So-net無料ブログ作成
検索選択

ランボルギーニUrus年内発売

ランボルギーニ「Urus(ウルス)」年内発売

06.jpg

07.jpg

ランボルギーニが、「Urus(ウルス)」の車名を新型SUVモデル用に商標登録を完了。販売価格は3000万円弱。「Urus(ウルス)」は、2012年の北京モーターショーでウルス・コンセプトとして初公開した時から使われている。

02.jpg

エンジンは、ランボルギーニ初のV8 4.0リッターターボを採用。最高出力は600PSを発揮する。ウラカンやアヴェンタドールのように自然吸気V10やV12エンジンを搭載すると、燃費が悪化するというのがランボルギーニの考えである。

03.jpg

ランボルギーニにはその昔LM002というオフロード四輪駆動車が存在した。1986年から1993年にかけて発売。V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力450PS/6800rpm、最大トルク51.0kgm/4500rpmを発揮した。

04.jpg

05.jpg

実用性を備えながらも、ランボルギーニならではの大胆なインテリアを採用している。

01.jpg

2018年後半にこのエキサイティングなSUVが発売される。PHEVのラインナップも追加される予定だ。


emblem_lamborghini-12e48.jpg ランボルギーニ ジャパン株式会社 http://www.lamborghini.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車