So-net無料ブログ作成
検索選択

ポルシェ911GT3現地レポート

ポルシェ新型「911 GT3」を4月6日予約受注開始。現地レポート

01.jpg

ジュネーブショーの会場にて姿をあらわしたポルシェ新型「911GT3」。日本国内では4月以降に受注を開始する。

05.jpg

最新の「911」シリーズはダウンサイジング&ターボという時代の流れに合わせながらも動力性能はモデルチェンジの度に向上し、「最新のポルシェが最良のポルシェ」と言われるが、新型「911 GT3」は、サーキット走行専用のレーシングカー「911 GT3カップ」に採用されるレーシングエンジンの性能、モータースポーツに対するテクノロジーを仕様変更をせずに搭載するいわば、「公道を走れるレーシングカー」だ。

02.jpg

ポルシェのスタイリングは永遠。スパルタンな仕様でも、品が損なわれないところはさすがだ。

03.jpg

水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジンをRRレイアウト。後輪駆動する。デュアルクラッチの7速PDKを組み合わされ、 最高出力500PS/8250rpm、最大トルク460Nm/6000rpmを発生する。4.0リッターエンジンで8250rpmで最高出力を発生する高回転型はまさにレーシングエンジン。6MTも2017年秋以降に生産される。

04.jpg

巨大なリアスポイラーは伊達ではない。オーバー300km/hカーであることの証明で強烈なダウンフォースを生み出す。

徹底した軽量化により、車両重量は1430kg。パワーウエイトレシオは2.86kg/PS。0-100Km/h加速は、PDKで3.4秒、最高速度は318Km/h。6MTでは、0-100Km/h加速3.9秒、最高速度は320Km/h以上を記録する。

06.jpg

センターロック式のホイール。ブレーキシステムはカーボンセラミックディスクローターを備える。

07.jpg

コクピットは、意外なほどの快適装備が備わる。スピードメーターは350Km/hまで刻まれる。

 

emblem_porsche.jpg ポルシェ ジャパン株式会社 http://www.porsche.com/japan/


nice!(2) 

アルピーヌA110現地レポート

ルノーアルピーヌ「A110」世界初公開。現地レポート

10.jpg

ルノーは、ジュネーブモーターショー会場でルノーのスポーツブランドである「アルピーヌ」の新型モデル「A110」を世界初公開。嬉しいことに2018年には、日本国内での販売も開始される。

11.jpg

伝統のブランドである「アルピーヌ」が完全復活。

「アルピーヌ」は基本ルノー車をベースとしてスポーツカーやレーシングカーを製作した。「アルピーヌV6ターボ」や「A610」などオリジナルスポーツカーもバブル期には日本で発売され、現在でも専門ショップで入手できるが、その後アルピーヌブランドは、開店休業状態となっていた。今回のジュネーブモーターショーで「A110」を世界初公開し正式に復活。

数々の名車を生み出したフランス ディエップにある工場で生産される事が決定しており、今年末にヨーロッパで、2018年には日本国内での販売もアナウンスされた。

05.jpg

伝統のスタイリングを忠実に再現している。全幅は1798mm。

06.jpg

報道陣の注目度が最も高かったといえる。アルピーヌ「A110」。全長は4178mm。

07.jpg

01.jpg

フルLEDのコンビネーションランプにセンターマフラー、中央にはアルピーヌのエンブレム。

12.jpg

フォグランプもオリジナルの「A110」を忠実に再現。新型ではフォグランプの淵がLEDで光る。

04.jpg

アルピーヌ「A110」専用のブレーキシステム。前後共にブルーに塗られた対向キャリパーはアルピーヌの刻印が入る。

09.jpg

軽量なアルミシャシーを採用しており、車両重量は1103kgとまさにライトウェイトスポーツ。気になる心臓は、新開発の直列4気筒1.8リッターターボ。デュアルクラッチのゲトラグ製7速DCTを組み合わせる。オリジナルの「A110」はRRレイアウトであったが、新型「A110」は、ミドシップレイアウトを採用。後輪を駆動する。最高出力は252PS、最大トルクは320Nmを発生させ、軽量なボディには十分過ぎるもので、0-100km/h加速は4.5秒と一級スポーツカー並を記録。

13.jpg

コクピットはタイト。まさに、男の仕事場的な空間。

15.jpg

ディスプレイ式のメーターは計器そのものは存在しないグラスコクピット。スピードメーターは300km/hまで表示される。

14.jpg

シフトレバーは存在しない。手前のレッドボタンはエンジンスタート/ストップ。市販ルノー車からの部品流用は一切なく全てがオリジナル設計である。

08.jpg

左が新型「A110」。右がオリジナルの60年代の「A110」。往年の名車がここに復活を遂げたことは、その昔アルピーヌ「V6ターボ」(D501)を所有していた筆者には嬉しい限りである。

emblem_Renault.jpg ルノージャポン http://www.renault.jp/


nice!(0)