So-net無料ブログ作成
検索選択

3シリーズGTにディーゼル

BMW 「3シリーズ グランツーリスモ」に「320d」追加

01.jpg

ビー・エム・ダブリュー株式会社は3シリーズ グランツーリスモに新世代クリーンディーゼルエンジンの搭載モデル「320d」を追加して発売。

320dでは、直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ディーゼルターボを搭載し、最大出力190PS/4000rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpmを発生。最新のコモンレールダイレクトインジェクションシステムと可変ジオメトリーターボチャージャーの組み合わせにより、400Nmの最大トルクと合わせて19.4km/L(320d グランツーリスモ xDriveでは17.4km/L)のJC08モード燃費を実現し、高い環境性能を手に入れている。

写真は、320d グランツーリスモ xDrive M Sport(最高峰モデル)であるが、ディーゼルエンジン搭載車とは思えないほど、スポーティなエクステリアを纏い、アロイホイールの隙間からはMの刻印入のブルーペイント対向ブレーキキャリパーが覗く。

エンジントルクを前後のタイヤに可変配分して最適なトラクションを提供するインテリジェント4輪駆動システム「xDrive(エックスドライブ)」を2モデルに搭載。同社のアナウンスでは「輸入車でクラス唯一の“ディーゼル&4輪駆動”のセダンモデル」という位置づけである。


emblem_BMW.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社 http://www.bmw.co.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

BMW M4 CS

BMW M4 CS登場

サーキット仕様として60台限定生産

P90251019_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251020_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251024_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、高性能スポーツ・カーBMW M4(エムフォー)をベースに、サーキット走行性能を大幅に高めた 世界限定車BMW M4 CS(シーエス)の日本仕様を全国60台限定で導入し、本日よりBMW 正規ディーラーにて受注を開始する。納車は、本年秋以降を予定している。

BMW M4は、サーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持つ、究極のドライビング・マシンである。そのBMW M4のラインアップには昨日発表の新型モデルよりエンジン性能を高めたBMW M4コンペティションを設定しているが、今回、更なるエンジン性能の向上と軽量化によって究極のサーキット走行性能を提供する限定モデルとして、BMW M4 CSが誕生した。

P90251049_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251051_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251052_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251053_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

フロントのエクステリア・デザインは躍動感あるアスリートのような印象を与え、停車中でさえも高性能スポーツ・カーであることをはっきりと主張している。最新のLED技術を採用した片側二灯式ヘッドライト、ブラックに塗装されバーを持つフラットでワイドなキドニー・グリル、3つに分かれた大型のエア・インテークを持つフロント・スポイラーにより、運動性能の高さを強調している。リヤ・デザインは、CFRP製のリヤ・スポイラーにより、視覚的にスポーティなアクセントとなるだけでなく、リヤ・アクスルに働く揚力を低減することで、ロード・ホールディングとトラクションを最適化するのに役立っている。さらに、CFRP製のリヤ・ディフューザーは、エグゾースト・フラップ付きツイン・フロー・エグゾースト・システムの4本出しMロゴ付きのテールパイプとも視覚的に調和を保ちつつ、フロア下を流れる気流を最適化し、ロード・ホールディングの改善に寄与している。

P90251068_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

BMW M4 CSの心臓部として搭載される3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンは、BMW M4コンペティションよりも7kw(10ps)アップの最高出力338kW [460ps]/6,250rpmを発揮する。トルクは50Nmも増大し、最大トルク600Nm/4,000-5.380rpmである。この卓越したパフォーマンスによりBMW M4 CSはスーパー・スポーツ・カーの走行性能を得ており、0~100km/hの発進加速タイムは4秒を切る僅か3.9秒である。

P90251057_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

M4 CS用に専用開発されたオービット・グレイの鍛造アロイ・ホイールが、特徴的である。10本スポークのデザインは、ドイツ・ツーリング・カー選手権(DTM)で成功を収めたM4レーサーのホイールに倣ったものであり、サーキットでの最高の運動性能を誇るため、軽量化を追求している。9J x 19のフロント・ホイール重量は約9kg、10J x 20のリヤ・ホイール重量はわずか約10kgと、徹底的に軽量化され、極めて高い運動性能に寄与している。

P90251058_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251064_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

P90251066_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

インテリアにおいては、肌触りの良いレザーと上質なアルカンターラを基調としている。運転席と助手席には、コントラスト・ステッチ付きレザー・メリノ・ブラック&アルカンターラ・インサートおよびMストライプ刺繍が施され、また、バックレストには照明で浮かび上がるM4のロゴがあしらわれた、軽量化されたBMW M4 CS専用のスポーツ・シートが採用されている。この専用シートは、サーキットでの過酷な走行条件でも完璧なサイド・サポートを提供し、ロング・ドライブでも優れた快適性を提供する。インテリア・トリムはアルカンターラ張りがされおり、モデル名のCSのロゴが浮かび上がり、専用モデルであることを車内においても印象付けている。さらにドア・シル部分にはM4 CSロゴ付きエントランス・ストリップを装着している。

P90251035_highRes_the-new-bmw-m4-cs-04.jpg

全長4,672mm、全幅1,870mm、全高1,392mm、ホイールベース2,812mm、車両重量1,580kg、排気量2,979cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力338kW (460PS) /6,250rpm、最大トルク600Nm/4,000-5,380rpm。

  • BMW Individualハイグロス・ブラック・シャドーラインキドニー・グリル/サイド・ギル
  • 専用CFRP製フロント・スプリッター
  • 専用M アロイ・ホィールVスポーク・スタイリング763M(オービット・グレー塗装)
    フロント:265/35 R19
    リヤ:285/30 R20
  • 専用CFRP製リヤ・スポイラー/リヤ・ディフューザー
  • 専用オーガニックLED(OLED)テール・ランプ
  • 専用バケット・シート(レザー・メリノ: ブラック&アルカンターラ・インサート)
  • 3点式シート・ベルト(Mストライプ付)
  • 専用アルカンターラM スポーツ・ステアリング・ホィール(センター・マーク付)
  • 専用アルカンターラ・アンソラジット・トリム(CSレタリング付)/センター・コンソール/ハンド・ブレーキ
  • 専用アンソラジット・ドア・トリム/ストラップ(M ストライプ付)
  • 専用Hi-Fiスピーカー・システム(600W / 12スピーカー)
  • M ドライバース・パッケージ

emblem_BMW.jpgビー・エム・ダブリュー株式会社 http://www.bmw.co.jp/




nice!(1) 
共通テーマ:自動車