So-net無料ブログ作成
検索選択

アウディ RS5クーペ上陸

アウディ「オートモビル カウンシル2017」新型「RS 5 クーペ」を日本初公開

01.jpg

アウディ ジャパン株式会社は、今秋発売予定の新型「RS 5 クーペ」を、8月4日~6日に千葉県の幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル2017」で日本初公開する。

新型「RS 5 クーペ」はV型6気筒 2.9リッターツインターボエンジンを搭載。ダウンサイジングをしながらも、最高出力450PS、最大トルク600Nmを発生。トランスミッションはトルクコンバーター式8速AT(8速ティプトロニック)を組み合わせ、駆動方式はクワトロシステムとなる。価格は1257万円。(発売は秋)

02.jpg

オートモビル カウンシル2017のアウディブースでは、WRCで2度のチャンピオンになった伝説のドライバー、ヴァルター・ロール氏が実際に競技でドライブした車両「アウディ スポーツ クワトロ S1」とともに、「アウディ スポーツ クワトロ」と初代「アウディ クワトロ」を展示。モータースポーツファンにも楽しめる。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディサミット2017

レベル3自動運転を実現した新型アウディ「A8」

01.jpg

アウディはスペイン バルセロナにおいて「アウディ サミット 2017」を開催。このアウディ サミットにおいて、市販車として世界で初めてレベル3自動運転を実現する新型アウディ「A8」を世界初公開した。

02.jpg

アウディ サミット 2017で展示された量産版zFAS。このモジュールが新型アウディ「A8」に搭載されている。

03.jpg

新型アウディ A8のパワートレーン。

04.jpg

市販版A8に搭載したNVIDIA製のSoCは「Tegra K1」とのこと。このTegra K1は2014年に発表されたSoCで、192のCUDAコアを搭載。アウディはこれまでのzFASでもTegraシリーズを搭載してきており、プロトタイプからしっかり開発を進め、NVIDIA製Tegra K1と組み合わせることで市販車搭載可能なレベルまでzFASモジュールを小型化してきたことになる。

05.jpg
06.jpg

新型アウディA8では、4つのカメラによるサラウンドビュー、1つのフロントカメラ、1つのドライバーモニターカメラと、6つのカメラを装備。そこに、フロントレーザースキャナー、レーダー、超音波センサー(ソナー)といった多様なセンサーを加えたセンサーフュージョンでレベル3自動運転に必要な環境情報を手に入れている。そしてそれらをつかさどるのが、同社が独自に開発したブレインモジュール「zFAS」(ズィーファス)なる。

07.jpg

新型「A8」では、メーターは、アウディバーチャルコクピットを採用している。

08.jpg

センターコンソールも2つのタッチパネルを備え、物理スイッチを極力減らしている。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/





nice!(5) 
共通テーマ:自動車

レンジローバーヴェラール

新型ミッドサイズSUV「レンジローバー ヴェラール」

09.jpg

ランドローバーは、新型ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」の受注を開始した。1526万円の「FIRST EDITION」は2018年モデルのみで展開される限定モデルで、22インチの“スタイル9007アロイホイール”や「FIRST EDITIONバッヂ」のほか、「HUD」「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」「ATPC」「テレイン・レスポンス2オート」「アクティビティキー」などを標準装備。

01.jpg

03.jpg

02.jpg

ボディには80%以上にアルミニウムを使う軽量モノコック車体構造を採用し、パワートレーンではランドローバーで初めてとなる4気筒“INGENIUM”のガソリン&ディーゼルのターボエンジンなど4種類のエンジンを設定。 180PS/430Nmを発生するターボディーゼルのほか、4気筒のガソリンターボでは250PS/365Nmと300PS/400Nmの2種類のエンジンスペックを用意。最上級モデルでは、380PS/450Nmを発生するV型6気筒の3.0リッタースーパーチャージドガソリンエンジンを搭載する。

04.jpg

「デプロイアブル・ドアハンドル」。走行時などはドアパネルにドアノブが格納され、すっきりとフラットな面構成となる。

05.jpg

80km/h以上で走行しているときには550m先までハイビームで照らし、前方カメラで対向車や前方の車両を検知してハイビームが当たらないようLEDを調整して高い視認性を確保できる「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」を搭載。

06.jpg

リアのコンビネーションランプも全てLEDを採用している。

07.jpg

シンプルな機能美”を表現する装備として、2つの高解像度10.2インチタッチスクリーンで構成するインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を全車に標準装備。ボタンやダイヤル類を極限まで排除して直感的な操作感を実現し、各種設定をタッチパネルとロータリー・コントローラーで行なえるようにしている。

08.jpg

エンジンを切るとメーターも含め、ディスプレイがブラックアウトされる。

15.jpg

ヴェラールの内装では従来からあるレザー素材に加え、クヴァドラとのコラボレーションで生み出された「プレミアムテキスタイル」が自動車業界で初採用された。


emblem_landrover.jpg
ランドローバー http://www.landrover.co.jp/index.htm






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アウディ新型「A8」登場

アウディ新型「A8」 登場

バルセロナで開催されたアウディサミットでフラッグシップモデルが世界デビュー

https___www.audi-press.jp_press-releases_2017_07_20170711_058_new_Audi_A8_A178298_s.jpg

新型Audi A8は、独自のスタイルを確立したクルマであり、アウディデザインの新しい時代の幕開けを告げるクルマ。幅広い、直立したシングルフレームグリルが備わったフロントエンド、流麗にして力強いボディは、アウディブランドのコアバリューであるスポーティでエレガント、洗練されかつ先進的なスタンスを象徴している。新型Audi A8には、スタディモデルのAudi prologueにより予告されたスタイルが、市販モデルとして見事に昇華されている。このラグジュアリーセダンの力強い存在感は、全長5.17mの標準仕様も、13cmホイールベースが長いAudi A8 Lも変わりない。

Audi-A8-26.jpg

Audi-A8-25.jpg

クルマのドアを開けると、ユーザーインターフェースがすぐさま立ち上がる。ドライバーは、大型ディスプレイに指で触れることで、インフォテイメントシステムの操作を行う。センタートンネルコンソールにある2番目のタッチスクリーンは、エアコンディショナーと快適機能にアクセスするためのもので、同時にここからテキストの入力も行う。そのとき、ティプトロニックの幅広いレバーの上に手首を乗せたまま、例えば、検索のための文字入力ができるなど、快適にタッチスクリーンの操作を進めることが可能。2つのディスプレイのうちどちらかが作動したときには、チャイムとクリック感で、そのことがドライバーに伝える。ガラス調の操作ボタンも同様の反応を示す。音と触感によるフィードバックの組み合わせ、また、手を振る動作など共通のタッチジェスチャーを利用することで、新しいMMIタッチレスポンスは、非常に安全で、直感的に行えて、さらに素早い操作が可能になっている。

Audi-A8-7.jpg

https___www.audi-press.jp_press-releases_2017_07_20170711_058_new_Audi_A8_A178293_s.jpg

https___www.audi-press.jp_press-releases_2017_07_20170711_058_new_Audi_A8_A178295_s.jpg

新型Audi A8には、市販モデルとしては世界で初めてとなる高度な自動運転機能が搭載される。Audi AIトラフィックジャムパイロットは、中央分離帯のある比較的混雑した高速道路を60km/h以下で走行しているとき、ドライバーに代わって運転操作を引き受けます。センターコンソールにあるAIボタンを押すことで、この機能が有効となる。トラフィックジャムパイロットは発進、加速、ステアリング、ブレーキの各操作に対応。ドライバーはそうした操作を、注意して見守っている必要はない。ステアリングホイールから手を放したままでも大丈夫で、その国の法律で許されていれば、車載のテレビを視聴するなど、運転以外の行為を行うことも可能。システムが機能の限界に達した場合には、すぐさまドライバーに、運転操作に戻るよう通知がされる。

Audi-A8-33.jpg

Audi-A8-34.jpg

Audi-A8-18.jpg

Audi-A8-19.jpg

Audi-A8-29.jpg

技術的な視点から見ても、トラフィックジャムパイロットは革命的なテクノロジーといえる。自動運転中は常時、セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)が、様々なセンサーからのデータを照らし合わせることで、クルマの周辺の状況を導き出している。レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーに加えて、今回自動車分野では初めて、レーザースキャナーも採用。Audi AIトラフィックジャムパイロットの導入には、各国における法的枠組みを明らかにし、各々の市場におけるシステムの適用とテストが必要となる。アウディブランドの高い品質基準は、高度に自動化された運転の分野でも同様に適用。さらに、承認手続きの範囲とそのタイムスケールを世界中で遵守する必要がある。そのため、アウディでは、市販モデルにトラフィックジャムパイロットを導入するにあたって、段階的なアプローチを採用していく。 Audi AIリモートパーキングパイロットとAudi AIリモートガレージパイロットは、クルマを自律的に操作して、パーキングスペースもしくはガレージに導いてくれるともに、そこからクルマを出すことも自動で行う。そのときドライバーは、車内にいる必要はない。操作のスタートは、新開発のmyAudiアプリを使って手持ちのスマートフォンから行う。パーキング操作をする時、Audi AIボタンを押し続けるとmyAudiのアプリに、車載の360°カメラからの映像が映し出される。操作が完了すると、ティプトロニックが自動的にPのポジションに入り、エンジンとイグニッションがスイッチオフされる。

Audi-A8-28.jpg

ヨーロッパでの発売時点で、新型Audi A8には、286PSの3.0 TDIと340PSの3.0 TFSIの2タイプのV6ターボエンジンが設定。その後、2タイプの4リッターV8 435PSの4.0 TDIと460PSの4.0 TFSIが追加される予定。さらに、エクスクルーシブなトップエンジンとして、排気量6.0リッターのW12ユニットも設定される。
パワフルなプラグインハイブリッドドライブを採用したAudi A8 L e-tron quattroも、後日導入する予定。このモデルは、3.0 TFSIと強力な電気モーターの組み合わせにより、449PSのシステムパワーと700Nmのシステムトルクを発生。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/





nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アウディTTクーペ1.8限定車

アウディ「TT クーペ 1.8 TFSI」「lighting style edition」

110台限定発売。数々の専用パーツを装備

01.jpg

05.jpg

アウディ ジャパン株式会社は同社のスポーツクーペ「TT」シリーズのエントリーモデル「TT クーペ 1.8 TFSI」にスポーティな装備をまとった「TT クーペ 1.8 TFSI lighting style edition」を発売した。

02.jpg

フルLEDヘッドライト

03.jpg

18インチアルミホイール

04.jpg

ドアを開けるとアウディのフォーリングスを照らし出す「LEDドアエントリーライト」

「TT クーペ 1.8 TFSI lighting style edition」専用バンパー、ハイグロスブラック ラジエターグリル、プラチナムグレー リアディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴといった「S lineエクステリアパッケージ」をはじめ、「LEDヘッドライト」「18インチアルミホイール」、ドアを開けた際にアウディのブランドロゴ“フォーリングス”を照らし出す「LEDドアエントリーライト」を採用。

直列4気筒DOHC 1.8リッターターボエンジンを搭載し、最高出力180PS、最大トルク250Nmを発生。軽快なハンドリングが魅力的な一台である。トランスミッションは、デュアルクラッチの「7速Sトロニック」が組み合わされ、JC08モード燃費は16.6km/Lと省燃費性にも優れる。

車両価格は529万円で、ステアリング位置は右のみ。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/





nice!(2) 
共通テーマ:自動車

911 ターボ S 日本限定6台

ポルシェ「911 ターボ S エクスクルーシブ」シリーズ

日本限定6台発売。3334万円

01.jpg

ポルシェ ジャパン株式会社は、日本国内6台となる限定車「911 ターボ S エクスクルーシブシリーズ」の予約受注を開始した。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

「911 ターボ S エクスクルーシブ」シリーズは、英国の名誉あるモータースポーツイベント「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」で初公開された「Porsche Exclusive Manufaktur」ブランドの第1弾モデル。Porsche Exclusive Manufakturはポルシェ社内にある特注車を専門に扱う部門で、同部門が手作業により製造する世界500台限定のモデルとなる。

水平対向6気筒3.8リッターツインターボエンジンは、実に最高出力607PS/6750rpm、最大トルク750Nm/2250-4000rpmを発生。0-100km/h加速タイムは2.9秒、0-200km/hの加速タイムは9.6秒で、最高速は330km/h以上をマークする。

05.jpg

専用の鍛造ゴールデンイエローメタリックのデザインラインを施したブラック塗装のセンターロック20インチホイールを標準装備。同じくブラック塗装の「PCCB」(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)のブレーキキャリパーには、ゴールデンイエローメタリックの“PORSCHE”ロゴが刻印されている。

06.jpg

センターにレブカウンターを配し、速度計には350Km/hまで刻まれる。各所にゴールデンイエローのステッチが配された特別なコクピットに仕上がっている。

日本国内で販売される6台は、右ハンドル4台、左ハンドル2台。車両価格は3334万円。


emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社 http://www.porsche.com/japan/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

シトロエンC4 Shine

シトロエン、「C4」に新グレード「Shine」

7インチタッチスクリーンを搭載

01.jpg

シトロエンは7月10日、「C4」の新グレード「Shine(シャイン)」を発売した。

新グレードのShineは、直列3気筒 1.2リッターターボエンジンの「C4 Shine」、直列4気筒 1.6リッター ターボディーゼルの「C4 Shine BlueHDi」の2モデルを用意している。いずれも6速AT、5ドア、右ハンドル仕様となる。
エクステリアの最大の特徴は、ダイヤモンドカット加工を施したツートーン仕様となる新デザインの16インチホイールを採用。スポーティな印象を与えている。

02.jpg

インテリアには日本語表示対応のタッチスクリーンを標準装備。ブラインドスポットモニターを追加して安全性を向上させた。インテリアは昨今のシトロエンに比べると普通だが、国際戦略モデルなので、質感重視となっている。

車両価格は価格は259万~279万円。


c.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ国内向け装備拡充

ポルシェ 日本向けニューモデルの装備拡充

01.jpg

ポルシェ ジャパンは大幅に装備を拡充したニューモデルイヤーを発売する。

ニューモデルイヤーでは、全モデルラインのインテリアとエクステリアに多数のニューカラーを加えるとともに、インターネットサービス「ポルシェ コネクト」の機能を拡張。さらに、「911S」モデルの工場装着装備(ポルシェ エクスクルーシブ)として30psのパワーアップキットが注文可能となる。
ポルシェ コネクトについては、コンシェルジュによる個人向けオンデマンドサービスを日本でも開始。飛行機やレンタカー、ホテル、レストランなど予約ができるほか、コンシェルジュが目的地をポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)のナビに送信することも可能である。

02.jpg

ポルシェ エクスクルーシブでは、「911カレラS」「911カレラ4S」「911タルガ4S」の全モデルに30psの出力を増強して450psにパワーアップするキットを提供する。パッケージには、大型のターボチャージャー、ダイナミックエンジンマウントを含むスポーツクロノパッケージ、改良されたブレーキクーリングシステム、中央に2本のテールパイプを備えたユニークなデザインのスポーツエグゾーストシステムが含まれている。

emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社 http://www.porsche.com/japan/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ジャガー史上最速の市販車

ジャガーXE SVプロジェクト8

ジャガー史上最速かつ最もパワフル、600PS!+四輪駆動

02.jpg

ジャガーは英国で行われた名誉あるモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」に出展し、“ジャガー史上最もパワフルなロードカー”「XE SV Project 8」をワールドデビューさせた。

01.jpg

スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)がデザイン、エンジニアリング、組み立てのすべてを手がけるコレクターズ・エディションで、チューニングによってパフォーマンスを極限まで高めたモデル。

06.jpg

V型8気筒 5.0リッタースーパーチャージドエンジンにリキャリブレーテッド8速クイックシフトATを組み合わせ、最高出力は実に600PS、最大トルク700Nm、最高速度は322km/h以上という。駆動方式は4輪駆動で、電子制御アクティブディファレンシャルを使用している。これは、インテリジェントドライブダイナミクスとともにリアアクスルへのトクル配分をコントロールするものだ。なお、通常は75%のトルクをリアにデリバリーする設定だという。パフォーマンスでは0-100Km/h3.3秒とスーパースポーツカーに匹敵する。

03.jpg

04.jpg

ジャガーの市販車とは思えない・・・。いやジャガーとは思えない。BMW M5の以上のヤバそうなオーラが漂う。一見、XEと同じように見える外観だが、ボディワークの75%が専用開発のものだ。共用部分は、フロントドアとルーフの2箇所のみである。左右2本だしのエキゾーストエンドからはド迫力の咆哮を響かせる。

09.jpg

可変式リアウイングはカーボンファイバー製。時速300km/h走行時のダウンフォースは、実に122kgを超えるという。

07.jpg

4シーターモデルのシート。サーキット走行を対応する高いホールド性を持つ。

08.jpg

2シーターモデルは完全なサーキット仕様で2.2kgの軽量化されたカーボンファイバーレーシングシート、サベルト製4点式シートベルト、ハーフロールケージ、消化システムを備える。

生産台数は300台。価格は2000万円少々と予想される。


emblem_jaguar.jpg ジャガー http://www.jaguar.co.jp/index.html





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

シトロエン新型 「C3」

シトロエン新型「C3」

ドライビング風景を撮影する世界初「コネクテッドカム」搭載

12.jpg

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社はコンパクトハッチバック「C3」をフルモデルチェンジして発売。

03.jpg

01.jpg

02.jpg

新型「C3」のボディサイズは3995×1750×1495mm(全長×全幅×全高)。最高出力110PS/5500rpm、最大トルク205Nm/1500rpmを発生する直列3気筒DOHC 1.2リッターターボエンジンを搭載して、トランスミッションに6速ATを組み合わせる。グレードは「フィール」と「シャイン」のほか、200台限定の「シャイン DEBUT EDITION」が設定される。先代モデルの丸みの帯びたエクステリアから一新、まるでコンセプトカーのような個性的なデザインで登場。

06.jpg

ドライブ中に撮影した写真や映像をスマートフォンのアプリを使ってシェアできる「コネクテッドカム」が初採用され、フロントウィンドウにGPSセンサーと16GBメモリーを内蔵するHDカメラを搭載。コネクテッドカム本体のボタンを押して写真や動画の撮影ができるほか、事故などで衝撃を感知した場合は自動的に記録モードになり衝撃の30秒前と60秒後までの動画を記録できる。

04.jpg

07.jpg

08.jpg

新型「C3」シャイン DEBUT EDITIONのインテリア。外装同様、個性に溢れる空間である。

09.jpg

インパネ中央に配置された7インチのタッチスクリーンは静電容量式を採用。

11.jpg

サイドラインで特徴的な
空気を内包する強化ポリウレタンの「エアバンプ」をドアの下部に取り付けて車両を保護。

10.jpg

エアバンプのカラーアクセントはボディカラーごと異なる。

安全装備も充実しており、60km/h以下では歩行者も検知して自動的にブレーキを作動させて危険を回避または軽減する「アクティブセーフティブレーキ」や、斜め後方の後続車両を超音波センサーが感知してドアミラー内に警告灯を点灯させる「ブラインドスポットモニター」を装備している。


c.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/





nice!(4) 
共通テーマ:自動車