特別仕様車。21万9888円の「HDDナビゲーションシステム」や、EMS(電波妨害確認)テスト、クラッシュテストを含む、ボルボの世界最高安全基準にて開発された6万48円相当の「ボルボ純正ドライブレコーダー」など、計36万円相当を特別装備。


モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
V40 D4 NAVI Edition 直列4気筒 2.0リッター直噴ディーゼルターボ 8速AT 2WD(FF) 3,790,000円


「歩行者エアバッグ」、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」といった11種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備。



m_emblem_volvo-31369.jpgボルボ・カー・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/







nice!(1) 
共通テーマ:自動車

プジョー5008 3008仕様変更

プジョー「5008」「3008」ディーゼル仕様に新開発の8速AT採用

1.jpg

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
5008 Allure 直列4気筒DOHC 1.6リッターターボ 6速AT「EAT6」 2WD(FF) 4,040,000円
5008 GT BlueHDi 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ 8速AT「EAT8」 4,730,000円
モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
5008 Allure 直列4気筒DOHC 1.6リッターターボ 6速AT「EAT6」 2WD(FF) 4,040,000円
5008 GT BlueHDi 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ 8速AT「EAT8」 4,730,000円

2.jpg

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
3008 Allure 直列4気筒DOHC 1.6リッターターボ 6速AT「EAT6」 2WD(FF) 3,570,000円
3008 Allure LEDパッケージ 3,750,000円
3008 GT Line 3,990,000円
3008 GT BlueHDi 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ 8速AT「EAT8」 4,480,000円


プジョーは、同社SUVモデルである「5008」「3008」のディーゼル仕様に新開発の8速ATを採用して発売した。この8速ATは今後、順次導入される。

3.jpg

新開発のEAT8では、電子シフトを採用し、シフトレバー自体のデザインやコクピット設計の自由度を高めている。ギヤポジションを変える際の振動を最小に抑制。アイドリングストップ機能はブレーキ圧に応じて完全停止前から作動し、エンジン再始動は6速AT「EAT6」よりもさらにクイックでスムーズなった。軽量化にも配慮され、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により従来の6速ATより小型化を実現。電子式のため、シフト・バイ・ワイヤーで部品を減らし軽量化。

4.jpg

5.jpg

電動シート、前席シートヒーターを標準装備としている。

6.jpg

新しいオプションとなるパノラミックサンルーフ。



m_emblem_peugeot-d09f9.jpg プジョー http://www.peugeot.co.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

プジョー308GT BlueHDi

プジョー「308 GT BlueHDi」「308 SW GT BlueHDi」

8速ATを初採用

1.jpg

プジョーは、「308」シリーズに直列4気筒 2.0リッターターボディーゼルエンジンを搭載する「308 GT BlueHDi」「308 SW GT BlueHDi」に8速ATを新たに採用して発売。
同車はこれまで6速ATを搭載していたが、最新の8速AT「EAT8」を搭載して、アクティブクルーズコントロール(ACC)も標準装備。

2.jpg

個性的なインテリアは踏襲されている。

3.jpg

新開発のEAT8は、PSAが設計、開発を行い、アイシン・エィ・ダブリュが製造。プジョーとして日本初導入となる。このEAT8搭載にともない3つのドライブモードが実現した。

新機能として、エコモード機能は、フリーホイール機能によりアクセルOFF時に条件(勾配、カーブ、温度、バッテリー電圧など)が合えば自動的にクラッチを切り、エアコンの最適化とともに燃費改善に貢献するという最新技術を投入している。通常モードは、シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。スポーツモード(ドライバースポーツパック)では、シフトアップポイントの高速化のほか、アクセルレスポンスやステアリングフィールの向上を実現している。
今後、PSAでは従来の6速ATに替えて、この8速ATを新規モデルに投入していくという。



m_emblem_peugeot-d09f9.jpg プジョーhttps://www.peugeot.co.jp/




nice!(5) 
共通テーマ:自動車

アウディR8スマートフォンと連動

アウディ「R8」「R8 スパイダー」に装備追加

「スマートフォンインターフェイス」に対応

1.jpg

アウディ ジャパンは、同社のスーパースポーツモデル「R8」「R8 スパイダー」の装備内容を一部変更した。今回の一部装備変更では、「スマートフォンインターフェイス」と「接続ケーブル」を標準装備として繋がるクルマへと進化した。

価格の改正も同時に行われ、「R8 V10 5.2 FSI quattro」が2465万円、「R8 V10 plus 5.2 FSI quattro」が2915万円、「R8 V10 Spyder 5.2 FSI quattro」が2623万円。



emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

DS 7 クロスバック上陸

DS 新型フラグシップSUV「DS 7 クロスバック」

ハイテク装備満載のビッグサイズSUV登場。フランス車の個性、ここにあり!

4.jpg

1.jpg

DS Automobilesは、DSのSUVフラグシップモデルの「DS 7 クロスバック」を発売。フランスのデザイン性と装飾技法を取り入れた独創的な内外装に、先進のテクノロジーを融合させたモデルである。

2.jpg

5.jpg

3.jpg

DS 7 クロスバックは、4590×1895×1635mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2730mmという堂々たるボディサイズを持つ。

6.jpg

宝飾品のような美しい輝きを持つLEDヘッドライトユニット。

7.jpg

斜め格子模様をモチーフに、3Dエフェクトを与えたテールランプもLEDを採用している。

21.jpg

Grand Chicのタイヤサイズは235/45 R20。DS初となる大口径20インチブラックポリッシュのホイールはかっこいい。

22.jpg

直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ガソリンターボエンジンは、225PSを発生する。2019年にはプラグインハイブリッドモデルも登場する。また2.0リッターのディーゼルモデルも選択可能。


モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
DS 7 CROSSBACK Grand Chic(グランシック) 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ 8速AT 2WD(FF) 5,620,000円
直列4気筒DOHC 1.6リッターターボ 5,420,000円
DS 7 CROSSBACK So Chic(ソーシック) 直列4気筒DOHC 2.0リッターディーゼルターボ 4,690,000円


トランスミッションは、PSAグループで初となるアイシン・エィ・ダブリュと共同開発した8速オートマチック「EAT8」を採用した。走行中でもアクセルOFF時にクラッチを切るフリーホイール制御を行なうエコモードを新たに備えた。
ドライブモードはバランスの取れた「ノーマル」、ダイナミックな走りを楽しめる「スポーツ」、燃費性能を重視した「エコ」、DS Automobilesならではのライドフィールを実現した「コンフォート」の4モードから選択可能。

20.jpg

10.jpg

日本国内での報道発表会の模様。その存在感と個性溢れるデザインに鑑賞レベルといえる。

8.jpg

9.jpg

上質さと近未来的な室内空間。オートクチュールを連想させるような細部にわたるパリらしいセンスと、最新テクノロジーの融合による新しいラグジュアリーの表現。

15.jpg

先進的なメーターパネルは、フルモニター式のバーチャル式を採用。

12.jpg

夜間走行時に前方を赤外線カメラで監視し、その映像をインストルメントパネルに投影する「DS ナイトビジョン」。

11.jpg

赤外線カメラがドライバーの視線やまぶたの動きを常にセンシングし、わき見や居眠り、疲労を検知することでドライバーに警告や休憩を促す「DS ドライバーアテンションモニタリング」。

10.jpg

路面状況を常に監視してサスペンションを制御する「DS アクティブスキャンサスペンション」。マルチファンクションカメラが車両前方5~25mの路面状況を常時高速スキャンして路面の凹凸を検知。このフィードフォワード制御による4輪のショックアブソーバーの減衰力の最適化。



ds.JPG DS Automobiles http://www.dsautomobiles.jp/index.html




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アウディTTクーペ限定車

アウディTT クーペの限定モデル

7.jpg

アウディ ジャパンは、「TT クーペ」に「S line」エクステリアやアシスタンスシステム等を特別装備した限定モデル「1.8 TFSI style+」「2.0 TFSI quattro style+」を発売。

4.jpg

ミトスブラックメタリック

6.jpg

グレイシアホワイトメタリック


モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
1.8 TFSI style+ 直列4気筒DOHC 1.8リッターターボ 7速DCT 2WD(FF) 5,320,000円
2.0 TFSI quattro style+ 直列4気筒DOHC 2.0リッターターボ 6速DCT 4WD 6,490,000円

「S lineエクステリア」「アシスタンスシステム(リアビューカメラ、アウディパーキングシステム、アウディホールドアシスト、アウディサイドアシスト)」「センターアームレスト」などが装備される。

3.jpg

「1.8 TFSI style+」では、「LEDヘッドライト&LEDリアダイナミックインジケーター」「5ツインスポークダイナミック18インチアルミホイール」を装備。

1.jpg

直列4気筒 2.0リッターターボのクアトロは「2.0 TFSI quattro style+」では、「マトリクスLEDヘッドライト」「5アームデザインコントラストグレーパートリポリッシュト(鍛造)19インチアルミホイール」を装備。

2.jpg

アウディバーチャルコクピットは、TTクーペには標準装備となる。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/






nice!(6) 
共通テーマ:自動車

ミニ JCW特別仕様車

MINI「ジョン・クーパー・ワークス」特別仕様車

米国で発表

1.jpg

MINIは、米国にて、オレンジカラーが眩いジョン・クーパー・ワークスの特別仕様車を発表した。

3.jpg

8.jpg

2.jpg

4.jpg

オレンジに塗られたこの特別仕様車の特徴は、ブラックのアクセントが効いたグラフィックや、ドア・ハンドル、給油口カバー、リア・スポイラー。ドアミラー・給油キャップはカーボンファイバー製。インテリアにも数多くのオプションが標準で装備されており、シートヒーターやハーマン・カードン製オーディオ・システム、ヘッドアップ・ディスプレイ、ナビゲーション・システム、運転支援システムなどが備わる。

5.jpg

巨大なスポイラーが装備されている。

6.jpg

ブレーキは、apレーシング社製のレッドキャリパーを装備。このサイズのクルマでは贅沢な4ピストン。

7.jpg

「ジョン クーパー ワークス プロ エキゾースト」システムは、フラップを操作して、エキゾーストノートを変更することが可能。しかもその変更方法がスマートフォンから可能というから驚きである。


emblem_mini.jpgMINI http://www.mini.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

マセラティ レヴァンテ GTS

マセラティ「レヴァンテ GTS」登場

550PSを発生するスーパーSUV

1.jpg

マセラティは、「第25回グッドウッドフェスティバル オブ スピード 2018」の会場で、新型モデル「レヴァンテ GTS」を世界初公開。

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

「クアトロポルテ GTS」でも採用されている90度V8ユニットをベースに、レヴァンテの「Q4 インテリジェントAWDシステム」に対応するため改良を行った。V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力550PS/6250rpm、最大トルク730N・m/2500~5000rpmを発生して「マセラティ史上最もパワフルなエンジンの1つ」とされている。ZF製の8速ATと組み合わされる。0~100km/h加速はSUVとは思えない、4.2秒で最高速が292km/h。パワーウェイトレシオは3.9kg/PS。
前後重量配分を50:50に設定。シャーシはGTS専用にチューニングされている。

9.jpg

ブレーキも専用設計。フロントにはブレンボ製6ピストンキャリパーが装備。 

10.jpg

13.jpg

「フルプレミアム レザー」を採用し、「スポーツペダル」、14スピーカー仕様の「ハーマンカードンオーディオシステム」も標準装備。

11.jpg

350Km/hまで刻まれる速度計が、スーパーSUVである証明である。

12.jpg

シフトレバー周辺にはカーボンファイバーパネルを採用しスポーティに演出。



m_emblem_maserati.jpgマセラティ ジャパン株式会社https://www.maserati.com/maserati/jp/ja






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

フィアット500トロピカーレ

フィアット「500 トロピカーレ」

南国の夏をイメージした150台限定車

1.jpg

フィアットは、3ドアコンパクトハッチバック「500」の限定車「500 Tropicale(トロピカーレ)」を発売。

2.jpg

3.jpg

「熱帯のサンゴをイメージした」という夏の日差しに生える鮮やかな「コーラルレッド」。さらにアイボリー/コーラルの内装も専用カラーのシートを装着し、「南国の夏を彷彿させる雰囲気が随所に漂うモデル」に仕上がっている。「1.2 ラウンジ」をベースとしている。「リアプライバシーガラス」は特別装備である。

4.jpg

14スポーク Vデザイン 15インチアルミホイールは専用デザインとなる。

5.jpg

専用カラーのファブリックシートはさわやかなで明るい空間。

6.jpg

インパネもボディ同色となり
コーラルレッドが採用される。

車両価格235万円。


emblem_fiat.jpgフィアット http://www.fiat-auto.co.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

フィアットパンダ4×4フォレスタ

フィアット「パンダ 4×4 フォレスタ」

電子制御デフロック搭載の4WDや6速MT採用

100.jpg

フィアットは、コンパクトハッチバック「パンダ」の限定車「パンダ 4×4 Foresta」を発売。

101.jpg

102.jpg

「パンダ 4×4 フォレスタ」は、直列2気筒 0.9リッターターボエンジンを搭載。最高出力85PS/5500rpm、最大トルク145Nm(14.8kgm)/1900rpmを発生。6速MTみのの設定とし、電子制御式ディファレンシャルロックを備えるコンパクトながら高い走破性を実現した4WDシステムを採用。スキッドプレートを追加した専用前後バンパー、ボディカラーにはシリーズ初採用の「シネマ ブラック」、4×4専用の「トスカーナグリーン」の2色。

103.jpg

専用デザインの15インチアルミホイールは剛性感あるデザイン。標準モデルより大径化した175/65 R15タイヤを組み合わせる。

106.jpg

ダッシュボードの「ELD」スイッチを押してON/OFFを切り替え、未舗装路や雪上などでの走破性を向上。

105.jpg

インパネを大自然をアピールしたグリーンにしてSUVらしさを演出。

104.jpg

2トーンファブリックシートは、大型で質感も高い。


emblem_fiat.jpgフィアット http://www.fiat-auto.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -