So-net無料ブログ作成

アウディRS4,5カーボンエディション

アウディRS4とRS5に、軽量な「カーボンエディション」追加

RS4は60kg、RS5は80kgの軽量化を達成

01.jpg

RS4

アウディのRS4とRS5に、軽量なカーボンエディションが登場。 スーパースポーツ並みの高性能なRS4とRS5のポテンシャルをさらに引き上げるべく、カーボンパーツの数々が追加された結果、RS4は60kg、RS5は80kgの軽量化を達成した。

02.jpg

03.jpg

「RS4カーボンエディション」は、フロントスポイラー、サイドステップ、リアディフューザー、ドアミラーカバーなどが、カーボン製の軽量パーツに変更されている。

RS5カーボンエディション

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

「RS5カーボンエディション」は、「RS4カーボンエディション」と同様のカーボンパーツの他に、カーボン製ルーフと、カーボン製リアスポイラーが追加され上級車種ならではの充実装備となっている。

08.jpg

RS4およびRS5カーボンエディションには、専用の5スポークの20インチホイールに変更され19インチから20インチへと大口径化された。しかし一本あたり2キロほど軽量化されている。アウディスポーツによって開発されたこのホイールは鍛造製。デザイン面、ブレーキ冷却性、強度などに優れている。

09.jpg

パワーユニットは通常のRS4/RS5と同様。 2.9リッター・V6ツインターボは、最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生。
パフォーマンスには変化はなく、0-100km/h加速は、RS4カーボンエディションが4.1秒、RS5カーボンエディションが3.9秒。十分すぎるパフォーマンスはそのままに、コーナリング性能、燃費などを重視したチューニングという事。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ルノー トゥインゴGT

ルノー「トゥインゴGT」限定先行販売

専用チューニングエンジン&MTを組み合わせたホットハッチ
「トゥインゴ歴」“日本最長”の筆者も最も気になる一台

01.jpg

03.jpg

07.jpg

ルノー・ジャポンは、「ルノー・スポール」が手掛けた「トゥインゴ」の限定車「トゥインゴGT」を10月19日に発売。今回限定発売されるモデルは5速MTだが、2018年に5速MTとデュアルクラッチの6速EDC仕様を加え発売する。

04.jpg

リアに搭載される直列3気筒DOHC 0.9リッターターボエンジンはるノースポールの専用チューニングが施されており、最高出力109PS/5750rpm、最大トルク170Nm/2000rpmを発生。コンパクトなボディを機敏に加速させる。

05.jpg

エンジンの性能向上に合わせ、ダンパーの減衰力やアンチロールバーの直径が大きいものに変更されている。

08.jpg

コンセプトカー「Twin’Run」に装着されていたものと同じデザインの17インチアロイホイールを装着。大口径のデュアルエキゾーストエンドから迫力あるサウンドを響かせる。

02.jpg

「トゥインゴGT」ではエアインテークの位置をリアフェンダー上部に変更したことで、ターボチャージャーに入る空気の温度を12%低下させ、エンジンの吸気流量が23%向上。見た目の迫力も満点である。

09.jpg

インテリアは、オレンジアクセントが各所に施されている。 兄弟車の「スマートブラバス」には、レブカウンターが装備されるが、「トゥインゴGT」には、装備されていないのは、トゥインゴ乗り22年の筆者には残念である。

10.jpg

コクっと入るシフトレバーは、小気味いい。オレンジアクセントがスポーティである。

11.jpg

スポーツシートは、ホールド性も向上している。オレンジのラインがオシャレだ。

10月19日に発売。価格は224万円。


emblem_Renault.jpg
ルノージャポン http://www.renault.jp/





nice!(1) 
共通テーマ:自動車

VWゴルフ R420

VWゴルフ R420 究極のゴルフを開発中

420PSを発揮する究極のハッチバック

01.jpg

02.jpg

フォルクスワーゲンが2014年の北京モーターショーで公開した、「ゴルフ」最強モデル「R400」の進化版で市販車に限りなく近い「R420」をニュルブルクリンク北コースでテスト中である。市販化は確実といえる。

03.jpg

「R420」は、市販化へ向け開発を進めているモデル。エクステリアにはカーボンファイバー製エアロキットを搭載し、一般の「ゴルフR」より100kg程度の軽量化を実現している。エンジンは「EA888」で改良を重ねた結果、最高出力はなんと420PSという怒涛のパワーを発揮する。0-100km/h加速はスーパースポーツも真っ青の3.7秒という。最高速度も300Km/hを超えると見られる。

04.jpg

フロントには、アウディ「RS3」同様のウェーブ状のディスクローターとVWでは「トゥアレグ」を除き初採用となる6ピストンキャリパーが見える。

05.jpg

エキゾーストエンドは、オーバルタイプの2本出し。こちらもアウディのRSモデルを彷彿とさせるものである。世界最速のハッチバックの登場が待ち遠しいところだ。

m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(6) 
共通テーマ:自動車

プジョー新型SUV 5008

プジョー3列7シーターの新型SUV「5008」

グレードは2種類。前輪駆動、6速ATを搭載

01.jpg

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、3列シート7人乗りの新型SUV「5008」を発売。

02.jpg

5008 Allure

03.jpg

5008 GT BlueHDi

06.jpg

ボディサイズは全長4640mm×全幅1840(GT:1860mm)×全高1650mm、ホイールベースは2840mm。プジョーのSUVでは最大のサイズで、広大な室内空間を誇る。

04.jpg

直列4気筒 1.6リッターガソリンターボ最高出力165PS/最大トルク240Nmを発生。「5008 Allure」に搭載される。

05.jpg

直列4気筒 2.0リッターディーゼルターボは、最大出力180PS/最大トルク400Nmを発生。最高グレードの「5008 GT BlueHDi」に搭載される。最高グレードがディーゼルモデルというのは、プジョーらしいところ。GT BlueHDiでは、マッド&スノーのオールシーズンタイヤを装着。同車は全てが前輪駆動であるが、「アドバンストグリップコントロール」(5モード。ヒルディセント機能含む)を搭載して、砂や泥など様々な路面に対して最適なトラクション制御を行なう。トランスミッションは、粘り強いトルクコンバーター式6速ATとなる。

07.jpg

2列目シートは独立3座を採用。それぞれ150mmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能である。ラゲッジルームは、5名乗車時では762L、2列目シートを畳んだ2名乗車では1862Lの容量を実現。プジョーのSUVでは最大の積載量を誇る。

08.jpg

個性的なコクピットを採用。6速ATのパドルシフトを装備されている。

09.jpg

メーターは、バーチャル式メーターを装備。高精細液晶モニターは高い視認性を誇るもの。

車両価格は404万円~454万円。


m_emblem_peugeot-d09f9.jpg プジョーシトロエンジャポン株式会社 http://www.peugeot.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

マクラーレン570S スパイダー

マクラーレンオープンモデル「570S スパイダー」をアジア初公開

03.jpg

04.jpg

マクラーレン・オートモーティブは報道関係者向けに「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」内の大さん橋ホールで、「570S」のオープンモデル「570S スパイダー」の発表会を開催。

英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初公開された570S スパイダーは今回アジアでは初公開となった。

01.jpg

ボディサイズは、全長4530mm×全幅1930mm×全高1202mm。

02.jpg

V型8気筒3.8リッターツインターボエンジンを搭載し、最高出力570PS/7500rpm、最大トルク600Nm/5000-6500rpmを発生。トランスミッションは専用のデュアルクラッチ7速SSGを搭載。パフォーマンス面では、0-100km/h加速は3.2秒、0-200km/h加速は9.6秒と世界一級の加速性能を有している。最高速度は328km/h(オープン状態でも315km/hを記録。)

06.jpg

ナッパレザーを採用したホールド性に長けたシートは最高級の素材を採用している。

05.jpg

新デザインのメーターはモニター式のバーチャルタイプを採用した。また表示も日本語に対応。


emblem_mclaren-dfea1.jpg マクラーレンジャパン http://www.tokyo.mclaren.com/


nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アウディ新型SQ5登場

アウディスポーツモデルSUVの新型「SQ5」

最高出力は354PSを発揮

04.jpg

アウディ ジャパン株式会社は、フルモデルチェンジした同車の最高グレードでスポーツバージョンの新型「SQ5」を10月2日に発売。

06.jpg

05.jpg

07.jpg

モジュラーテクニカルプラットフォームのMLB evoを採用した新型「SQ5」は、ダンピングコントロール機能付きスポーツサスペンションを標準装備。オプションで、走行速度や切り角に応じてステアリングギヤレシオを可変制御する「ダイナミックステアリング」を装着することも可能。

02.jpg

V型6気筒DOHC 3.0リッターターボエンジンを搭載。最高出力354PS/5400-6400rpm、最大トルク500Nm/1370-4500rpmを発生。駆動方式は「クアトロシステム」を採用。トランスミッションはデュアルクラッチの8速Sトロニック。JC08モード燃費は11.9km/Lとハイパワーながら立派だ。

03.jpg

専用デザインの20インチ5ツインスポークのアルミホイール。フロントにはレッドに塗られた6ピストンキャリパーが装備され、「S」の刻印が入る。

10.jpg

ホールド性の高い本革シートを採用している。

09.jpg

明るく開放的な車内は、見切りの良いものとなっている。ステアリングホイールやシートに施されたステッチや、カーボン仕上げのデコラティブパネルがスポーツモデルの証である。

08.jpg

モニター表示による「アウディバーチャルコクピット」は多彩な表示が可能となっている。

01.jpg

新型「SQ5」は10月2日に発売。車両価格は887万円。


m_emblem_audi-d54df.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

BMW E46 318i 完全復活

BMW 3シリーズ 318i E46完全復活

なんと今まで“3気筒”で走行していた!
廃車を検討しましたが、“駆け抜ける喜び”が復活!

IMG_0603.jpg

シルバーのボディは、こまめな手入れで、今でもシャープな輝き、光沢をを保っていますが、エンジン不調が顕著になり、ついに手放す覚悟で、BMW正規ディーラーへどうにかたどり着きました。

IMG_0600.jpg

メーターパネルには、エンジンチェックランプの常時点灯をはじめ、切れてもいない灯火切れ表示、エアバック警告灯と実ににぎやかです。エンジンチェックランプに関しては、いつも眺めているので、もう慣れっこです。オンボードコンピューターは問題なく、ドット欠けもありません。

このクルマは、筆者が日頃の移動用に乗っているBMW 「E46 318i Mスポーツ」。母親が交通事故に遭ったため、現在は山梨県内での移動用として、甲府市にあるの母親の実家に駐車してあります。
しかし、アイドリングの振動は、“奥歯ガタガタ”というレベルにまで悪化。排気音はまるで単気筒のオートバイのようなビートを刻むように・・・。さらに、シグナルスタートでは、軽自動車にも置いていかれてしまうありさま・・・。『もう、これは、BMWの資質がない、手放そう!』と決め、最後に山梨県内のBMW正規ディーラーの門を叩きました。

IMG_0605.jpg

もうすっかり秋空ですね。澄み渡った「甲府」の空。富士山も顔を出してくれました。

IMG_0623.jpg

訪れたのは、山梨県唯一のBMW正規ディーラーである「Yamanashi BMW」。広大なスペースにショールームとサービス工場を併設し、「1シリーズ」から「i3」まで工場は賑わっていました。

IMG_0608.jpg

IMG_0611.jpg

「Yamanashi BMW」の広大なショールームのソファーに案内され、約2時間ほど待っておりました。気持ちとしては、修理箇所が多すぎる?部品がない?高額な費用が掛かる?この場で廃車手続きをして歩いて帰るか?など色々考えておりました。

まずは、ボッシュ製のテスターでエンジン診断を行うと、なんと1番シリンダーが死んでいることが発覚。ということは、なんと“3気筒で走っていた”ことになります。
最新の3シリーズである「F30型」318iには、直列3気筒1.5リッターターボ「B38B」ユニットを搭載していますが、「E46 318i」は当然4気筒です。幸い「Yamanashi BMW」のサービス工場に部品在庫があるいう事で、おもいきって修理をすることに。交換パーツは、イグニッションコイル、プラグ、オイル交換を行いました。また、リコール対象車両であったため、運転席、助手席のエアバックも全交換。

さらに待つこと1時間半。同社サービス部より、「完全に治りました。ウソのように調子がよくなりました。帰り道はBMWを堪能できます」とのこと。これは、楽しみで仕方ありません。

飛びこみ予約で、迅速、丁寧にご対応して頂いた「Yamanashi BMW」のスタッフの皆様、この場を借りて御礼申し上げます。

IMG_0644.jpg

メーターパネルに焼きついていたエンジンチェックランプがついに消え、異常を伝える警告灯が全て消えてくれました。アイドリングも安定し、タコメーターの指針も900rpmでピタッと張り付いています。

IMG_0651.jpg

運転席、助手席のエアバックシステムもリコール対象車両だったため全交換。運転席側のステアリングの中央部分が新品になり、鈍い光沢を放っています。

IMG_0653.jpg

BMW特許の「バルブトロニック」付き直列4気筒2.0リッターDOHC16Vエンジン「N42B20A」ユニットは完全に復活。エンジンからの振動はウソのように収まりました。同時に最高級オイルを交換。

IMG_0630.jpg

IMG_0631.jpg

IMG_0640.jpg

廃車を検討していた「E46 318i Mスポーツ」ですが、最高出力143PS、最大トルク200n・m(20.4kg・m)/3750rpmを発生する自然吸気エンジンは、低速から、トルクフルに加速し、ZF社製5ATをSモードに入れると、レッドゾーンの始まる6800rpmまでシャープに吹け上がり、“これぞBMW”といった走りを味わえます。

購入当初から調子が悪く、度々不快な振動やアクセル開度に加速がリンクしないといった症状が多々発生しましたが、現在、最も調子のいい状態に変貌しました。

IMG_0648.jpg

秘密のテストコースでエンジンパワーを最大限に引き出しましたが、高速域での追い越し加速も迅速で、たとえ「E46 318i」でも、日本離れした速度まで容易に到達。また、その安定性の高さも未だに国産セダンの比ではありません。

関連記事:BMW 3シリーズ 318i E46持病悪化






m_emblem_BMW-b57db.jpgYamanashi BMW 甲府外車販売株式会社
http://www.yamanashi-bmw.jp/jp/yamanashi-bmw/ja/index.html



 

nice!(5) 
共通テーマ:自動車

ダミーセキュリティ LF-30

大自工業ダミーセキュリティLF-30

『カー用品レビュー』 数あるダミーセキュリティで最もオススメ!

02.jpg

自動車整備用品で最大手の大自工業株式会社より発売されている「ソーラーLEDライトLF-30」。筆者は某カー用品誌などの企画で数多くのダミーセキュリティを試みましたが、この製品が現在最もベストということで今回紹介します。

01.jpg

実勢価格1000円プラスほどで販売されていますが、スタイリッシュなデザイン、質感などは、4~5000円のものと同等、もしくはそれ以上です。左右には、懐中電灯として使用できる白色LEDが2個、中央には、セキュリティとなる青色LEDが装備されています。

IMG_0442.jpg

フロントには、光沢レッド塗装のアクセントが施してあり、スポーティな雰囲気で愛車に装着してもスタイリッシュにキマります。

IMG_0443.jpg

上部には大型のソーラーパネルを装備しており、7時間のソーラー充電でセキュリティモードの青色LED球1個の点滅時間は、約8時間の稼動、懐中電灯として使用できる白色LED球2個は点灯時間約30分である。樹脂の仕上げも高級感のあるつや消し仕上げ。

IMG_0444.jpg

後部にはモードスイッチがあり、中央がオフ。左が懐中電灯モード、右がセキュリティモードである。

IMG_0446.jpg

本体には、取り外し可能なホルダーが付属している。

IMG_0508.jpg

懐中電灯モード。高輝度白色LEDが2灯点灯するため、直視できないほど眩しい。フル充電で30分の連続点灯が可能のため、夜間車内で捜し物をする際に重宝しそうだ。

03.jpg

車内の日光のあたる部分に設置。現在販売されているダミーセキュリティでは最もスタイリッシュといえるデザインは車内のイメージを崩すことは無い。もちろん、耐熱仕様となっており、真夏の炎天下でも問題なく使用できる。

IMG_0592.jpg

IMG_0593.jpg

暗くなると自動的にセキュリティモードがオンになる。筆者が大自工業「ソーラーLEDライトLF-30」を選んだ理由は、非常に明るく、闇夜にブルーの閃光が点滅し、100m手前からでも確認できるほど。また、これらの製品は、購入してみないと明るさや点滅タイミングが分からないのが現実であるが、(自動車用品店の店内でチェックは出来ないですからね。)この「ソーラーLEDライトLF-30」は、約1.8秒に一回点滅とタイミングが早く、威嚇効果が非常に高いことが利点です。4000円で購入した同様の製品では、忘れた頃に点滅し、効果が期待できないものもありました。また、ソーラーパネルの充電性能が高く、曇りでもしっかり点滅してくれるのも嬉しい限りです。

04.jpg

ファミレスなど長時間停車する場合にも威力を発揮。遠くからでも自分のクルマがどこに停まっているか分かるほどの青い閃光が強烈です。
過去に数々のダミーセキュリティを購入した筆者ですが、この「ソーラーLEDライトLF-30」が優れている点は、スタイリッシュなデザイン、高級感、コストパフォーマンス。そして何よりインパクトのある青色閃光の威嚇効果と短い点灯タイミング。実勢価格1000円でこの性能、購入して満足できる製品であると自信をもってオススメできます。


キャプチャ.JPG 大自工業株式会社http://www.daiji.co.jp/
                       
製品情報 http://www.daiji.co.jp/products/product05/lf-30 


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ Q3 TT仕様変更

アウディ、「Q3」「TTS」「TT RS」の仕様を変更

01.jpg

「Q3」の仕様変更では、2.0 TFSI 220PSを廃止して2.0リッターエンジン搭載車の出力を180PSに一本化。パワーダウンをしてしまったのは、残念であるが、標準装備に「アウディパーキングシステム」「リアビューカメラ」「シートヒーター」を追加。また、「Q3 1.4 TFSI Sport」には「オートマチックエアコンディショナー」「運転席電動シート」「シートヒーター(フロント)」がセットになった「コンフォートパッケージ」を15万円高のオプションとして設定した。「Q3」は369万円~469万円。

02.jpg

「TT」全モデルで「スマートフォンインターフェース」とコネクト機能を充実させた。さらに「TTS」は「アウディパーキングシステム」を標準装備に加え、「TT RS」に設定された速度リミッターの上限が従来の250km/hから280km/hに変更されている。TTSが768万円、TT RSが989万円~1005万円。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アウディ新型Q5登場

アウディ、プレミアムミッドサイズSUV新型「Q5」登場

04.jpg

アウディ ジャパン株式会社は同社ミッドサイズSUV「Q5」を8年ぶりにフルモデルチェンジして10月2日に発売すると発表。

02.jpg

03.jpg

2世代目となる新型「Q5」は、新しいMLB evoのモジュラープラットフォームをベースに、デザイン、メカニズムを一新した。前後に5リンクのサスペンションを採用し、新開発の電動パワーステアリングと相まってスポーティなハンドリングと上質な乗り心地を実現している。

全長4680mm×全幅1900mm×全高1665mm、ホイールベースは2825mm。(初代モデルと比較して、全長は50mm、全高は5mm大きくなり、ホイールベースも15mm延長されたが、車体重量は60キロシェイプしている。)

直列4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンを搭載し、最高出力252PS/5000-6000rpm、最大トルク370Nm/1600-4500rpmを発生する。クアトロシステムを採用し、トランスミッションはデュアルクラッチの7速Sトロニックを採用している。Audi drive selectで「lift/offroad」「allroad」モードを含む7つのセッティングを選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応している。

歩行者検知機能付き衝突軽減システム「アウディプレセンスシティ」、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備。「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などが「Q5」シリーズでは初採用される。

01.jpg

10月2日販売開始。価格は657万円。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車