So-net無料ブログ作成

メルセデスSクラスAMG改良

メルセデスSクラスAMGモデルがパフォーマンスアップ

S63はV8 4.0リッター612PS

02.jpg

01.jpg

ドイツ本国で発表された新型「メルセデス・ベンツ Sクラス」のマイナーチェンジモデルでは、最高峰のAMG2モデル「S63 4MATIC+」と「S65」も大幅なパフォーマンスアップとなり登場した。

03.jpg

04.jpg

S63 4MATIC+は、エンジンが従来の5.5リッターV8ビターボ(ツインターボ)から4リッターV8ビターボ(ツインスクロール・ツインターボ)へと排気量が大幅にダウンサイジングを敢行。現在では、車両名が排気量という意味がなくなり、パフォーマンスで示すようになっている。

14.jpg

4.0リッタービターボは、従来型に比べ27PSもの向上を実現。最高出力612PS、最大トルク900Nmというスパースポーツを凌ぐパワーを手に入れた。
またトランスミッションは、従来のAMGスピードシフトMCT 7-speed(7速)からAMGスピードシフトMCT 9-speed(9速)へと変更された。
AWDシステムの「4MATIC+」は、ドライ路からウェット、さらには積雪・凍結路におけるパフォーマンスが追求された全天候型で、路面状況に合わせてトルク配分を連続的に変化させる機構を採用している。

15.jpg

サスペンションは、エアサスAIRMATICをベースとし、「AMGダイナミックセレクト」により「インディビジュアル」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の各モードにあった設定が可能なほか、センターパネルに備わる専用ボタンにより、ダンパーの設定を「スポーツ」と「コンフォート」を選択することもできる。

13.jpg

AMG専用のフロントグリルやエアロパーツ、“ウルトラレンジ ハイビーム”付きのマルチビームLEDヘッドランプ、エキゾーストエンドなどが装備され、より威圧感のあるエクステリアとなった。

05.jpg

V12モデルの「S65」は、最高出力630PS、最大トルク1000Nmを発生するエンジンには変更なく、エクステリア面を中心とした進化を遂げた。

またS65は、サスペンションがエアサスではなくコーナリング時にコーナー内側に傾く機能などを備えた油圧アクティブ式の「マジックボディコントロール」をベースに、AMGのスポーティなチューンが施される。

デザイン面では、AMG専用のエアロパーツなどのほか、V12専用のエキゾーストエンドにより、ハイエンドモデルであることが確認できる。

07.jpg

11.jpg

インテリアは自動車の空間としては、これ以上のものはないといえるほどの贅を尽くした空間。ナイトイルミネーションもうっとりするほど美しい。

12.jpg

専用のIWCのクロノグラフがセンターに装備され、デジタルデバイスてんこ盛りのインテリアにアナログのぬくもりを感じる。

09.jpg

大型ディスプレイ式のメーター。(写真はスポーツモードでレブカウンターが中心となる。)

10.jpg

自動車らしいクラシカル表示のメーター表示。バーチャルのため、切り替えも自由自在である。

06.jpg



m_emblem_mercedes-benz-ebce5.jpgm_m_m_amg-52d7c.gif

メルセデスベンツジャパン株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp



nice!(3) 
共通テーマ:自動車