So-net無料ブログ作成

VW new Arteon

フォルクスワーゲン新4ドアクーペ「Arteon 」写真蔵

4ドアクーペ元祖的存在の「CC」の後継モデルスタイリッシュに登場

2018-VWArteon-13.jpg

2018-VWArteon-21.jpg

2018-VWArteon-22.jpg

フォルクスワーゲン(ドイツ)は「CC」の後継モデルとなる、4ドアクーペである「Arteon 」を発売する。 TSI ガソリンエンジンと TDIディーゼルエンジンを選択でき、4motionを採用している。スポーティでスライリッシュな「Arteon Rライン」と 「Arteon エレガンス」の2グレードが用意されるという。

エンジンラインナップは実に多岐に渡る。
  • 1.5L・TSI Evo(ガソリン、150ps)
  • 2.0L・TSI(ガソリン、190ps, 280ps)
  • 2.0L・TDI(ディーゼル、150ps, 190ps, 240ps)

2018-VWArteon-34.jpg

2018-VWArteon-40.jpg

2018-VWArteon-42.jpg

2018-VWArteon-29.jpg

2018-VWArteon-30.jpg

2018-VWArteon-31.jpg

2018-VWArteon-66.jpg

ヘッドライトはLEDを採用。ポジションランプ&ターンシグナルはチューブ状にL字に発光をする。

2018-VWArteon-62.jpg

リアのコンビネーションランプもオールLED。流れるように点灯する
ダイナミックターンインジケーターも標準装備。

2018-VWArteon-64.jpg

新型「ゴルフ」同様バンパー一体型のエキゾーストエンドは左右2本だし。

2018-VWArteon-63.jpg

19インチもしくは20インチマットブラックアルミホイールを装備される。(写真はRラインの20インチ)

2018-VWArteon-06.jpg

4motionシステムを採用する。ガソリンエンジンは直列4気筒2.0リッターTSIで、190PSと280PSバージョンが選択できる。7速DSGが標準装備となる。

2018-VWArteon-67.jpg


2018-VWArteon-68.jpg

4ドアクーペ構造のため、ラゲッジルームと乗員スペースはつながっており、シアシートを倒すことで、ヴァリアントのような広大なラゲッジ空間が姿を現す。開口部も大きく、開閉は自動で行われる。

2018-VWArteon-18.jpg

01.gif

パサートと共通部品もあるが、全体的にスタイリッシュな印象な強いインテリア。広い全幅とロングホイールベースの恩恵で乗員空間は大変広い。

2018-VWArteon-57.jpg

計器類は12.3インチモニター式のバーチャルメーター「
Active info Display」を標準装備。

2018-VWArteon-61.jpg

ジャスチャーコントロール機能を搭載する純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」

2018-VWArteon-69.jpg

10.jpg

11.jpg

全長4862mm、全幅1871mm、全高1427mm。ホイールベースは、2841mmで「パサート」や「CC」より一回り大柄のボディは、堂々とした4ドアクーペとしての存在感は、抜群である。




m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン(本国サイト)http://en.volkswagen.com/en.html





nice!(2) 
共通テーマ:自動車