So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の8件 | -

ロータスエヴォーラ GT430

ロータス「エヴォーラ GT430」が登場! 世界限定60台

同社史上最高にパワフルなマシーン

01.jpg

03.jpg

02.jpg

ロータスから新型モデルが登場。
さらなる軽量化とパフォーマンスを追求した「エヴォーラ GT430」である。ロータスが「現在、最もパワフルで完成された公道仕様車」と銘打つクルマである。

「エヴォーラ GT430」は、V型6気筒3.5リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力は436PS/7,000rpm、最大トルク440Nm/4,500rpmを発生。1,299kgという軽量ボディで0-100km/hを3.8秒で駆け抜ける。

04.jpg

カーボンファイバー(一部はその炭素繊維の織り目も露わな)を前後バンパー、ルーフ、テールゲートなどボディの各部に使用し、従来より軽量なオーリンズ製ダンパー、チタン製エキゾーストなどを採用した。

05.jpg

ブレーキも強化され、英国製のapレーシングの4ピストンキャリパーを備える。軽量ボディには充分過ぎるものだ。

06.jpg

「GT430」の最高速度は305km/hを記録。巨大なウイングや改良されたボディ・ワークなどによるエアロダイナミクスが、最大250kgものダウンフォースを発生するという。

07.jpg

スパルコ製シートや特別なカラーリング、エアコン、インフォテインメント・システムなども備わる。


m_emblem_lotus-6e151.jpg ロータス http://www.lotus-cars.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

メルセデスSクラスAMG改良

メルセデスSクラスAMGモデルがパフォーマンスアップ

S63はV8 4.0リッター612PS

02.jpg

01.jpg

ドイツ本国で発表された新型「メルセデス・ベンツ Sクラス」のマイナーチェンジモデルでは、最高峰のAMG2モデル「S63 4MATIC+」と「S65」も大幅なパフォーマンスアップとなり登場した。

03.jpg

04.jpg

S63 4MATIC+は、エンジンが従来の5.5リッターV8ビターボ(ツインターボ)から4リッターV8ビターボ(ツインスクロール・ツインターボ)へと排気量が大幅にダウンサイジングを敢行。現在では、車両名が排気量という意味がなくなり、パフォーマンスで示すようになっている。

14.jpg

4.0リッタービターボは、従来型に比べ27PSもの向上を実現。最高出力612PS、最大トルク900Nmというスパースポーツを凌ぐパワーを手に入れた。
またトランスミッションは、従来のAMGスピードシフトMCT 7-speed(7速)からAMGスピードシフトMCT 9-speed(9速)へと変更された。
AWDシステムの「4MATIC+」は、ドライ路からウェット、さらには積雪・凍結路におけるパフォーマンスが追求された全天候型で、路面状況に合わせてトルク配分を連続的に変化させる機構を採用している。

15.jpg

サスペンションは、エアサスAIRMATICをベースとし、「AMGダイナミックセレクト」により「インディビジュアル」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の各モードにあった設定が可能なほか、センターパネルに備わる専用ボタンにより、ダンパーの設定を「スポーツ」と「コンフォート」を選択することもできる。

13.jpg

AMG専用のフロントグリルやエアロパーツ、“ウルトラレンジ ハイビーム”付きのマルチビームLEDヘッドランプ、エキゾーストエンドなどが装備され、より威圧感のあるエクステリアとなった。

05.jpg

V12モデルの「S65」は、最高出力630PS、最大トルク1000Nmを発生するエンジンには変更なく、エクステリア面を中心とした進化を遂げた。

またS65は、サスペンションがエアサスではなくコーナリング時にコーナー内側に傾く機能などを備えた油圧アクティブ式の「マジックボディコントロール」をベースに、AMGのスポーティなチューンが施される。

デザイン面では、AMG専用のエアロパーツなどのほか、V12専用のエキゾーストエンドにより、ハイエンドモデルであることが確認できる。

07.jpg

11.jpg

インテリアは自動車の空間としては、これ以上のものはないといえるほどの贅を尽くした空間。ナイトイルミネーションもうっとりするほど美しい。

12.jpg

専用のIWCのクロノグラフがセンターに装備され、デジタルデバイスてんこ盛りのインテリアにアナログのぬくもりを感じる。

09.jpg

大型ディスプレイ式のメーター。(写真はスポーツモードでレブカウンターが中心となる。)

10.jpg

自動車らしいクラシカル表示のメーター表示。バーチャルのため、切り替えも自由自在である。

06.jpg



m_emblem_mercedes-benz-ebce5.jpgm_m_m_amg-52d7c.gif

メルセデスベンツジャパン株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp



nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ランボルギーニUrus年内発売

ランボルギーニ「Urus(ウルス)」年内発売

06.jpg

07.jpg

ランボルギーニが、「Urus(ウルス)」の車名を新型SUVモデル用に商標登録を完了。販売価格は3000万円弱。「Urus(ウルス)」は、2012年の北京モーターショーでウルス・コンセプトとして初公開した時から使われている。

02.jpg

エンジンは、ランボルギーニ初のV8 4.0リッターターボを採用。最高出力は600PSを発揮する。ウラカンやアヴェンタドールのように自然吸気V10やV12エンジンを搭載すると、燃費が悪化するというのがランボルギーニの考えである。

03.jpg

ランボルギーニにはその昔LM002というオフロード四輪駆動車が存在した。1986年から1993年にかけて発売。V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力450PS/6800rpm、最大トルク51.0kgm/4500rpmを発揮した。

04.jpg

05.jpg

実用性を備えながらも、ランボルギーニならではの大胆なインテリアを採用している。

01.jpg

2018年後半にこのエキサイティングなSUVが発売される。PHEVのラインナップも追加される予定だ。


emblem_lamborghini-12e48.jpg ランボルギーニ ジャパン株式会社 http://www.lamborghini.co.jp/



nice!(4) 
共通テーマ:自動車

VW各車機能強化

「Discover Pro」「Composition Media」の画面サイズ拡大など機能強化

00011940_s.jpg

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は純正インフォテイメントシステム「Discover Pro(ディスカバー プロ)」「Composition Media(コンポジション メディア)」の機能強化をはじめ、一部モデルの装備・機能を充実させて発売した。

00011965_s.jpg

今回、機能装備等の充実が図られたモデルは、「ザ・ビートル」「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」「ゴルフ トゥーラン」「ティグアン」「パサート」「パサート ヴァリアント」の全8モデル29グレードにも及ぶ。

00011979_s.jpg

純正インフォテイメントシステムの大幅改良が行われ、ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」は8インチから9.2インチに画面を拡大し、視認性を大幅に向上。さらに「Discover Pro」では物理スイッチを廃止し全面フラットになったタッチスクリーンへと進化。5月に発売された新型「ゴルフ」でフォルクスワーゲン初採用となった「ジェスチャーコントロール機能」を搭載。


m_m_VW-715c0-78719-45ffe-0ee33.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アバルト595 限定車

アバルト「595 コンペティツィオーネPerformance Package」

01.png

04.jpg

FCA ジャパン株式会社は、アバルトコンパクトホットハッチ「595 コンペティツィオーネ」の限定車「Performance Package(パフォーマンス・パッケージ)」を7月29日に発売。

ボディカラーは「イエロー」「ホワイト」の2色を設定し、ステアリング位置は左右から選択可能。イエローはステアリング位置左右ともに各40台の計80台、ホワイトはステアリング位置左右ともに各10台の計20台となる。

03.jpg

595 コンペティツィオーネの5速MT仕様をベースにしており、パワートレーンに「695 ビポスト」と同じ機械式LSD(リミテッドスリップディファレンシャルギア)を搭載。トラクション性能や走行安定性を向上。

専用デザインの17インチアロイホイールを装備。イエローでは「ミラーカバー」「サイドストライプ」「リップスポイラー」「リアバンパーインサート」のカラーをブラックに、ホワイトではこれらの装備をレッドとなる。イエローはブレンボ製4ピストン ブレーキキャリパーとホイールセンターのハブキャップがボディ同色となる。

02.jpg

「カーボンシェルタイプ」のフロントシートを採用。非常に高いホールド性を発揮する。

車両価格は397万4400円。


m_abarth.png アバルト http://www.abarth.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ボルボ完全装備を強化

ボルボ「V90」「V90 クロスカントリー」「XC90」に安全装備強化

01.png

ボルボ・カー・ジャパンは「V90」「V90 クロスカントリー」「XC90」で標準装備する先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」に2つの機能を追加して一部の仕様を変更して発売した。

02.png

インテリセーフに追加されたのは、対向車が接近しているときに意図しない車線のはみ出しを検知すると、ステアリングを自動で操作して車線に戻す「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」と、他車両に気づかずに車線変更を行う場合、衝突の危険性が高まった際、ステアリングを自動で操作して車両を車線内に戻すように支援する「ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付)」の2種類の機能を追加した。

03.png

全車で「LEDデイタイム・ランニングライト」を新採用。
車両価格はV90が669万円~929万円、V90 クロスカントリーが699万円~829万円、XC90が779万円~1299万円。

m_emblem_volvo-31369.jpg ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

BMW E46 318i 持病悪化

BMW 3シリーズ 318i E46持病悪化

さて、いつまで無事に走れるか・・・

IMG_0213.jpg

山梨県・甲府市に滞在している筆者。7月17日正午の気温は35.5度を示しています。この日、甲府市は全国5位の暑さを記録しました。日頃、筆者の取材の共として働いてくれているBMW 318i Mスポーツですが、猛暑には強く、オーバーヒートなど皆無。水温計は中心でぴたっと張り付いています。もちろんエアコンもバッチリ効きます。

IMG_0214.jpg

しかしまたこのマークと対面する結果に。02センサー故障、もしくは、燃料希薄が考えられます。このマークが点灯すると、エンジンの振動が著しく、カグカグ、ブルブルが続き治りません。一度、ガソリンを多めに給油すると治ったことがありましたが、今回はそう甘くはありませんでした。いよいよ手放す時期が迫ってきた気配です。

IMG_0209.jpg

シャコタンなので、車輪留めに前方から突っ込むとフロントスポイラーが、間違いなく接触します。

IMG_0210.jpg

元々BBS製18インチのホイールを履いていましたが、タイヤ交換のコストから15インチ純正アルミホイールにインチダウン。もう一台の愛車「トゥインゴ」とは逆です。

IMG_0212.jpg

いまでも十分スタイリッシュなE46のエクステリアデザイン。318i後期モデルでは、直列4気筒2.0リッターDOHC16Vエンジンを搭載。最高出力142ps/6000rpm、最大トルク20.4kgm/3500rpmを発生します。吸気バルブのリフト量を可変させるリンクを電動モーターで駆動することによりエンジン出力を制御する「バルブトロニック」を搭載。調子さえよければ、十分パワフルで、軽い鼻先のおかげでワインディングでも颯爽と駆け抜けてくれます。さて、いつまで乗れるかな・・・。




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

新品アルミホイールに塗装粒やムラ

新品購入の高価なアルミホイールにムラ・粒・バリ

実はどんなアルミホイールにも必ずあります。悩んでいる方必見!

IMG_2899.jpg

写真は筆者の愛車ルノー「トゥインゴ」。(06-C3G型)正規輸入車では、日本上陸第一号車。当時のインポーターの「広報車」として、カタログや雑誌の表紙を飾った経験があります。本当に初期モデルなので、パワステもないフランス車濃度満点のクルマです。21年の間、色々と手を入れ、一例として、ホイールも純正の13インチ鉄チンからインチアップを重ね、現在、3インチアップの16インチ。

「BBS」社製「RE-L2 DS」に165/45R16を組み合わせています。軽自動車よりちょっとばかり大きな初代トゥインゴですが、16インチでも違和感なくスポーティな印象を与えてくれます。優れたデザインと鍛造製造による軽量設計はさすが世界の「BBS」です。

IMG_4795.jpg

ブレーキダスト発生の多いフロントも洗車の度に丹念に洗い、コーティングを頻繁に敢行。

IMG_4796.jpg

リアはドラムブレーキなのでフロントに比べれば汚れ度合いは少ないのですが、念入りに洗ってます。

IMG_2333.jpg

おかげさまで購入後、すぐにホイールコーティング施工を業者に依頼し、その後は洗車の度に中性のカーシャンプーで洗い、スプレー状のコーティングを施工しているので、新品の状態です。

しかし、「BBS」ホイール新品購入時から気になったいたのが、リムの端などに見受けられる小さな塗装粒やバリ、ムラなどがありました。それも、洗車の度に新たに発見してしまうのです。高額なホイールだったため最初は気になりました。そこで、製造元の「BBSジャパン」に回答を求めました。

下記は「BBSジャパン株式会社からの正式な回答です。

--------------------------------------------------------------------------------------------
この度はBBSジャパン株式会社及びBBS鍛造ホイールにお問い合わせいただきありがとうございます。お問い合わせ内容の 製品の詳細に付いて について回答させていただきます。

平素より当社商品をご愛用頂きまして誠にありがとうございます。 ご質問に関してまして、当商品は可能な限り塗装も含め品質向上を目指して日々鋭意努力しております。 しかしながら、塗膜に埃の様な塗装ブツ(塗装欠け)を皆無とすることは非常に困難にございます。 当社は出荷前に熟練の検査員によって最終検査後、合格品(良品)として出荷させて頂いております。 何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------
との回答を頂きました。やはり「BBS」のような一流メーカーでも、新品時より、小さな塗装粒やバリ、ムラなど完全になくすことは製造過程で不可能のようですね。

ちなみに、日本国内に流通している社外アルミホイールの約80%が中国製や台湾製ですので、これらの場合、100%やや目立つ塗装粒やバリ、ムラが新品の時からあるのは、筆者が50本以上目視し確認しています。やはり、安価なものほど多い傾向ですね。

では、新車の純正アルミホイールはどうなのか検証

IMG_4696.jpg

先月、取材で試乗したVolkswagen「クロス・ポロ」です。17インチのスタイリッシュなアルミホイールがカッコいいですね。裏側を見るとドイツ製「BBS」でした。製造時期によっては、ドイツのホイールメーカー「RONAL」製もあるそうです。

IMG_4682.jpg

光をあて念入りにアルミホイールの表面塗装をチェックしていきます。

IMG_4676.jpg

ガンメタリックペイントのY字スポークは、スポーティでスタイリッシュ。これだけカッコいいホイールなので、当然、小さな塗装粒やバリ、ムラなど皆無だと思いましたが、丸を囲んだところにありました!その後、4本全てのアルミホイールをチェック。なんと、全てのホイールに同様のものを発見。

C1.JPG C2.JPG

純正の新品アルミホイールですが、上記のような塗装の粒、突起などがいたるところに存在しています・・・。
後に他車でも検証を行い、アウディ「TT」、Volkswagen新型「ゴルフ」、レクサス「LS600h」、さらには、メルセデス「AMG S65」の新品アルミホイールでも同様なものが存在していました。

アルミホイールは、クルマのドレスアップ、そしてバネ下の軽量化によるハンドリングの向上などに貢献できる。特にお気に入りの高額なものでは、些細なものでも気になってしまうもの。しかし、まずは、走ることが基本のパーツ。どんな高価なクルマの純正品、社外品にも必ずといってよいほど、見受けられるものでした。




nice!(3) 
共通テーマ:自動車
前の8件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ