So-net無料ブログ作成

アウディe-tronスポーツバック

アウディ「e-tron スポーツバック コンセプト」公開

オート上海2017会場で発表(現地レポート)

09.jpg

アウディは「オート上海2017」の会場でEV(電気自動車)のコンセプトモデル「e-tron スポーツバック コンセプト」を公開。このモデルは、2019年に市販化が予定されている。

07.jpg

2019年販売に向けてほぼこのままの姿で登場するという。

15.jpg

14.jpg

4ドアSUVクーペデザインの「e-tron スポーツバック コンセプト」は、全長4900mm×全幅1980mm×全高1530mm、ホイールベース2930mmと堂々たるボディサイズである。

A172938_medium.jpg

フロントアクスルに1つ、リヤアクスルに2つの電気モーターをそれぞれ設置して4輪を駆動するお得意の「クアトロシステム」を採用。320kWという強力なモーターを搭載し(ブーストモードでは370kW)0-100km/h加速は4.5秒とスポーツカーすら凌ぐ動力性能を発揮する。バッテリー容量は95kWhと大容量で、500kmを超える航続距離(NEDC)を可能。

10.jpg

08.jpg

インテリアは近未来的なデザインを採用している。メーターは専用の「アウディバーチャルコクピット」

11.jpg

リアコンビネーションライトはフルLED。より立体的なデザインを採用している。

12.jpg

特徴的な「フォーシルバーリングス」のエンブレム

A172946_medium.jpg

A172945_medium.jpg

A172947_medium.jpg

19.jpg

「e-tron スポーツバック コンセプト」をオート上海で初公開したのは、中国は電気自動車市場をリードできるからである。これからインフラも容易であることや、大気汚染による環境問題改善もそれにあたる。充電ステーションも増加され、2017年末までにはさらに25万カ所を超えるという。

 

emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(4) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAクラスセダン

メルセデスベンツ「Aクラス」のセダン「コンセプト A セダン」公開

オート上海2017会場にて世界初公開

01.jpg

メルセデス・ベンツは、「オート上海2017」で「コンセプト A セダン」を公開すると発表した。

02.jpg

03.jpg

07.jpg

アルミホイールは20インチという大口径を採用している。

04.jpg

「Aクラス」のセダンとなるコンセプトモデルで、市販化の可能性は極めて高いモデルである。「Aクラス」をベースとしながらもボディサイズは堂々としたもので、全長4570mm×全幅1870mm×全高1462mm。一例として「Aクラス」と共通のプラットフォームを採用する「CLA クーペ」と比較した場合、100mm短く、90mm広く、32mm高いサイズ。

10.jpg

「メルセデスAMG GT R」のようなパンアメリカーナグリルが採用。クーペスタイルのボディと相まって迫力満点だ。

09.jpg

コンビネーションライトは「矢」をイメージしたもので、アグレッシヴな印象を見るものに与える。

詳細な情報が入り次第、再度お伝えいたしますので、お楽しみに。

 

emblem_mercedes-benz.jpg メルセデスベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車