So-net無料ブログ作成
検索選択

アウディe-tronスポーツバック

アウディ「e-tron スポーツバック コンセプト」公開

オート上海2017会場で発表(現地レポート)

09.jpg

アウディは「オート上海2017」の会場でEV(電気自動車)のコンセプトモデル「e-tron スポーツバック コンセプト」を公開。このモデルは、2019年に市販化が予定されている。

07.jpg

2019年販売に向けてほぼこのままの姿で登場するという。

15.jpg

14.jpg

4ドアSUVクーペデザインの「e-tron スポーツバック コンセプト」は、全長4900mm×全幅1980mm×全高1530mm、ホイールベース2930mmと堂々たるボディサイズである。

A172938_medium.jpg

フロントアクスルに1つ、リヤアクスルに2つの電気モーターをそれぞれ設置して4輪を駆動するお得意の「クアトロシステム」を採用。320kWという強力なモーターを搭載し(ブーストモードでは370kW)0-100km/h加速は4.5秒とスポーツカーすら凌ぐ動力性能を発揮する。バッテリー容量は95kWhと大容量で、500kmを超える航続距離(NEDC)を可能。

10.jpg

08.jpg

インテリアは近未来的なデザインを採用している。メーターは専用の「アウディバーチャルコクピット」

11.jpg

リアコンビネーションライトはフルLED。より立体的なデザインを採用している。

12.jpg

特徴的な「フォーシルバーリングス」のエンブレム

A172946_medium.jpg

A172945_medium.jpg

A172947_medium.jpg

19.jpg

「e-tron スポーツバック コンセプト」をオート上海で初公開したのは、中国は電気自動車市場をリードできるからである。これからインフラも容易であることや、大気汚染による環境問題改善もそれにあたる。充電ステーションも増加され、2017年末までにはさらに25万カ所を超えるという。

 

emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(4) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAクラスセダン

メルセデスベンツ「Aクラス」のセダン「コンセプト A セダン」公開

オート上海2017会場にて世界初公開

01.jpg

メルセデス・ベンツは、「オート上海2017」で「コンセプト A セダン」を公開すると発表した。

02.jpg

03.jpg

07.jpg

アルミホイールは20インチという大口径を採用している。

04.jpg

「Aクラス」のセダンとなるコンセプトモデルで、市販化の可能性は極めて高いモデルである。「Aクラス」をベースとしながらもボディサイズは堂々としたもので、全長4570mm×全幅1870mm×全高1462mm。一例として「Aクラス」と共通のプラットフォームを採用する「CLA クーペ」と比較した場合、100mm短く、90mm広く、32mm高いサイズ。

10.jpg

「メルセデスAMG GT R」のようなパンアメリカーナグリルが採用。クーペスタイルのボディと相まって迫力満点だ。

09.jpg

コンビネーションライトは「矢」をイメージしたもので、アグレッシヴな印象を見るものに与える。

詳細な情報が入り次第、再度お伝えいたしますので、お楽しみに。

 

emblem_mercedes-benz.jpg メルセデスベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

アウディ新型 A8 情報

アウディNEW 「A8」 今夏登場予定

05.jpg

アウディのフラッグシップサルーンである新型「A8」が2017年7月にスペイン・バルセロナで行われる「アウディ・サミット」において発表される予定という情報が入った。写真は、2014年に発表された「アウディ・プロローグ・コンセプト」だが、このデザインが基本になっており、フラッグシップらしい堂々たるものになるという。

06.jpg

新型アウディ「A8」の公道でのテスト。シングルフレームグリルも、大幅に変更され、幅広さも印象的。また六角形になったグリルが、前衛的な顔つきになることは間違いない。

07.jpg

雪上といえば「アウディ」と言われるほど。徹底した雪上での走り込みが行われた模様。

02.jpg

「アウディ・プロローグ・コンセプト」

01.jpg

公道テスト中の新型「A8」

比べてみても、コンセプトモデルとほぼ同じスタイリングで販売されることが分かる。薄く横長のLEDコンビネーションライトは、テスト車でも同一。クーペのようなサイドラインも新型「A8」の特徴だろう。

04.jpg

「アウディ・プロローグ・コンセプト」

03.jpg

雪上テスト中の新型「A8」

搭載されるエンジンは複数存在し、ベーシックなV型6気筒3.0リッターTDIディーゼルエンジンは、最高出力272PS、最大トルク580Nmを発生。さらには、「アウディSQ7」にも搭載されるV型8気筒4.0リッター電動トリプルターボを搭載したディーゼルエンジンを搭載。最高出力435PS、最大トルクは怒涛の900Nmという。電動コンプレッサーと2つのターボチャージャーを組み合わせた次世代のエンジンで、ターボラグを最小限にし、ガソリンエンジンを完全に負かすユニットだ。

ガソリンエンジンでは、ベースモデルはまだ未定であるが、高性能版の「S8」では、V型8気筒4.0リッターツインターボエンジンで最高出力550PS、最大トルク770Nmを発生。最高峰モデルでは、W型12気筒6.0リッターエンジンを搭載し、最高出力608PS、最大トルク900Nmを発生。0-100Km/h加速は、3秒台後半で走りきるだろう。

ミリ波レーダー、12個の超音波センサー、レーザースキャナー、高解像度カメラの情報を統括して、NHTSA・レベル3の自動運転システムを搭載。最新鋭の高級サルーンでライバルのメルセデス「Sクラス」にどこまで差をつけられるか楽しみだ。

また、各照明やイルミネーションは有機ELを新採用。これまでのLED照明に比べ、全面発光で照度が高く、フィルム状のため、取り付け場所を選ばないため、 採用するという。

 

emblem_audi.jpg アウディジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ジャガーFタイプ 2.0L

ジャガーF-TYPEに2.0リッター直4のエントリーモデル登場

07.jpg

ジャガーのスポーツカーである「F-TYPE」。日本国内でも好調な売り上げを誇るモデルだ。同社に新設計の直列4気筒2.0リッターターボエンジンを搭載するエントリーモデルが追加。

01.jpg

軽快感を手に入れ、英国製スポーツカーらしさを手に入れたといえる。

02.jpg

バンパー形状は変更され、エアーインテークは開口部が大型化された。

05.jpg

センター出しのエキゾーストエンドが角形。コンビネーションランプはダークレンズに変更しLED発光部分がよりシャープに。

04.jpg

20インチアルミホイールはスタイリッシュ。ブレーキキャリパーは片押し式だが十分なストッピングパワーを実現。前後の重量配分はスポーツカーとして理想的な50:50を実現。

03.jpg

大型のエアーインテークはブラックに塗られる。ターンシグナル、ポジションランプ、ヘッドライトはフルLED。

◆新開発 直列4気筒2.0リッターインジニウムエンジン

06.jpg

直列4気筒2.0リッター インジニウム(Ingenimum)エンジンは、完全な新設計。オールアルミ製で軽量なのが特徴。ジャガーのスポーツカーである「F-TYPE」だが2.0リッターエンジンでスポーティな走りが可能なのか?という心配になるのが正直な感想だ。

最高出力は300PS、最大トルク400Nmを発生。車体重量がV型6気筒モデルに比べ52Kg軽量化し、車体重量は1524kg。このインジニウムエンジンは、1500rpm~4000rpmまで最大トルク400Nmという大トルクを持続するため、2.0リッターとは思えないパワフルな印象を受ける。0-100Km/h加速は5.4秒、最高速度は250km/hとスポーツカーとして十分な動力性能を有している。

スロットルバルブを持たないこのエンジンは、電子制御のバルフリフト機構で吸入空気量を調整するもので、BMW特許の「バルブトロニック」に近い構造。ツインスクロールターボは、 セラミックボールベアリングタービンでジャガー初採用。

省燃費性能も優れスポーツカーながら13.9km/L という数値を記録している。

 

emblem_jaguar.jpg ジャガー http://www.jaguar.co.jp/index.html


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アルファロメオ ステルヴィオ

アルファ ロメオ初SUVステルヴィオ クアドリフォリオ

New York Auto Showに登場

04.jpg

アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」。New York Auto Showには世界最速SUVと豪語する「ステルヴィオ クアドリフォリオ」を持ち込んだ。

(現地レポート)

01.jpg

Dセグメントサルーン「ジュリア」と同じFR/AWD用のシャシーを共通化したSUVモデル。FR由来のプラットフォームを使用したこともあって、前後重量配分は50:50という好ましい数値となった。同社は「世界最速のSUV」と豪語するだけあり、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、SUV最速ラップを叩きだしている。しかし、同じ会場で、700PSオーバーの「グランド・チェロキー・トラックホーク」が登場し、その名誉を守れるかは定かではない。

02.jpg

伝統のテレフォンダイアルホイールにフロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ社製キャリパーを装備。クーペボディのSUVスタイルは、サイドラインも美しい。現在のライバルは「メルセデスAMG GLC63」と言えるだろう。

03.jpg

大口径の4本出しエキゾーストエンドからは、アルファ・ロメオらしい官能的なサウンドを奏でる。

エンジンはV型6気筒2.9リッターツインターボを搭載し、最高出力505PS(一部欧州仕様では510PS)、最高速度284Km/hを記録するスーパーSUV。

05.jpg

インテリアはブラックを基調としたもので、SUVとは思えないバケットシートが装備される。

06.jpg

計器類はバーチャル式ではなく、物理メーターを採用。スピードメーターには330Km/hまで刻まれる。

 

emblem_alfaromeo.jpg アルファ ロメオ http://www.alfaromeo-jp.com/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

グランドチェロキートラックホーク

ジープ・グランド・チェロキー・トラックホーク現地取材写真蔵

New York Auto Showで最も注目されたクルマを現地から実車を撮影

06.jpg

現地に取材に出かけた知人のジャーナリストが撮影した写真が届いた。「グランド・チェロキー・トラックホーク」はNew York Auto Showで最も注目度が高かったスーパーSUVだ。

07.jpg

実際に展示車をみると大きく口を開けたエアインテークが迫力満点だ。

05.jpg

落とされた車高が 「グランドチェロキー」とは一線を画している。

01.jpg

エキゾーストエンドは4本出し。大型のディフィーザーもSUVのものとは思えないもの。

02.jpg

11.jpg

2.5トンを止めるにはこれだけの容量のブレーキが必要

20インチ専用軽量ホイール(もっと大口径でも似合うと思うのだが)にブレーキは専用設計で、フロントはイエローペイントのブレンボ製6ポット・キャリパーとφ400mmのディスク、リアがブレンボ製4ポット・キャリパーとφ350mmのディスクという一級性能を有するスポーツカーと遜色のないもの。

◆V型8気筒6.2リッターエンジン

10.jpg

08.jpg

V型8気筒6.2リッタースーパーチャージャーエンジンは、ダウンサイジングなどクソくらえ(失礼)の大排気量。トランスミッションは、強化されたトルクコンバーター式8速オートマチックが組み合わされる。

最高出力は、怒涛の717ps、最大トルク89.2kg-mを発揮しSUVの市販車では最もパワフルなモデルである。0-100Km/h加速はなんと3.5秒!ポルシェ「カイエン・ターボS」ですら、追い詰める事ができるだろう。

09.jpg

実車のインテリアはスポーツカーのようなホールド性の高いシートとシルバー&レッドのコーディネイトがスポーティ。スピードメーターは320Km/hまで刻まれ、流行りのバーチャルコクピットは採用していない。



m_yjimage-ca29e.jpg ジープ http://www.jeep-japan.com/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ヴァンキッシュS レッドアローズ

アストンマーティン「ヴァンキッシュ S Red Arrows Edition」

イギリス空軍「レッドアローズ」をインスピレーション

03.jpg

アストンマーティンは、オーダーメイドサービス「Q by Aston Martin」が製作した10台限定モデル「ヴァンキッシュ S Red Arrows Edition」を発表。シックな色が多いアストンマーティンだが、目にも眩いレッドとヴァンキッシュSがスペシャリティ感を振りまいている。

01.jpg

02.jpg

「ヴァンキッシュ S Red Arrows Edition」はイギリス空軍の戦闘機のよるアクロバットチームから影響を受けたモデルで発表も「セント・アサン元空軍基地」で開催された。同社第二の生産拠点もこの場所になるという。

あまりに眩い「エクラレッド」をボディカラーに採用し、各部カーボンファイバーパーツには、ホワイトとブルーに塗られる。V12の官能的なサウンドを発するのは、チタニウム製エキゾーストを採用。

04.jpg

ルーフパネルは、戦闘ジェット機のキャノピーデザインを模したもの。

05.jpg

インテリはまるで戦闘機のようだ。パインウッドグリーンのインサートや、革紐部分をグリーンにしたシートベルトなど、レッドアローズとイギリス空軍にちなんださまざまなディテールを採用している。戦闘機のインストルメントパネル、スイッチギアからヒントを得た、「ロータリートグルスイッチ」を設置しスパルタンな空間を演出。

「ヴァンキッシュ S Red Arrows Edition」の購入者にはシート後部に収まるレーシングヘルメット、レーシングスーツ、専用刺繍が施されたボンバージャケット、ヴァンキッシュ S専用の旅行カバンセットがセットとなる。

 

m_09-25734.jpgアストンマーティンジャパンhttp://www.astonmartin.com/ja


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

アウディR8 LMS GT4

アウディGT4 新マシン「R8 LMS GT4」世界初公開

New York Auto Showで世界初公開

09.jpg

08.jpg

アウディAGは生産モデルの「R8」をベースにしたレーシングマシーン「R8 LMS GT4」をニューヨークオートショーで世界初公開した。「R8 LMS GT4」のデビュー戦はドイツ・ニュルブルクリンク24時間レースとなる。

07.jpg

左右それぞれ37個のLEDを備えた「LEDマトリックスヘッドライト」を標準装備しサーキットでも高い視認性を確保する。

(現地レポート)

05.jpg

今回世界初公開された「R8 LMS GT4」はFIA GT4の規定に沿った車両で、市販モデルの「R8 クーペ(V10)」がベースとしてレーシングマシーンを造り上げた。

06.jpg

市販の「R8クーペ」と60%以上の構成部品が共通であり、市販車ベース。生産はドイツ・ベーリンガーホフ工場で行なわれる。

04.jpg

「R8クーペ」のディテールの残しながらも、「アウディスポーツ」の巨大なリアウイングが装備され、強大なダウンフォースを生み出す。

「Audi Sport GmbH」でマネージングディレクターを務める「ステファン・ヴィンケルマン」氏のコメントでは、「Audi Sport GmbH」は、「GT3」と「TCRカスタマースポーツ」に最も多くのレーシングカーを供給しているメーカーだ。現在は、「GT4クラス」に向けても活動を行なっている。アウディの高い技術力で戦闘力の高いマシンを今後も供給し、優秀な成績を収めるだろうということである。

 

emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

グランドチェロキートラックホーク

ジープ・グランド・チェロキー・トラックホーク

New York Auto Showで世界初公開

01.jpg

北米はSUV大国といっても過言ではない。競合激しい市場であるが、老舗Jeepから怒涛のSUVが登場した。その名は「グランド・チェロキー・トラックホーク」。世界最速SUVといえるモデルだ。

07.jpg

一見すると、「グランドチェロキー」と大きな差がないように見える。

03.jpg

リアに回り込むと大型のディフィーザーに左右に振り分けられた4本出しのエキゾーストエンドからは、大迫力のV8サウンドを響かせる。

08.jpg

ブレーキは専用設計で、フロントはイエローペイントのブレンボ製6ポット・キャリパーとφ400mmのディスク、リアがブレンボ製4ポット・キャリパーとφ350mmのディスクという一級性能を有するスポーツカーと遜色のないもの。

アルミホイールは専用の軽量化された20インチ。タイヤはピレリを指定としている。

また、ビルシュタイン製のアクティブダンパーを備え、5段階から減衰力を変化できる。

◆エンジンパワーは怒涛の717PS!!

02.jpg

V型8気筒6.2リッタースーパーチャージャーエンジンは、ダウンサイジングなどクソくらえ(失礼)の大排気量。トランスミッションは、強化されたトルクコンバーター式8速オートマチックが組み合わされる。

最高出力は、怒涛の717ps、最大トルク89.2kg-mを発揮しSUVの市販車では最もパワフルなモデルである。0-100Km/h加速はなんと3.5秒!ポルシェ「カイエン・ターボS」ですら、追い詰める事ができるだろう。

また、2.5トンもある「グランド・チェロキー・トラックホーク」であるが、最高速度は289km/hに達する。当然ながら、4輪駆動で、電子式リミテッド・スリップ・デファレンシャルと専用のリア・アクスルによりスーパースポーツを凌ぐ強烈な加速性能を実現している。

04.jpg

インテリアは少々大味であるが、スポーティなカラーリングは専用だ。

06.jpg

センターコンソールには車両の設定を変化させるタッチパネル式大型モニターを装備。レブカウンターも表示可能。

09.jpg

専用メーターには200マイル(320Km/h!)まで刻まれている。

10.jpg

日本への導入は未定であるが、車両価格は約1100万円と予想される。SUVに700PSオーバーのパワーを絞り出し、それここまでやるか!というのが、「グランド・チェロキー・トラックホーク」だ。

 

yjimage.jpg ジープ http://www.jeep-japan.com/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ボルボ S60 T8

Volvo S90 T8 Twin-Engine PHEV 2018

New York Auto Showで最高峰サルーンT8を発表

06.jpg

ボルボS90の中でも最高峰モデルとなるPHEVのT8

プラグイン・ハイブリッドで、直列4気筒DOHC16バルブにターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせた1968ccエンジンにフロントとリアにモーターを搭載。エンジンパワーは最高出力320ps/5700rpm、40.8kg-m/2200-5400rpm。モーターパワーはフロント34ps/2500rpm、16.3kg-m/0-2500rpm、リアが35ps/7000rpm、24.5kg-m/0-3000rpmを発生。システム合計出力は、400PSを超える。モーターのみでの走行も可能で、最高速度は125km/h、モーター走行距離は35.4km。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

ライバルはレクサス「GS450h」という堂々たるボディは高張力鋼板の使用を20%向上させたSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)が採用。SPAは同社「XC90」の採用され、「S90」にも採用された。

05.jpg

北欧モダンを取り入れたインテリアはゲルマン系の高級車とは一線を画す独自の上質感を持つ。メーターはバーチャル式。センターコンソールには、車両設定、空調、オーディオ、ナビゲーションを表示する大型モニターを配置。

 

emblem_volvo.jpg ボルボ・カー・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車