So-net無料ブログ作成

アウディQ4クーペSUV

アウディQ4 新型クーペSUV

01.jpg

アウディの新型クーペSUVである「Q4」の市販型に近いモデルが明確になってきた。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

アウディのスポーツカーである「TT」をイメージさせるスタイリッシュなエクステリアを持つ新型SUV「Q4」。

ベースグレードには、直列4気筒1.5リッターガソリンターボの「TSI Evo」が搭載。これは、新型「ゴルフ」と共通のもので、最高出力150PS/最大トルク250Nmを発生する。

ハイパフォーマンスモデル「RS Q4」も存在し、直列5気筒2.5リッターターボが搭載され、最大出力400PS/最大トルク480Nmを発生。トランスミッションは、デュアルクラッチの新開発7速Sトロニックにquattroシステムが組み合わさせる。

07.jpg

アウディ独自のバーチャルコクピットが採用されている。

06.jpg

スポーティなインテリアは、「TT」を彷彿とさせるもの。

08.jpg

リアシートには、ラグジュアリーサルーンのような居住性を誇り、大型モニターも左右に装備される。

09.jpg

リアシートを倒せば、スキー板も積載可能な広大なラゲッジルームが出現する。
2019年には販売が決定されている同車。登場が楽しみな一台である。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ボルボクロスカントリー限定車

ボルボ、「V40 クロスカントリー」限定モデル「INATOMO SELECTION」

01.jpg

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は「V40 クロスカントリーの限定車「V40 クロスカントリー INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を発売

今回の特別仕様車は40台限定。雑誌「STORY」のカバーモデルとなる。

2016年からボルボのアンバサダーを務める稲沢朋子氏(愛称:イナトモさん)がプロデュースを行ったモデルで、2.0リッターディーゼルターボエンジンの「D4」と、2.0リッターガソリンターボエンジンに四輪駆動システムを組み合わせた「T5 AWD」の2タイプのモデルをベースとしている。

「D4 INATOMO SELECTION」が限定30台、「T5 AWD INATOMO SELECTION」が限定10台。

02.jpg

スカンジナビアモダンのインテリアはボルボならではの質感。同車のベース車両には何度も試乗したが、ディスプレイ式のスピードメーターなど視認性は非常に高い。

前方を走るクルマを始め、歩行者や自転車も検知し、万が一の場合は必要に応じて自動でフルブレーキが作動する「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や、歩行者との衝突を感知するとエアバッグがフロントウインドウ全面に開き、歩行者への衝撃を軽減させる「歩行者エアバッグ」など世界最高レベルの安全性を確保。

車両価格は459万円。


emblem_volvo.jpgボルボ・カー・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車