So-net無料ブログ作成

VWアルテオン現地レポート

フォルクスワーゲン新型5ドアグランツーリズモ「アルテオン」現地レポート

04.jpg

フォルクスワーゲンは、新型5ドアグランツーリズモ「アルテオン」をジュネーブモーターショーの会場にて世界初公開された。「アルテオン」はドイツ、エムデン工場で生産が決定されており、6月中旬からドイツ国内を皮切りに納車を開始。

05.jpg

09.jpg

01.jpg

アルテオン Elegance

これまでのVolkswagenとは一線を画す「アルテオン」は、クーペフォルムの5ドア。実際目にすると、ワイド&ローといった雰囲気で、スポーツカーのような部位も見て取れる。全長4862mm×全幅1871mm×全高1427mmという堂々たるサイズ。タイヤサイズは20インチを採用し、展示車両には245/35R20が装備されていた。

08.jpg

アルテオン R-Line

フロントから左右のホイールアーチまで覆う大型のボンネットが印象的。ボンネット中央に向かって発光するLEDデイタイムライトがより、スポーティな印象を与える。(ターンシグナル、ヘッドライトも含めオールLEDを採用。)

06.jpg

07.jpg

アルテオンTDI

ディーゼルモデルのTDIは最高出力240PSを発揮し、ガソリン車以上のトルクフルな走りが魅力。Volkswagenのエンブレムの下にアルテオン専用の幅広いエンブレムが高級サルーンの主張。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン http://www.volkswagen.co.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

フェラーリ812 Superfast

フェラーリ「812 Superfast」世界初公開 現地レポート

03.jpg

フェラーリは史上最強となる新開発のV型12気筒6.5リッターエンジンを搭載する新型モデル「812 Superfast」を第87回ジュネーブ国際モーターショーの会場で世界初公開した。

01.jpg

フェラーリの過去のラインナップの中で史上最強のモデルが登場。まったくの新開発V型12気筒6.5リッターエンジンは、最高出力はなんと怒涛の800PS/8000rpm、最大トルク718Nm/7000rpmを発生する。トランスミッションはデュアルクラッチの7速DCTをリアに配置。前後重量配分はフロントを47:リアを53というレイアウトである。

02.jpg

怒涛の動力性能は、最高速340km/h以上、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒だ。

04.jpg

フェラーリ史上最強のV型12気筒6.5リッターエンジンは、1から新開発された。

 

emblem_ferrari.jpg フェラーリ・ジャパン http://www.ferrari.com/Japanese/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車