So-net無料ブログ作成
検索選択

アバルト595マイナーチェンジ

アバルト「595」をマイナーチェンジ

内外装やエンジンパワーを向上

FCA ジャパン株式会社は、アバルトのホットハッチバックである「595」シリーズのマイナーチェンジを敢行。3モデル全てに右ハンドルを選べるほか、MT車にはコンパクトでは珍しい左ハンドルも用意。

「595」

01.jpg

フロントバンパーには、LEDデイライトを新たに装備した。

02.jpg

リアコンビネーションランプも新形状に変更された。

03.jpg

より高いホールド性を誇るスポーツシートを採用した。

04.jpg

約10PSのパワーアップを果たした。直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは最高出力145PS、最大トルク180Nmを発生。ボディカラーに新色の「Rosso Abarth(レッド)」を追加。

「595ツーリズム」

05.jpg

新デザインの17インチアルミホイールを装備。ブラックブレーキキャリパーも新装備だ。

06.jpg

バンパーも新しいデザインとなり、よりスポーティなエクステリアとなった。

07.jpg

シートもアバルトのロゴが入り、ホールド性も向上した。

08.jpg

直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは5PSの向上を果たし、最高出力165PS、最大トルク210Nmを発生。トランスミッションはシングルクラッチ5MT。595 ツーリズモとソフトトップを備える595C ツーリズモでは、ボディカラーに「Bianco Iridato(パールホワイト)」を追加。新デザインの17インチアルミホイールを装備しブラックペイントのブレーキキャリパーが覗く。

「595コンペティツオーネ」

09.jpg

ダイアカットの新デザイン17インチアルミホイールを採用。 フロントブレーキはブレンボ製4ピストン。

10.jpg

マフラーは4本出し。新しいデザインのバンパーと相まり、スポーティだ。

11.jpg

アバルト595の最高峰モデルだけあり、シートの形状はサーキットユースに対応。カーボンシェルを採用。

12.jpg

直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは最高出力180PS最大トルク230Nmを発生。ボディカラーに「Giallo Modena(イエロー)」を追加された。

13.jpg

モデル名を「アバルト 500」から、「595」に変更された。エクステリアでは、前後のバンパーを刷新。より前衛的なデザインとして、ホットハッチの印象を高めた。高輝度LEDによる楕円形のデイライトも装備された。リアのコンビネーションランプも新デザインに変更された。

インテリアではグローブボックスとカップホルダーを装備。ステアリングホイールは、操作性の高いものとなり、12時の位置には、アクセントを付け加えた。

マニエッティ・マレリ製のメーターパネルは、フルカラーのTFTを採用。オーティオも5インチモニターのタッチパネル式を採用し、USB入力やBluetooth接続などにも対応する新型ラジオ「Uconnect」を標準装備している。車両価格は293万7600円~381万2400円。

m_abarth.png アバルト http://www.abarth.jp/



共通テーマ:自動車