So-net無料ブログ作成
検索選択

マイバッハG650現地レポート

メルセデス・マイバッハG650ランドレット現地レポート

01.jpg

ジュネーブショーメルセデスブースで異色な一台が世界初公開された。同社のプレミアムブランドである「マイバッハ」より、本格オフローダー「Gクラス 」ベースの「G650ランドレット」だ。

07.jpg

06.jpg

05.jpg

マイバッハ・ブランドから登場した「G650ランドレー」は、「Gクラス」をベースに車体後部をヒックアップ風に仕上げた。もちろん開閉が可能な幌が装備される。全長5345mm、全幅2110mm、全高2235mmと大幅に拡大され、究極のラグジュアリーオフローダーと言えるクルマだ。

03.jpg

オープンラゲッジスペースの後部には、巨大なスペアタイヤを背負っており、ワイルドな一面も見せる。

08.jpg

メルセデスのラグジュアリーブランド「マイバッハ」のエンブレムもさりげなく貼られている。

02.jpg

このクルマのベースは「G500 4×4スクエア」をベースにしている。本格的なクロスカントリーとしての資質を備えているのは、「Gクラス」ならではで、 3基のディファレンシャル・ロック・システムを搭載しており、その高い走破性にライバルはいない。ブレーキも大幅に強化され、ホイールの隙間からレッドに塗られた大容量対向キャリパーが覗く。

また搭載されるエンジンには、驚いた。ダウンサイジング化が進む中、そんな事クソくらえの、V型12気筒6.0リッターツインターボエンジンを搭載し、最高出力は実に630PS、最大トルクは 1000Nmを発生。

04.jpg

無骨だった「Gクラス」のインテリアも「マイバッハ」仕様になれば、本革を多様した、最高のラグジュアリーな空間へと変貌を遂げている。キャビン後部は、透明度を変化させることができるガラス製の電動パーティションで、フロントシートと仕切る事が可能。

99台の限定販売で、車両価格は9100万円。今年後半から販売を開始する。

 

M.jpgメルセデス日本株式会社 www.mercedes-benz.co.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

RUF CTR2017現地レポート

RUF CTR2017現地レポート

クラシックポルシェがタイムスリップして新車で登場。最高速度360Km/h!!

01.jpg

ジュネーブショーRUFブースに「おおっ懐かしい名車が停まっているなあ・・・」と思って近づくと「RUF CTR 2017」と呼ばれるこのクルマ、列記とした新車でした。空冷時代にポルシェといえばこの930型のエクステリアデザインが最も印象に残っています。実は驚くべきスペックを誇る、最新スーパーカー。

◆1987年に登場した当時世界最速マシーン

09.jpg

1987年製オリジナルの「RUF CTR」

ポルシェ専門のチューニングメーカーの「RUF オートモビル」。ポルシェからホワイトボディを買い入れハンドメイドで組み上げていく。1987年日本がバブル景気真っ盛りの頃、イエローバードという愛称で登場した「RUF CTR」。ポルシェ911(930)をベースにRUF社がビス一本まで刷新し徹底したチューニングの結果、SOHCフラット6 3.3リッターエンジンは、当時想像もつかなかった500PSオーバーのパワーを発生し、ライバルであったフェラーリF40すら負かす最高速度339Kkm/hという途方もない数値を叩き出した。現代の最新スポーツカーを持ち出しても敵わないと言える。当時高校生だった筆者もポルシェ959同様印象に残っているクルマ。

07.jpg

1987年型と区別がつかない程の「RUF CTR2017」。最新のポルシェが最良と言われるが930ボディは時代を超越して美しい。

03.jpg

「RUF CTR2017」のフロントマスクを観察するとフォグランプがエアダクトにヘッドライトもマルチリフレクターのプロジェクター式に刷新されている。

05.jpg

「RUF CTR2017」のヒップ。オリジナルと区別がつかないが、現代のクルマらしくリアコンビネーションライトがLEDとなっている。エクステリアデザインはクラシカルであるが、ボディシェルは全て刷新され、オールカーボンファイバーボディにオリジナルを再現したイエローペイントが纏う。

02.jpg

細部もオリジナルにこだわったというが中身は別物である。

04.jpg

巨大なリアスポイラーの下には、DOHCフラット6水冷3.6リッターツインターボエンジンを搭載。車体重量は1200Kgと徹底して軽量化された。気になるスペックは、実に最高出力710PS、0-100Km/h加速は3.5秒という。トランスミッションは6MTのみで強化クラッチを装備。発進には気を遣いそうだ。最高速度は、フェラーリでも、R35 GT-Rでも追いつけない最高速度360Km/hというから恐れ入る。

06.jpg

生産台数は現在の発表では30台。日本にも輸入される予定でその価格は、9000万円を超えるそうだ。

 

yjimage.jpg株式会社RTC http://www.ruf-web.co.jp/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

ルノー キャプチャー現地レポート

ルノー新型「キャプチャー」現地レポート

01.jpg

02.jpg

ルノーは、同社のコンパクトカーである「キャプチャー」の新型をジュネーブショーの会場で世界初公開。

03.jpg

04.jpg

新型とは言ってもルノー乗りの筆者が観察する限り、大きなエクステリアの変更はなくマイナーチェンジの域といえる。しかし、フルLEDヘッドライトを採用し、フロントバンパーの下側には、C型の高輝度LEDデイタイムランニングライトを装備したことにより、より前衛的な面構えになった。また、グリルデザインは一新され、高級感も増した。あっ、結構変わっているなあ。

06.jpg

ホワイトボディとグラスルーフのコーディネイトがおしゃれ。小さいが存在感は満点だ。

05.jpg

08.jpg

リアバンパーのデザインも一新された。またリアコンビネーションライトはLED式に変更された。

09.jpg

フロントバンパーに埋め込まれたC型のLEDデイタイムランニングライトがフロントマスクを引き締める。

10.jpg

リアの最大の変更点は、リアコンビネーションランプの形状変更。LEDを採用しチューブ状に発光する。

07.jpg

今回は、エンジンなどの変更なないものの、インテリアの質感も弾力のある素材を採用し、質感をアップ。日本でも、人気の高い「キャプチャー」。存在感の増した新型はさらに販売台数を伸ばすことだろう。

 

emblem_Renault.jpg ルノージャポン http://www.renault.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

ベントレーEXP12現地レポート

ベントレーEXP12 Speed 6e 現地レポート

世界でもっとも優美な電気自動車登場

01.jpg

ベントレーモーターズは、ジュネーブモーターショー会場にて「EXP 12 Speed 6e」を世界初公開をした。そのスタイリングは、これまでのベントレーのイメージとは異なり、上質ながら、スポーティ。オープンラグジュアリースポーツの代表格である「メルセデスSL」以上に筆者はカッコイと感じた。

02.jpg

05.jpg

06.jpg

11.jpg

エクステリアは、ロングノーズ、ショートデッキのクラシカルスポーツカースタイリング。ベントレーの象徴ともいえるメッシュグリルも採用されている。

最新の充電システムである非接触式急速充電にも対応している。また一般の充電装置にも対応しており、リアナンバープレートの裏に隠れている充電ポートを自宅などの200V電源に接続し、「EXP 12 Speed 6e」に搭載されるバッテリーへ充電を行う。 ベントレーは、今後数年の間に全ラインアップにPHEVモデルを導入することも、ベントレーが掲げる電気自動車戦略のひとつ。2018年にBentaygaでのPHEVモデル初導入を予定している。

08.jpg

21インチアルミホイールにゴールドに塗られた6ピストンキャリパーが装備されていた。

07.jpg

本革を多用した優美なインテリア。

09.jpg

最新技術がてんこ盛りながら、それを隠しクラシカルに仕上げてあるあたりは、素晴らしい。

12.jpg

スタート/ストップスイッチ。まるで、高級時計のリューズのような工芸品のような繊細な作りが印象的。

10.jpg

エクステリア、インテリアともにオープンラグジュアリースポーツカーとして、ガソリンエンジンを搭載して販売して欲しいと感じたモデルでした。

 

yjimage.jpgベントレーモーターズ https://www.bentleymotors.jp/


nice!(1) 
共通テーマ:自動車

ルノーZOE 現地レポート

ルノーZOE e-Sportsコンセプト現地レポート

コンパクトカー世界最速の電気自動車は、466PS!!

01.jpg

新型「トゥインゴ」が品薄状態が続いているが、ジュネーブモーターショールノーブースで、一台のコンパクトカーが発表された。コンパクトなエクステリアながら、攻撃的な雰囲気が漂うこのクルマは電気自動車である。

02.jpg

コンセプトカーとは言ってもルノーのホットハッチらしさが溢れている。ルノーのF-1技術を活かして、ボディはカーボンファイバー製というから 驚きである。ホイールはなんと20インチ!という大口径を装備しており、大型の対向キャリパーも備える。

04.jpg

同然ならがエキゾーストエンドは存在しないが、大型のディフィーザーがただのホットハッチではない事を物語っている。

05.jpg

このコンパクトなエクステリアからは到底想像も付かないスペックがこのクルマの魅力。

ルノー「ゾエe-スポーツ」は、ツインモーターを搭載している。電気モーターが絞り出す怒涛のパワーは、最高出力466ps/4300rpm、最大トルクは65.1kg-mというから、コンパクトカーでは世界一のスペックであることは間違えない。さらに驚かされるのは、0-100km/h加速が3.2秒、0-200km/h加速が10秒以下とスーパーカーも真っ青のパフォーマンスを実現している。コンパクトなボディからこの加速を想像するだけで、怖くなるほどである。ルノー「メガーヌR.S.275トロフィー-R」に使用されるダブル・ウィッシュボーン・サスペンションを装備している。

06.jpg

ユニークなインテリアはコンセプトカーの域であるが、近未来的な雰囲気は世界最速コンパクトカーに相応しい。

08.jpg

466PSというパワーで市販化されるとは到底考えられないが、 ルノーの電気自動車開発にかける将来の戦略が見える気がしたクルマであった。

 

emblem_Renault.jpg ルノージャポン http://www.renault.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

アルピナ B4 S現地レポート

アルピナ 「B4 S ビターボ クーペ」現地レポート

01.jpg

ジュネーブショーアルピナブースでは、BMW4シリーズをベースにした 「B4」のマイナーチェンジ版である「B4S」が世界初公開された。

1-1.jpg

元々美しいBMW4シリーズだが、アルピナブルーに塗られ、20インチアルピナホイールをを装備したことにより、さらに上質感が増している。その場で、立ち尽くして、見とれてしまうほどの美しさだ。

02.jpg

フェイスリフトによってフロントマスクはよりシャープなものになった。

03.jpg

オールLED のリアコンビネーションライトにさりげなく左右それぞれ2本のエキゾーストエンドが装備される。それにしても、この角度からもその美しい曲面に惚れ惚れしてしまった。

05.jpg

基本的なインテリアはBMW4シリーズと共通だが、ホワイトレザーのスポーツシート、盤面がアルピナブルーに塗られたメーターパネルは、メーターの名門、独VDO社が担当。

07.jpg

シフトレバー前方には、アルピナ製作の証であるシリアルナンバーが刻印されたプレートが貼られる。

06.jpg

直列6気筒3.0リッターツインターボエンジンは、パワーアップを果たし 最高出力440PS/5500~6250rpm、最大トルク660Nm/3000~4000rpmを発生する。0~100km/h加速4.2秒、巡航最高速度306km/hの実力を持つ。

04.jpg

リアエンブレムも「B4S」に変更されている。

 

yjimage.jpgアルピナオートモービル http://alpina.co.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

DS7クロスバック現地レポート

DSにフラッグシップのSUV「DS 7 クロスバック」登場。現地レポート

04.jpg

DSはジュネーブショー会場で、シリーズ中フラッグシップモデルとなる「DS7クロスバック」を発表した。

10.jpg

08.jpg

09.jpg

写真では伝わりにくいですが、実際には相当な迫力あるエクステリアで、ボディサイズは全長4.57×全幅1.89×全幅1.62mという堂々たるもので、レクサス NX300hやアウディ Q3、BMW X1にボルボXC 60が欧州市場でのライバルとなる。エンジンラインナップでは、1.6リッターターボのTHP225を筆頭に、THP180、1.2リッターターボのピュアテック130の3種類を用意。トランスミッションはアイシン製8速ATが組み合わされる。

05.jpg

06.jpg

やはり全幅1.9mに迫るボディは迫力が違います。リアコンピネーションランプは非常に凝ったヒカリを放つLEDを採用。

ディーゼルエンジンは2リッターターボのBlueHDi180に加え、新開発の1.6リッターターボであるBlueHDi130の2種類が用意される。

03.jpg

DSブランドのフラッグシップモデルと言うことで、2019年には100ps強の電気モーターと13kWhのリチウムイオン・バッテリーを後車軸モジュールに組み込んだ、4WDのPHEV仕様のカットモデルが会場に展示してあった。ガソリンエンジンのTHP225と組み合わされ、DS史上最大の最高出力300ps以上、最大トルク450Nmを発生させるという。また60キロほどのEV走行も可能としている。その昔、伝統であった「ハイドロマチックサスペンション」が完全に生産を取りやめてしまったが、革新的なサスペンションを導入する。「DSアクティブ・スキャン・サスペンション」と呼ばれるそのシステムは、車内前方に設置された好感度カメラで、5m先の路面をリアルタイムで撮影し、路面の凹凸に合わせ、コンピューターがサスペンションに指令を出し、4輪それぞれのショックアブソーバーが独立して最適な減衰力で作動するという。

11.jpg

どのクルマにも似ていないDSの世界が広がるインテリア。近代彫刻のようなモダンな造形だ。

安全機能も世界をリードするものであり、一例として、「DSコネクティッド・パイロット」は、0~180㎞/hの速度域で作動するアダプティブ・クルーズ・コントロールで高速道路走行中のレーンキープ機能が備わる。また赤外線センサーによって歩行者や動物を感知する「DSナイトヴィジョン」も備わっている。更にはドライバーの瞼の動きをモニターして疲労や居眠りを警告する機能も備わるというから、安全性能に対するコダワリは脱帽もの。

02.jpg

フランス車のプレミアム度を大幅に持ち上げてくれた今回の「DS7クロスバック」。300PSモデルも販売されるというから今後の動向に目が離せない。

 

yjimage.jpgDSオートモービル http://web.dsautomobiles.jp


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

C-AIRCROSS現地レポート

シトロエン「C-AIRCROSS」現地レポート

02.jpg

12.jpg

シトロエンはジュネーブショー会場にて、コンパクトSUV「C-AIRCROSS」を発表した。

05.jpg

10.jpg

全てが「奇抜」という言葉しか思い浮かばないエクステリアデザイン。

03.jpg

「C-AIRCROSS」 は新型「C3」をベースしながらも、奇抜なエクステリアが特徴的。全長は4.15m、全幅1.74m、全高1.63m。 昨年日本にも導入されてそのコンセプトカーをそのまま市販化したようなスタイリングに注目を集めた「C4カクタス」に近いが、やや正方形に近いものがある。エンジンは、直列3気筒1.2リッターエンジンを備える。

06.jpg

リアデザインもやはり「奇抜」そのもの。リアコンビネーションランプはLEDを採用。

07.jpg

マットブラックポリッシュのアルミホイールはいかなるクルマにも似ていない。

13.jpg

全てがオシャレで奇抜なこのクルマであるが、本格的なオフロード走破性も考慮されている。駆動方式はFFであるが、トラクションを電子制御するPSAお得意の「グリップコントロール」を採用している。

04.jpg

サイドミラーには、物理的な“鏡”ではなく、カメラを備え、車内の高解像度モニターミラーで確認する。

09.jpg

フロントマスクはなかなか迫力のあるもの。LEDヘッドライトを採用している。

08.jpg

1本スポークのステアリングはシトロエンの伝統を取り入れている。 エクステリア以上に「奇抜」なインテリアであるが、機能性には優れている。各部素材は弾力のあるソフトなものを採用。掛け心地の柔らかなシートはアルカンターラにキルティングのエンボス加工が施されている。シートの形状は平面的なもので乗降性を重視している。

ダッシュボードの中央には12インチの分割表示が可能なタッチ・スクリーンを搭載。車両各部に設けられたカメラの映像を映し出し、死角を最大限無くしている。メーターは存在せず、ヘッドアップディスプレイを大型化した「ヘッドアップヴィジョン」を採用し、スピードやエンジン回転数、燃料残量などを透明のアクリル板に映し出し前方視認性はピカイチだ。

 

yjimage.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

ジャガーI-PACE現地レポート

ジャガー新型SUV 「I-PACE」現地レポート

ジャガー初の電気自動車は0-100Km/h加速4.0秒以下!販売決定

01.jpg

今回のジュネーブショーで多くの報道陣から注目を浴びていたのが、ジャガーブースに置かれた鮮烈なレッドのSUV。このクルマは、ジャガー初のEV(完全電気自動車)です。

05.jpg

06.jpg

ジャガーのSUVラインナップでは、「F-PACE」があるが、EVの「I-PACE」はクーペのように傾斜したフロント・ウインドスクリーンとCピラーが特徴的なボディは5名乗車。

全長は4,680mmと「F-PACE」に比べ60mm程短いボディだが、同社の説明では、「XJ」のような居住性を実現しているという。ラゲッジルーム容量は通常のシートアレンジで530リッター。巨大なフロントボンネットにもエンジンが存在しないため、荷物の積載が可能である。

02.jpg

03.jpg

誰にも似ていないスポーティなエクステリアデザインのSUVながら、スポーツカーを凌ぐ動力性能を手に入れている「I-PACE」。このクルマはジャガーが白紙の段階から新開発され、すでに市販化も決定されている。 電気モーターは前後に搭載されており、最大出力は400PS、最大トルク700Nmを発生する。電気モーターの特性で全域で最大トルクを維持できる。0から一気に最大パワーを発揮する電気モーターは、四輪駆動で、0-100Km/h加速は、4秒を切るという。

この電気モーターシステムは他社の手を借りることなくジャガーが独自で開発したもので、90分で80%まで充電が可能。満充電での航続距離は、500キロというから驚きである。90kWhのリチウムイオン・バッテリーが床下に並べられ低重心化にも一役かっている。

 

emblem_jaguar.jpg ジャガージャパン http://www.jaguar.co.jp/index.html


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

アヴェンタドール現地レポート

ランボルギーニ「アヴェンタドールS」現地レポート

01.jpg

ランボルギーニは、ジュネーブショー会場にて、同社のスーパーカーである「Aventador」の上級モデルである「Aventador S」のマイナーチェンジ車を発表した。同モデルが登場して6年、初のエクステリア変更を受け登場した。

04.jpg

02.jpg

ジュネーブショーの会場でも一際オーラを放つのがランボルギーニ 「Aventador S」といえる。

07.jpg

複雑な形状に進化したフロントスポイラーは、カーボンファイバーを使用している。

03.jpg

リアデザインもアグレッシヴ。6.5リッターエンジンをミッドマウントされている。

V型12気筒DOHC 6.5リッターエンジンは、ベースモデル比で39PSのパワーアップを果たし、その最大出力は730PS、最大トルク690nmを発生。最高速度は350Km/h以上、0-100km/h加速は、2秒台半ばを記録。巨大なエンジンは、8,350~8,500rpmで最高出力を絞り出し、4輪を駆動する。まさに、世界最速クラスのクルマであると言える。

06.jpg

カーボンセラミックブレーキにブレンボ製8ピストンキャリパーを組み合わされる。

05.jpg

エキゾーストエンドはセンター出し。大型のディフーザーも350km/hを超える最高速度でその威力を発揮する。

 

emblem_lamborghini.jpgランボルギーニ ジャパン http://www.lamborghini.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車