So-net無料ブログ作成

AMG E63S 4MATIC+

メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+

0-100Km/h加速3.4秒!のスーパーサルーン

02.jpg

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、ミドルセダン「Eクラス」のハイパフォーマンスモデルに位置づけされる「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」を発売。

01.jpg

スーパースポーツモデル「メルセデスAMG GT」にも搭載される「M177」ユニットを搭載。前後トルクを50:50~0:100(前後)で可変配分する4輪駆動システム「AMG 4MATIC+」などを組み合わせることにより、0-100km/h加速は3.4秒というミディアムセダンでは世界最速レベルを実現している。

03.jpg

04.jpg

最高出力612PS/5750-6500rpm、最大トルク850Nm(86.7kgm)/2500-4500rpmを発生する「M177」エンジンは、V型シリンダーバンク内に2基のターボチャージャーをV型シリンダーバンク内に配置する「ホットインサイドV」レイアウトを用い、吸排気経路を最適化。

05.jpg

“63シリーズ”として初めてとなる9速トランスミッション「AMGスピードシフトMCT」は、トルクコンバーター式ではなく、デュアルクラッチを採用。シフトダウン時に回転を合わせるブリッピングや1速飛ばした変速なども可能。4輪駆動システム「AMG 4MATIC+」には前後トルク配分を0:100に固定してサーキット走行などに対応する「ドリフトモード」を新搭載した。

07.jpg

スプリングレートなどを切り替えて乗り心地や走行性能を変化させる「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」、走行状況に応じてアシスト量を可変させる「AMG Sport speed-sensitive ステアリング」を採用。ブレーキも「AMG強化ブレーキシステム」となる。また、3つの連続可変エグゾーストフラップでエキゾーストノートを変化させる「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」、限界領域でのコーナーリングスピードを向上させるため、走行状況に応じてロッキング機構を電子制御にてコントロールしトラクションを高める「電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフ」も備える。

10.jpg

ラテラルサポートを強化したフロントシート。シート表皮にはナッパレザーが採用され3色のカラーから選択できる。ヘッドレストのAMGエンブレムやクリスタルグレーのシートパイピングがスポーティで硬派な印象を与える。

09.jpg

新型「Eクラス」「Eクラスクーペ」同様、2つのディスプレイを組み合わせたコクピットを採用。最先端のコクピットであるが、
IWCデザインのアナログクロックがセンターコンソールにさりげなく装備される。

m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpgm_m_amg.gif


メルセデス・ベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

メルセデス新型Eクラスクーペ

メルセデス・ベンツ新型「Eクラスクーペ」

01.jpg

メルセデス・ベンツ日本株式会社はミドルクラスクーペである新型「Eクラス クーペ」を発売した。

02.jpg

「E 200 クーペ」「E 200 クーペ スポーツ」は、直列4気筒 2.0リッター直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力184PS、最大トルク300Nm(30.6kgm)を発生。9速ATと組み合わされる。

03.jpg

「E 300 クーペ スポーツ」は、直列4気筒 2.0リッター直噴ターボと排気量はベースモデルと変わらないが、最高出力245PS、最大トルク370Nm(37.7kgm)を発生。9速ATと組み合わされる。

04.jpg

「E 400 4MATIC クーペ スポーツ」は、V型6気筒 3.0リッター直噴ツインターボエンジンを搭載し、最高出力333PS、最大トルク480Nm(48.9kgm)を発生。 4MATICシステムと搭載し、9速ATと組み合わされる。

エクステリアデザインには一筆書きのような美しいフールラインが印象的でボディサイズも大型化されたことにより、居住性も大幅に向上している。

06.jpg

満天の星空の輝きを想起させる「クリスタルルック」をリアコンビネーションランプに採用。全ての灯火類をLEDとしている。

08.jpg

インパネ中央にレイアウトする“タービンエンジンをイメージした”というエアコンの送風口はスタイリッシュ。

09.jpg

クーペらしいスポーティなインテリア

インテリアの特徴は、12.3インチの高精細ワイドディスプレイ2個を1枚のガラスカバーで融合させた「コックピットディスプレイ」を採用している。全てがバーチャル表示で物理的なメーター類は一切存在しない。

「自動運転開発の次のステップ」とメルセデス・ベンツが位置付ける「インテリジェントドライブ」も採用。安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」のほか、ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーの情報を使って先行車の速度に応じて車間距離を自動的に調節し、渋滞時などで自動停止したときでも30秒以内なら先行車に続いて自動再発進が可能な「ディスタンスパイロット・ディストロニック」、車線や先行車、ガードレールなどを認識してステアリング操作をアシストする「ステアリングパイロット」といった運転支援機能を搭載している。また、「ステアリングパイロット」が起動して高速道路を走行しているときに、ドライバーがウインカーを2秒以上点滅させるとセンサーによってほかの車両などとの衝突の危険の有無を確認し安全確認を車両が判断した場合は自動的に車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」を採用。また一歩自動運転に近づいた。

◆新型「Eクラスクーペ」報道関係者発表会

11.jpg

新型「Eクラス クーペ」「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+(フォーマティックプラス)」の報道関係者向け発表会を東京 六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」で開催。メルセデス・ベンツ日本株式会社代表取締役社長兼CEO「上野金太郎」氏。

12.jpg

全長4830mm×全幅1860mm×全高1430mm、ホイールベース2875mmと堂々たるボディ。

10.jpg

姿を現したスーパースペシャルセダン「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」

V型8気筒DOHC 4.0リッター直噴ツインターボ「M177」エンジンは最高出力は実に612PS/5750-6500rpm、最大トルク850Nm(86.7kgm)/2500-4500rpmを発生する。0-100km/h加速は3.4秒とスーパースポーツを負かす一級レベルの動力性能を有している。トランスミッションは600PSオーバーの大パワーにも関わらず、トルクコンバーターを使用せず、湿式多板クラッチを採用し、素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式9速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。シフトダウン時の自動ブリッピング機能を備え、最も進んだデュアルクラッチといえるもの。「C(Comfort)」、「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」、パラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」、さらにサーキット走行向けの「RACE」モードが選択可能。また、通常四輪駆動であるが、「ドリフトモード」を搭載し、後輪駆動へ切り替えることも可能である。


m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpgm_m_amg.gif

メルセデス・ベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車