So-net無料ブログ作成
検索選択

ルノー新型アルピーヌ「A110」

ルノーアルピーヌ「A110」をジュネーブショーで世界初公開

03.jpg

ルノーは、「ジュネーブモーターショー」会場で世界初公開するアルピーヌブランドの市販型モデルの「A110」の画像を公開した。

04.jpg

市販モデルの「A110」。ブレーキキャリパーはブルーに塗られ、前後ともに対向キャリパーを採用しているのが確認できる。

「A110」は2人乗りのピュアスポーツカーとして登場。コンセプトモデルでは「アルピーヌ・ヴィジョン」という車名が発表されたが、市販モデルでは伝統の車名である「A110」となった。  

「A110」は60年代に発売されたオリジナルを踏襲し、コンパクトなエクステリア、ライトウェイトボディを忠実に生産され、アルミニウムのプラットフォームやアッパーボディを備えたとしている。  

新型「A110」の詳しい情報はジュネーブショーの会場で行われる。詳しい情報は情報が入り次第お伝えします。

A110.jpg

1963年~1977年まで生産されたオリジナルの「アルピーヌA110」。

emblem_Renault.jpg ルノージャポン株式会社 http://www.renault.jp/



共通テーマ:自動車