So-net無料ブログ作成

メルセデスベンツAクラス改良

メルセデス・ベンツ「Aクラス」「Bクラス」「CLA」「CLA シューティングブレーク」を一部改良

01.png

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、コンパクトモデルの「Aクラス」「Bクラス」「CLA」「CLA シューティングブレーク」の装備機能を一部変更するとともに、価格を改定して発売。

Aクラスは298万円~711万円。
Aクラスでは、受注生産モデルの「A 180 Style」にシフトチェンジ、ブレーキ、アクセルの操作だけで駐車をアシストする「パーキングパイロット」や、走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替える「LEDパフォーマンスヘッドライト(アダプティブハイビームアシスト付)」といった装備をセットにした「エントリーパッケージ」(46万円高)を新設定。「メルセデスAMG A 45 4MATIC」では、AMGエグゾーストシステムをオプション設定するなどの改定を行なった。

02.png

Bクラスは360万円
Bクラスでは「B 180」の改良が行なわれ、従来までオプション装備だったメモリー付フルパワーシート(運転席)や電動ランバーサポート(前席)といった装備をセットにした「ベーシックパッケージ」のほか、バックレスト折りたたみ角度調整機能や後席シートスライド機能を含む「EASY-VARIO PLUS」、後席テーブルなどを標準装備となった。

03.png

CLA 180 AMG Style
CLAは、399万円~773万円。

04.png

CLA 220 4MATIC シューティングブレーク
CLA シューティングブレークは415万円~789万円。

CLAとCLA シューティングブレークでは、「220 4MATIC」を新しく設定。「CLA 250 SPORT 4MATIC」「CLA 250 SPORT 4MATIC シューティングブレーク」でパノラミックスライディングルーフを標準装備したほか、ドアミラーカバーやリアバンパー等をボディ同色からブラックへ変更。ナビゲーションシステムとレーダーセーフティパッケージをパッケージオプションとして設定するなどの改良を行なった。

emblem_mercedes-benz.jpg  メルセデスベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

新型オペルコルサ

新型オペルコルサ

150PSを発揮するOPCモデルも

01.jpg

オペルの新型コンパクトハッチ「コルサ」が登場。

02.jpg

オペル「コルサ s」は、直列4気筒1.4リッターターボエンジンを搭載し、最高出力150PS、最大トルク220Nmを発生し、0-100Km/hは8.9秒、最高速度は207km/hを記録する。

03.jpg

前衛的なエクステリアデザインは、筆者が昔所有していた、2ドアコンパクトクーペ「ティグラ」にどことなく似ている。

04.jpg

フロントスポイラーを追加し、オペルのチューニングブランドである「opc」 エアロパッケージを装備している。空力に有効なサイドスカート、リアディフューザー、ルーフウイングなどを装備。
また、スタイリッシュは、17インチアルミホイールを標準。ヘッドライトは、リアコンビネーションランプはLEDを採用している。

05.jpg

サイズ的にはフォルクスワーゲン「ポロ」などがライバルであるが、アグレッシブで個性的なコクピット。

06.jpg

極めてホールド性の高い本革製レカロ製シートを採用。ハードな走りにも耐える設計である。またステアリング、シフトレバーにも本革を採用。

10.jpg  
オペル(本国サイト) http://www.opel.com/





nice!(2) 
共通テーマ:自動車

ロールスロイス新型ファントム

ロールス・ロイス新型「ファントム」公開

8代目で大幅に進化

03.jpg

ロールス・ロイス・モーター・カーズは新型「ファントム」を発表した。

01.jpg

02.jpg

新型ファントムは「世界で最も静粛なクルマ」を目指し開発。
エンジンは、新開発V型12気筒 6.75リッターツインターボを搭載し、巨大なボディをアイドリングプラスから発生させる大トルクで滑らかかつパワフルに加速させる。最高出力は563PS、最大トルクは実に900Nmを発生する。

04.jpg

05.jpg

芸術品のようなインテリアは自動車の領域を超越している。
車両全体に130kg以上の遮音材、さらに優れた遮音性を実現するためホワイト・ボディに鋳造アルミ製ジョイントや高性能の吸音素材を採用して100km/hでの騒音レベルを先代モデルより約10%低下している。


emblem_rolls-royce.jpg ロールスロイスhttp://www.rolls-roycemotorcars.com/





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

BMW新型1シリーズ

BMW新型1シリーズ公開最後のFRモデル

販売は9月、2019年モデルはFFへシフト

01.jpg

03.jpg

BMWのエントリーハッチバック、「1シリーズ」が公開された。

06.jpg

08.jpg

10.jpg

エンジンは直列3気筒1.5リッターがメイン。最高出力は134PSを発揮する。また、直列4気筒2.0リッターターボは、221PS、最高峰モデルの直列6気筒モデルは、335PSを発生する。このモデルが最後のFRとなり、2019年のモデルはFFとなる。

エクステリアはこれまでのモデルを踏襲しており、マイナーチェンジといえる。

09.jpg

ホイールデザインもスタイリッシュなデザインを採用している。写真はフローティングキャリパー式であるが、最高峰モデルでは、Mの刻印入り4ピストンキャリパーを採用。

12.jpg

質感を大幅に向上させたインテリア。コンパクトハッチではライバルを一線を画すものだ。

13.jpg

メーターデザインを刷新し、指針もクロノグラフを連想させるものとなった。

14.jpg

上級車種と見分けが付かない質感を持つ操作系まわり

emblem_BMW.jpg ビー・エム・ダブリュー株式会社 http://www.bmw.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

アルファジュリエッタ限定車

アルファ ロメオ「ジュリエッタ」限定車「ヴェローチェ・クオーレロッソ」

01.jpg


FCA ジャパン株式会社は、アルファロメオ「ジュリエッタ」の限定車「ヴェローチェ・クオーレロッソ(Veloce CuoreRosso)」を発売した。

マイナーチェンジを行った「ヴェローチェ」をベースに色味が変更された「アルファ・ホワイト」のボディカラーと、通常は選択できないレッドのインテリアカラーを組み合わせた限定車。車両価格は440万6400円で、販売台数は40台となる。

02.jpg

03.jpg

レザーシートはレッドを特別装備。通常モデルの場合、ボディカラーの「アルファ・ホワイト」と組み合わせが不可能。

直列4気筒DOHC 1.8リッターターボエンジンは最高出力240PS/5750rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1850rpm(アルファ ロメオ D.N.A.システムでダイナミック選択時は340Nm[34.7kgm]/2000rpm)を発生する。


emblem_alfaromeo.jpg アルファ・ロメオ http://www.alfaromeo-jp.com/





nice!(2) 
共通テーマ:自動車

メルセデスCクラス特別仕様車

メルセデス・ベンツ、「C 180」「C 220 d」の特別仕様車「ローレウスエディション」

01.png

02.png

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、「C 180」「C 220 d」のセダン、ステーションワゴンに特別仕様車「ローレウスエディション」を追加するとともに、「Cクラス」のセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの装備を一部変更し、価格を改定して発売した。

今回発売される特別仕様車は、AMGラインのエクステリアとインテリアを採用。センターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッヂが装着される。C 180ではスポーツサスペンションを採用したほか、C 220 dではエアスプリングと連続可変ダンパーを電子制御する「AIRMATICアジリティパッケージ」を採用している。

ローレウス(Laureus)とは、2000年に宝飾品などの企業を擁するリシュモンとダイムラーが共同で設立した財団。

ローレウスエディションの車両価格は、498万円~619万円。

emblem_mercedes-benz.jpg メルセデスベンツジャパン株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp





nice!(0) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAMG GT4

メルセデス最新GT4マシンの『メルセデスAMG GT4』詳細発表

02.jpg

メルセデスベンツは、2017年内のデリバリー開始を予定しているGT4マシン、『メルセデスAMG GT4』の詳細を発表。

01.jpg

05.jpg

06.jpg

GT3マシンのコスト高騰、レースの“プロフェッショナル化”などに伴い、ジェントルマンドライバーを中心に急速に支持を集めているGT4。この急成長を遂げているカテゴリにメルセデスが放つ新型マシンが、このメルセデスAMG GT4である。
V型8気筒4リッターツインターボエンジンを搭載。最大出力は510Pを発揮。これに6速シーケンシャルギヤボックスが組み合わされる。

04.jpg

03.jpg

メルセデスAMG GT4のコクピット

シャシーとボディワークはアルミとカーボンのハイブリッドで軽量性と剛性を両立。また、エンジンコントロールユニットやトルクコントロール、トラクションコントロールといった、ドライバーアシスト機能にもAMG GT3で培ったテクノロジーが詰め込まれている。
車両価格は2582万円。


emblem_mercedes-benz.jpgm_m_amg.gif

メルセデスベンツジャパン株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ボルボハイブリッドクーペ

ボルボポールスター600馬力のハイブリッド・クーペ

01.jpg

ボルボ・カーズは先月、同社のパフォーマンス部門「ポールスター」がグループ内の1つの独立したブランドになり、高性能な電気自動車に注力していくと発表した。今後はボルボのバッジが付かない、ポールスター・ブランドの新型車が登場することになるわけだが、しかし、その中身がどこまでボルボと共有することになるのかは不明だった。

ポールスター最初の独自モデルは、ボルボのブラットフォームをベースにしながらも、これにチューニングを行い、最高出力600hpのハイブリッド・パワートレインを搭載した2ドア・クーペになるという。そしてそのシャシーやサスペンションのチューニングは、ロータス社が担当するようだ。


emblem_volvo.jpg ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車