So-net無料ブログ作成

ランボルギーニウラカン現地レポート

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」世界初公開現地レポート

06.jpg

ランボルギーニは、ジュネーブモーターショー会場にて「ウラカン・ペルフォルマンテ」を世界初公開。

01.jpg

◆量販車で世界最速タイムを記録

同社CEOの「ステファノ・ドメニカリ」氏が「ウラカン・ペルフォルマンテ」について車両紹介を行った後、ドイツ・ニュルブルクリンク ノルトシュライフェ(北コース)で量産車として世界最速となる6分52秒01のラップタイムを記録したことを報告した。

02.jpg

V型10気筒 5.2リッター自然吸気エンジンを搭載するのは、ベースモデルと変わらないが、「ウラカン・ペルフォルマンテ」ではエアインテークシステムの効率を高め、チタン製バルブ、エグゾーストシステムの再設計などにより最高出力640PS/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発揮し、ベースモデルより大幅にパワーを向上させた。

03.jpg

ボディサイズは全長4506mm×全幅1924mm×全高1165mm、ホイールベースは2620mm。

05.jpg

ランボルギーニの特許素材である「フォージドコンポジット」を採用した大型リアスポイラーやディフィーザーなどが、0.1秒の速さを追求した結果の装備であると言える。エキゾーストパイプはエンジンに近い中央寄りにセットされ、ベースモデルと比較し、雷鳴のようなサウンドを響かせる。

09.jpg

ベースモデル同様、灯火類はオールLEDを採用している。

08.jpg

タイヤも専用開発されたピレリ「P ZERO CORSA」を装備する。

同車は、最高速度325km/h以上、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速8.9秒と世界最速レベル。

07.jpg

コクピットも「ウラカン・ペルフォルマンテ」専用で、スパルタンだ。

 

emblem_lamborghini.jpgランボルギーニジャパン:http://www.lamborghini.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車