So-net無料ブログ作成

アウディ新型「A8」マイルドHV

アウディ新型「A8」全エンジンに「48Vマイルドハイブリッド」設定

6気筒、8気筒、W12気筒に搭載

01.jpg

アウディは、2017年中に“新しいマイルドハイブリッドシステム”を採用する「MHEV」の生産を開始する。2017年の投入が予告されている新型「A8」では、すべてのエンジンに48V電源を活用するマイルドハイブリッドシステムを用意すると発表した。

MHEVは2種類が用意され、4気筒エンジンは既存の12V電源が組み合わされ、6気筒、8気筒、W12気筒については主電源に48Vシステムが採用される。これにより、車両のさらなる効率化だけでなく、よりアウディらしいスポーティで快適な走行の実現も可能になる。

02.jpg

新型A8のMHEVでは、フロントに搭載するエンジンの前方に水冷機構を備えた「ベルト式オルタネータースターター(BAS)」を設定。耐久性に優れたV型リブのベルトを介してエンジンのクランクシャフトと連結されるBASは60Nmのトルクを発生し、さらに最大12kWの電力を回生発電する。

03.jpg

60Nmのトルクを発生する「ベルト式オルタネータースターター(BAS)」

04.jpg

この48V MHEVテクノロジーでは30km/h~160km/hで走行している状態でアクセルから足を浮かすと最大45秒間エンジンが完全に停止してコースティング(無負荷走行)の状態となる。また、エンジンの再始動時にはBASがエンジン回転を規定まで即座に高め、その状態から燃料噴射と点火が再スタートする。さらに新型A8のMHEVでは減速時の回生発電とコースティングの切り替え判断を、フロントカメラ、予測効率アシスタント、カーナビのルート情報、ネットワーク化されたセンサーからのデータなどを利用する「ドライブマネージメントシステム」で行う。新型「A8」の登場が楽しみである。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/





nice!(2) 
共通テーマ:自動車

VW新型「ポロ」情報Ⅰ

フォルクスワーゲン新型「ポロ」発表までカウントダウン

6代目となる新型「ポロ」を日本時間16日(金)18時にライヴ配信

polo.jpg

1枚だけ公開された公式の「プレスフォト」エッジの効いたデザインは上級車種の「ゴルフ」を連想させる。

独フォルクスワーゲンは、6代目となる新型「ポロ」を、6月16日にベルリンでワールドプレミアする。

フォルクスワーゲン「ポロ」は1975年のデビュー以来、世界各国で累計1400万台以上販売された人気コンパクトハッチバック。現行モデルでも直列3気筒0.9リッターターボから、直列4気筒1.2リッターTSI、直列4気筒1.8リッターTSIを搭載。

報道用の「プレスフォト」ではリアコンビネーションランプ周りの写真が1点公開された。フォルクスワーゲンによると、新型「ポロ」はこれまでの堅実なデザインから大幅に刷新され、過去最高のモデルチェンジと豪語する個性的なデザインを採用するという。ボディの大型化により、乗員の居住性も向上。安全装備もコンパクトカークラスでは世界最高水準になるという。同車には散々乗った筆者であるが、いよいよ3ナンバーになってしまうのか心配でならない。

週末には詳しい情報、写真をお届けできると思います。

日本時間16日(金)18:00~18:45まで下記のURLにて発表会の模様をライヴ配信を行う。

http://volkswagen.gomexlive.com/vw_live_pk/?lang=en


タグ #新型ポロ #新型ポロ発表 #新型ポロ発売


m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車