So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

VW EVレーシングI.D. R

フォルクスワーゲンEVレーシングカー「I.D. R」

ニュルでタイムアタックチャレンジを夏に敢行

2.jpg

フォルクスワーゲンは、同社のEVレーシングカー「I.D. R」を使い今夏にニュルブルクリンク ノルドシュライフェでタイムアタックチャレンジを実施すると発表。

1.jpg

I.D. R の最高出力は680PS、最大トルクは650Nm、車両重量は1100kg以下であり、0-100km/h加速はF1やフォーミュラEマシンをしのぐ2.25秒!電気エネルギーは内燃機関の比ではないことが証明された。
EV最速記録は、NIOの「EP9」が出した6分45秒90であるが、I.D. Rはこれを超えてくると見られる。パイクスピーク国際ヒルクライムレースでは、これまでの8分57秒118という記録を破り、7分57秒148をマークした。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW ゴルフ8 激写

フォルクスワーゲン 次世代のゴルフⅧを海外で激写

アグレッシブなデザインが印象的

1.jpg

フォルクスワーゲンは、8世代目となる新型ゴルフの発表を2019年後半に予定している。本国ドイツで激写されたプロトタイプはの試験車両は販売車種にかなり近いものであり、ワイド&ローは、ポロの兄貴分であることを明確にしている。




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ新型 マカン S

ポルシェ、新型「マカン S」

新しいV6ターボエンジンを搭載

6.jpg

ポルシェ ジャパンは、2019年夏に発売を予定している同社SUV「マカン」のV型6気筒ターボエンジン搭載モデル「マカン S」の予約受注を開始。

2.jpg

最高出力354PS、最大トルク480Nmを発生する。トランスミッションは7速PDK(ポルシェドッペルクップルング)を採用し、「ポルシェトラクションマネジメントシステム」(PTM)を備える4WDシステム。
0-100km/h加速5.1秒、最高速254km/hで駆け抜ける。

3.jpg

4.jpg

新開発のV型6気筒3.0リッターターボエンジンは、低回転域から大トルクを発生する新しいツインスクロールターボチャージャーをVバンク間に配置する「センターターボレイアウト」を採用した。
燃焼室とターボチャージャー間のエキゾーストガス経路を短縮して優れたダイレクトレスポンスを提供し、ツインスクロールテクノロジーによってタービンホイールに排出ガスを連続的に供給する。
フロントブレーキディスクの直径を先代から10mm広げた360mm。厚みも2mmアップの36mmに拡大。「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ」(PCCB)をオプション選択可能である。

7.jpg

センターコンソールに10.9インチの「ポルシェ コミュニケーションマネジメントシステム」を標準装備。


m_emblem_porsche-e9585.jpg
ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ A4シリーズ一部変更

アウディ、「A4」シリーズを一部変更

6.jpg

アウディ ジャパンは、「A4」シリーズの一部変更を実施。内外装や装備などを一部見直し価格を改定。

1.jpg

2.jpg

ボディカラーに「ナバーラブルー」を追加された。エキゾーストエンドのテールパイプはリアディフューザー一体型の2本出しに変更しよりスポーティな印象となった。フロントバンパーとクロームグリルを装着し、アルミホイールのデザインもより躍動的なデザインとなった。

3.jpg

4.jpg


モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
A4 35 TFSI 直列4気筒DOHC 1.4リッター直噴ターボ 7速DCT(7速Sトロニック) 2WD(FF) 4,470,000円
A4 35 TFSI sport 4,850,000円
A4 40 TFSI sport 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ 5,560,000円
A4 40 TFSI quattro sport 4WD 6,240,000円
S4 V型6気筒DOHC 3.0リッター直噴ターボ 8速AT(8速ティプトロニック) 8,460,000円
A4 アバント 35 TFSI 直列4気筒DOHC 1.4リッター直噴ターボ 7速DCT(7速Sトロニック) 2WD(FF) 4,760,000円
A4 アバント 35 TFSI sport 5,140,000円
A4 アバント 40 TFSI sport 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ 5,850,000円
A4 アバント 45 TFSI quattro sport 4WD 6,530,000円
S4 アバント V型6気筒DOHC 3.0リッター直噴ターボ 8速AT(8速ティプトロニック) 8,750,000円
A4 allroad quattro 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ 7速DCT(7速Sトロニック) 6,580,000円


emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

マクラーレン600LT Spider

マクラーレン600LT Spider

オープンエアモデル登場

1.jpg

英マクラーレン・オートモーティブは、電動開閉式のリトラクタブル・ハードトップを備える「600LT Spider」を発表。

3.jpg

6.jpg

マクラーレン独自のカーボンファイバー製骨格「モノセルII」の採用により、オープントップのコンバーチブルモデルながら構造上の剛性はクーペボディ同様となる。また、600LTと同じくカーボンファイバー素材を積極的に使うことによって軽量化。

4.jpg

5.jpg

7.jpg

V型8気筒 3.8リッターツインターボエンジンを採用。最高出力600PS、最大トルク620Nmを発生。0-100km/h加速はクーペの600LTと同タイムとなる2.9秒。最高速はオープン状態で315km/h、クローズ状態で324km/hを記録する。
ハードトップは走行中でも40km/hまで電動開閉が可能。キャビン後方にはガラスを使った「電動式ウィンド・デフレクター」を備している。

10.jpg

マフラーエンドの廃熱でダメージを受けないよう、固定式リアウィング中央には耐熱加工が施される。

車両価格は3226万8000円。


emblem_mclaren.jpgマクラーレン・オートモーティブhttp://jp.cars.mclaren.com/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

VW ティグアン一部改良

フォルクスワーゲン、「ティグアン」一部改良

1.jpg

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV「ティグアン」を一部改良して発売。

「TSI Comfortline」「TDI 4MOTION Comfortline」に、これまでオプション設定となっていた先進安全装備の渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」やレーンキープアシストシステム「Lane Assist」、「レーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」などをセットにした「Safety パッケージ」を標準装備。

2.jpg

渋滞時追従支援システムの「Traffic Assist」

3.jpg

レーンキープアシストシステムの「Lane Assist」

4.jpg

「レーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」



モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
TSI Highline 直列4気筒DOHC 1.4リッターターボ 6速DCT 2WD(FF) 3,699,000円
TSI Highline 4,509,000円
TSI R-Line 4,810,000円
TDI 4MOTION Comfortline 直列4気筒DOHC 2.0リッターターボディーゼル 7速DCT 4WD 4,179,000円
TDI 4MOTION Highline 4,989,000円
TDI 4MOTION R-Line 5,290,000円



VW.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

BMW 新型i3 予約開始

BMW、120Ahの新型バッテリーを搭載した「i3」予約開始

オンライン予約可能な「BMWプレ・オーダー」

1.jpg

ビー・エム・ダブリューは、オンラインプラットフォーム「BMWプレ・オーダー」を2019年以降本格的に拡充することを発表した。その第1弾として、EVの「i3」に120Ahの新型バッテリーを搭載した新型モデルの先行予約受付を開始。

2019年以降は本格的に日本発売前のプレ・オーダー対象モデルを拡充していくことを決定した。第1弾として、電気自動車を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」で、バッテリー容量を94Ahから120Ahに向上させた「i3 新型バッテリー」モデルのプレ・オーダーが開始。


emblem_BMW.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社http://www.bmw.co.jp/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ルノールーテシアRSトロフィー アクラポヴィッチ

ルノー「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ」

チタン×ステンレスコンポジットマフラー搭載

1.jpg

ルノー・ジャポンは、限定車「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ」を発売。

6.jpg

直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボエンジンに6速EDCを組み合され、最高出力222PS/6050rpm、最大トルク260Nm(26.5kgfm)/2000rpmを発生。

7.jpg

リアエアディフューザーにエキゾーストメーカーのアクラポヴィッチとルノー・スポールが共同開発した「チタン×ステンレスコンポジットマフラー」を装着。

2.jpg

専用開発品だけあり、車両とのマッチングは細部まで研究されている。

3.jpg

最高回転領域での出力が約2馬力向上し、胸をすく加速と快音を奏でる。(左右2本出し)

4.jpg

5.jpg

ボディカラーは「ジョン シリウス M」(15万6600円高)、「ブラン グラシェ」の2色を設定。

車両価格は344万円。

emblem_Renault.jpg ルノー・ジャポン株式会社http://www.renault.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ国内売り上げ過去最高

ポルシェ、2018年の日本での販売台数が過去最高を記録

前年比3.5%増の7166台

1.jpg

ポルシェジャパンは、ポルシェの日本国内における2018年新車販売台数が、前年比3.5%増の7,166台(2017年:6,923台)となったと発表。これによりポルシェジャパンは、2009年から9年連続で年間販売台数増加を記録。<数値は JAIA(日本自動車輸入組合)調べ>

モデル別では、2017年に導入した4ドアスポーツカーである「パナメーラ 」の第2世代の販売台数が、過去最高を記録。また2018年中頃に導入したスポーツSUVの「新型カイエン」もこの伸張に大きく貢献した。

ポルシェジャパン社長の七五三木敏幸は、次のように述べた。「2018年は、ポルシェ生誕70周年という記念すべきアニバーサリーの年でした。その大きな節目に、このような記録を達成できたことは、お客様のご支持あってのことと、大変感謝しております。そして高品質なサービスを提供した全国のポルシェ正規販売店の活動が、お客様の満足度を高めた結果と確信します。ポルシェジャパンでは、ポルシェ初の電気自動車『タイカン』の2020年国内導入に向けての取り組みや、スポーツドライビング体験提供の場として千葉県木更津市に設立する施設『ポルシェエクスペリエンスセンター』開設プロジェクトなど、より一層魅力的な企画を実施してまいります。」

ポルシェAGでは、2018年世界新車販売台数が前年比4%増の25万6,255台(2017年:24万6,375台)を記録。モデル別ではパナメーラの伸びがもっとも大きく、前年比38%増加。ポルシェのアイコンである911もフルモデルチェンジ前にも関わらず、前年比10%増と引き続き熱狂的な支持を得ている。セールスおよびマーケティング担当取締役を務めるデトレフ・フォン・プラテンは次のようにコメント。「新型911の人を魅了する力はこれまで以上に強くなっています。2018年末にロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たした新型911は、スポーツカーのアイコンとしての印象をより多くのお客様に与えました。」


emblem_porsche.jpg
ポルシェ ジャパン株式会社https://www.porsche.com/japan/



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ロータスエキシージ カップ430

ロータスエキシージ カップ 430

436PSを発生

1.jpg

エルシーアイはロータス「エキシージ カップ 430」の販売を開始。

2.jpg

3.jpg

エキシージ カップ 430をベースに、ボディカラーには通常カラーとして選択できない特別限定カラー「ビビッドグリーン」(4台)、「デイトナブルー」(4台)、「バトルシップグレー」(2台)を用意。

4.jpg

フロントクラムシェルにはカーボンファイバー製ダクトを採用し、フロントホイールハウスで発生する空気の乱れやドラッグを低減する。拡大されたラジエター開口部と新採用のメッシュグリルがフロントマスクの印象を変え、新型フロントスプリッターとエアカーテンメカニズムによるドラッグの低減も図る。

5.jpg

V型6気筒DOHC 3.5リッター「2GR-FE」型エンジンとスーパーチャージャーの組み合わせ。最高出力436PS/7000rpm、最大トルク440Nm(44.9kgfm)/2600rpm-6800rpmを発生。0-100km/h加速は3.3秒、最高速は290km/h。徹底した軽量化により、1059kg。カーボンパーツやチタン製マフラーなどを採用している。

6.jpg

英APレーシング製の4ピストン鍛造ブレーキキャリパーと2ピースJフックブレーキディスクを前後に備えたブレーキシステムは、ロータス最強。軽量なボディに強烈なストッピングパワーを与える。フロント:215/45 ZR17、リア:285/30 ZR18はミシュラン「Pilot Sport Cup 2」。マットブラックペイントの超軽量の鍛造ホイールを装備。

7.jpg

8.jpg

ロータス特注のカーボン製レースシートと軽量の新型シートレール、カーボン製ドアシルを採用。


m_emblem_lotus-6e151-0c910.jpgエルシーアイ株式会社http://www.lotus-cars.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -