So-net無料ブログ作成

C-AIRCROSS現地レポート

シトロエン「C-AIRCROSS」現地レポート

02.jpg

12.jpg

シトロエンはジュネーブショー会場にて、コンパクトSUV「C-AIRCROSS」を発表した。

05.jpg

10.jpg

全てが「奇抜」という言葉しか思い浮かばないエクステリアデザイン。

03.jpg

「C-AIRCROSS」 は新型「C3」をベースしながらも、奇抜なエクステリアが特徴的。全長は4.15m、全幅1.74m、全高1.63m。 昨年日本にも導入されてそのコンセプトカーをそのまま市販化したようなスタイリングに注目を集めた「C4カクタス」に近いが、やや正方形に近いものがある。エンジンは、直列3気筒1.2リッターエンジンを備える。

06.jpg

リアデザインもやはり「奇抜」そのもの。リアコンビネーションランプはLEDを採用。

07.jpg

マットブラックポリッシュのアルミホイールはいかなるクルマにも似ていない。

13.jpg

全てがオシャレで奇抜なこのクルマであるが、本格的なオフロード走破性も考慮されている。駆動方式はFFであるが、トラクションを電子制御するPSAお得意の「グリップコントロール」を採用している。

04.jpg

サイドミラーには、物理的な“鏡”ではなく、カメラを備え、車内の高解像度モニターミラーで確認する。

09.jpg

フロントマスクはなかなか迫力のあるもの。LEDヘッドライトを採用している。

08.jpg

1本スポークのステアリングはシトロエンの伝統を取り入れている。 エクステリア以上に「奇抜」なインテリアであるが、機能性には優れている。各部素材は弾力のあるソフトなものを採用。掛け心地の柔らかなシートはアルカンターラにキルティングのエンボス加工が施されている。シートの形状は平面的なもので乗降性を重視している。

ダッシュボードの中央には12インチの分割表示が可能なタッチ・スクリーンを搭載。車両各部に設けられたカメラの映像を映し出し、死角を最大限無くしている。メーターは存在せず、ヘッドアップディスプレイを大型化した「ヘッドアップヴィジョン」を採用し、スピードやエンジン回転数、燃料残量などを透明のアクリル板に映し出し前方視認性はピカイチだ。

 

yjimage.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

ジャガーI-PACE現地レポート

ジャガー新型SUV 「I-PACE」現地レポート

ジャガー初の電気自動車は0-100Km/h加速4.0秒以下!販売決定

01.jpg

今回のジュネーブショーで多くの報道陣から注目を浴びていたのが、ジャガーブースに置かれた鮮烈なレッドのSUV。このクルマは、ジャガー初のEV(完全電気自動車)です。

05.jpg

06.jpg

ジャガーのSUVラインナップでは、「F-PACE」があるが、EVの「I-PACE」はクーペのように傾斜したフロント・ウインドスクリーンとCピラーが特徴的なボディは5名乗車。

全長は4,680mmと「F-PACE」に比べ60mm程短いボディだが、同社の説明では、「XJ」のような居住性を実現しているという。ラゲッジルーム容量は通常のシートアレンジで530リッター。巨大なフロントボンネットにもエンジンが存在しないため、荷物の積載が可能である。

02.jpg

03.jpg

誰にも似ていないスポーティなエクステリアデザインのSUVながら、スポーツカーを凌ぐ動力性能を手に入れている「I-PACE」。このクルマはジャガーが白紙の段階から新開発され、すでに市販化も決定されている。 電気モーターは前後に搭載されており、最大出力は400PS、最大トルク700Nmを発生する。電気モーターの特性で全域で最大トルクを維持できる。0から一気に最大パワーを発揮する電気モーターは、四輪駆動で、0-100Km/h加速は、4秒を切るという。

この電気モーターシステムは他社の手を借りることなくジャガーが独自で開発したもので、90分で80%まで充電が可能。満充電での航続距離は、500キロというから驚きである。90kWhのリチウムイオン・バッテリーが床下に並べられ低重心化にも一役かっている。

 

emblem_jaguar.jpg ジャガージャパン http://www.jaguar.co.jp/index.html


nice!(2) 
共通テーマ:自動車