So-net無料ブログ作成

テスラ「モデルS」 試乗記

テスラ「モデルS」P85 試乗記

電気自動車の最高峰を知ると内燃機関の存在が古臭く感じる。

328433_m.jpg

4ドアサルーンであるが、スポーツカーのような佇まいである。

アメリカ西海岸の「シリコンバレー」地区は、あのアップル社を始めIT企業銀座と言われるほど。そんな場所に2003年に設立されたのが、高級電気自動車専門メーカーであるテスラモーターズです。今回は、そんな同社の最高峰モデルである「P85Dバージョン7.1」の広報車両をお借りして、ハイウェイを中心に試乗をしてきました。(最新のモデルはP90となる。)

328434_m.jpg

全長4970mm、全幅1950mm、ホイールベース2960mmという堂々たるボディサイズ。

328435_m.jpg

灯火類はオールLED。当然ながら排気管はなくスタイリッシュ。

エクステリアはスポーティな4ドアクーペ。全長4970mm、全幅1950mmというボディサイズも圧倒的な存在感です。ロングノーズ、ショートデッキという古典的なスポーツカーデザインもアメリカン。長いノーズにはV8エンジンでも搭載しているような錯覚さえ覚えます。 P85Dをさらに観察すると、内燃機関を搭載していないため、ラジエーターグリルのエアダクトやマフラーなどが当然ながら見当たりません。光沢のあるガンメタリック塗装が美しい21インチアルミホイールの奥には、強大なパワーを受け止めるため、ブレンボ製の対向式レッドキャリパーを装備しています。 キーを持ってクルマに近づくと空力特性を徹底研究した滑らかなボディラインからクロムメッキのドアハンドルが自動的にせり出し、ドライバーを迎えてくれる。

328436_m.jpg

ガンメタリック21インチホイールを装備。回生ブレーキも強力だが、ブレンボの対向キャリパーを備える。

328437_m.jpg

仕立ての良い本革シートに腰を下ろし、ドライバーポジションをセットしてインテリアを眺めると、ドライバー正面には、バーチャル表示のグラスコクピット式メーター、そして、「ipad」をセンターコンソールにはめ込んだようなタッチパネル式17インチ大型ディスプレイが鎮座しており、しばらくこのディスプレイと格闘しましたが、慣れればロジックは分かりやすく、空調を始め、車両の様々な設定をこのタッチパネルで行えます。ナビゲーションは「グーグルマップ」を使用しており、音声案内など改良の余地はあるものの、非常に高精度な表示で、見やすさは抜群でした。また、NTTドコモの3G回線が常時通信をしており、ブラウザーも搭載。日頃愛用のスマートフォンの4G回線に比べると、回線速度の遅さが気になりますが、いつでも必要な情報が大型モニターで手に入れられるのは、大変ありがたいです。 コラム式のシフトレバーはメルセデス製。無音のままDレンジにセレクトし、アクセルを軽く踏むと、意外な程滑らかで滑るように走り出しました。

市街地では、流石に広い全幅に気を使いますが、ゴー&ストップでも周囲のクルマと同じように流れに乗り、アクセルに対し、過剰な反応は皆無。電気自動車の強みである回生ブレーキのおかげで、(強弱をタッチパネルで調整可能。)アクセルから足を浮かせば、フットブレーキをほとんど使わず減速が可能です。また、ブレンボ製対向キャリパーを装備するブレーキも自然なタッチで、好感が持てました。

さて、ハイウェイの入り口にやってきたP85D。同車のコンセプトは、快適性と、内燃機関を搭載したスーパースポーツを凌ぐ圧倒的な動力性能。世界中のEV市場を見回しても、エコを意識したものとは一線を画すものです。 4輪駆動のP85Dは、前輪用が193kW、262PS、後輪用が375kW、510PS。合計するとその出力は、なんと772PSと途方もないスペックの大出力モーターを搭載しています。最大トルクは1000Nmに迫るもの。 ETCのゲートを抜けアクセルを底まで踏み込むと、内燃機関では、実現できない電気モーター特有の全域トルクと4輪駆動がアスファルトを蹴飛ばし、これまで多くの自動車に試乗した中でも、最も強烈な加速が音もなく襲ってきた。その加速力は、人間の体力では耐えるのがきつい程で、恐怖を覚える加速としか表現しようがない。まさに一瞬で法定速度に達し、アクセルを戻すとなめらかに回生ブレーキが速度を落としてくれる。再度、フル加速を試みると、一瞬クラっとするほどの加速Gが全身をシートに埋め込んだ。0-100km/hは3秒。ポルシェターボすら置き去りにするP85Dの加速はあまりにセンセーショナルでありました。

328438_m.jpg

自動運転も試みました。高速道路でステアリングから両手を離すという行為は、危険という意識が先行し最初は恐る恐るでしたが、前方を走るクルマと適切な車間距離を保ち追尾していきます。また、コーナーでも、レールに乗っているように自然に曲がっていきます。前方のクルマが急に車速を落としても自然に減速を行い、周囲の流れに自動的に合わせてくれます。またオートバイが割り込んできても、同様に速度を落とし、その精度の高さに感銘を受けました。

P85Dの試乗を終えたあと、内燃機関を搭載したクルマがSL機関車に感じてしまう程の衝撃を受けたのは、いうまでもありませんでした。

yjimage.jpg 

テスラジャパン https://www.tesla.com/jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

アバルト595マイナーチェンジ

アバルト「595」をマイナーチェンジ

内外装やエンジンパワーを向上

FCA ジャパン株式会社は、アバルトのホットハッチバックである「595」シリーズのマイナーチェンジを敢行。3モデル全てに右ハンドルを選べるほか、MT車にはコンパクトでは珍しい左ハンドルも用意。

「595」

01.jpg

フロントバンパーには、LEDデイライトを新たに装備した。

02.jpg

リアコンビネーションランプも新形状に変更された。

03.jpg

より高いホールド性を誇るスポーツシートを採用した。

04.jpg

約10PSのパワーアップを果たした。直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは最高出力145PS、最大トルク180Nmを発生。ボディカラーに新色の「Rosso Abarth(レッド)」を追加。

「595ツーリズム」

05.jpg

新デザインの17インチアルミホイールを装備。ブラックブレーキキャリパーも新装備だ。

06.jpg

バンパーも新しいデザインとなり、よりスポーティなエクステリアとなった。

07.jpg

シートもアバルトのロゴが入り、ホールド性も向上した。

08.jpg

直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは5PSの向上を果たし、最高出力165PS、最大トルク210Nmを発生。トランスミッションはシングルクラッチ5MT。595 ツーリズモとソフトトップを備える595C ツーリズモでは、ボディカラーに「Bianco Iridato(パールホワイト)」を追加。新デザインの17インチアルミホイールを装備しブラックペイントのブレーキキャリパーが覗く。

「595コンペティツオーネ」

09.jpg

ダイアカットの新デザイン17インチアルミホイールを採用。 フロントブレーキはブレンボ製4ピストン。

10.jpg

マフラーは4本出し。新しいデザインのバンパーと相まり、スポーティだ。

11.jpg

アバルト595の最高峰モデルだけあり、シートの形状はサーキットユースに対応。カーボンシェルを採用。

12.jpg

直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは最高出力180PS最大トルク230Nmを発生。ボディカラーに「Giallo Modena(イエロー)」を追加された。

13.jpg

モデル名を「アバルト 500」から、「595」に変更された。エクステリアでは、前後のバンパーを刷新。より前衛的なデザインとして、ホットハッチの印象を高めた。高輝度LEDによる楕円形のデイライトも装備された。リアのコンビネーションランプも新デザインに変更された。

インテリアではグローブボックスとカップホルダーを装備。ステアリングホイールは、操作性の高いものとなり、12時の位置には、アクセントを付け加えた。

マニエッティ・マレリ製のメーターパネルは、フルカラーのTFTを採用。オーティオも5インチモニターのタッチパネル式を採用し、USB入力やBluetooth接続などにも対応する新型ラジオ「Uconnect」を標準装備している。車両価格は293万7600円~381万2400円。

m_abarth.png アバルト http://www.abarth.jp/



共通テーマ:自動車

フェラーリ812 Superfast

フェラーリ「812 Superfast」世界初公開

01.jpg

04.jpg

02.jpg

フェラーリは第87回ジュネーブ国際モーターショー(3月7日~19日)の会場にて、同社、新型V12ベルリネッタ「812 Superfast」を世界初公開すると発表。

03.jpg

V型12気筒自然吸気エンジンは、F1エンジン由来のコンセプトとしており、6.5リッター。最高出力は800ps/8000rpmを発生。史上最強のエンジンと言われ新開発された。 最大トルクは718Nm/7000rpmを発生し、その80%以上を3500rpmから発生させることで低回転域での加速力を大幅に向上させ、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は340km/h以上。トランスミッションは、新開発のデュアルクラッチで、シフトタイミングのレスポンスを向上させた。

クラシカルなロングノーズ、ショートデッキのエクステリアは1969年の「365GTB4」を思い起こさせるもの。フルLEDヘッドライトはふくやかな曲線を描き、圧倒的な存在感を演出。

05.jpg

フェラーリ伝統の4灯丸型テールランプが水平方向に広がるフォルムを強調し、スポイラーとキャビンを低く見せる。

06.jpg

人間工学を追求した新デザインのコクピット。

emblem_ferrari.jpg フェラーリ・ジャパン http://www.ferrari.com/Japanese/



共通テーマ:自動車

BMW新型5シリーズ

BMW新型5シリーズを日本導入

09.jpg

01.jpg

02.jpg

フルモデルチェンジするBMWのEセグメントセダン5シリーズ(G30型)は、新型「7シリーズ」(G11型)と同様、軽量な新型プラットフォームを採用することにより、先代モデルに比べ、80kgもの軽量化に成功している。

04.jpg

完全自動化した光学計測技術を、新型5シリーズの開発から新たに採用され、従来の2倍の速さで測定し、業界初の100ミクロン単位のデジタル3次元モデルを製作。

08.jpg

全長×全幅×全高:4945×1870×1480mmという堂々たるサイズ。先代から全長で+30mm、全幅で+10mm。 日本国内では2月11日より販売を開始。納車は、BMW 523d、BMW 530i、BMW 540i、BMW 540i xDriveが2月より、BMW 530eが2017年第三四半期より、BMW 523iが2017年第四四半期からを予定している。

07.jpg

523i 直列4気筒 2L ガソリンターボ 出力:184ps/5000rpm、27.5kgm/1250-4500rpm

530i 直列4気筒 2L ガソリンターボ 出力:252ps/5200rpm、35.7kgm/1450-4800rpm 燃費:15.4km/L

540i 直列6気筒 3L ガソリンターボ 出力:326ps/5500rpm、45.9kgm/1380-5000rpm 燃費:12.5km/L

523d 直列4気筒 2L ディーゼルターボ 出力:190ps/4000rpm、40.8kgm/1750-2500rpm 燃費:21.5km/L

530e 直列4気筒 2L ガソリンターボ+モーター プラグインハイブリッド システム出力:252ps、42.8kgm 電気モーターのみで時速120kmまで、最長50km走行可能 トランスミッションは全車8速AT、4WD「xDrive」も設定。

05.jpg

新型「7シリーズ」にも通じる上質なインテリアは、先代より大幅に質感を向上させ、メーターには、「7シリーズ」同様バーチャル式を採用した。

06.jpg

シフトレバーのロジックの最近のBMW同様の奇抜なデザインが採用された。節度感のある操作は慣れれば非常に使いやすい。最新プラットフォーム、アルミボディや軽量ブレーキなどにより大幅に軽量化 トランク容量を520Lから530Lに拡大 ジェスチャーコントロールに対応、投影面積を70%拡大したヘッドアップディスプレイ、10.25インチディスプレイ、ボイスコントロールなどからなる「iDrive 6.0」を採用している。

 

emblem_BMW.jpgビーエムダブリュー株式会社 http://www.bmw.co.jp/jp/ja/



共通テーマ:自動車

シトロエン新型C4ピカソ

シトロエン、新型「C4 ピカソ」来月より販売開始

05.jpg

シトロエン(プジョー・シトロエン・ジャポン)は同社のミニバンである新型「C4 ピカソ」を3月1日より販売を開始すると発表。

01.jpg

02.jpg

新型「C4ピカソ」

03.jpg

04.jpg

新型「グランド C4 ピカソ」

新型「C4ピカソ」「C4グランドピカソ」には、これまでの直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボエンジンと新たに、直列4気筒2.0リッターディーゼルターボエンジンを搭載。最高出力150PS/4000rpm、最大トルク370Nm/2000rpmを発生する。ターボディーゼルならではのトルクフルな走りが魅力である。

両モデル共に、トランスミッションにはトルクコンバーター式6速ATが組み合わされる。  また、新装備として「ハンズフリー電動テールゲート」を採用するとともに、「アクティブセーフティブレーキ」「アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)」「レーンキープアシスト」「アクティブブラインドスポットモニター」といった最新の運転支援技術を採用した。

 

c.jpg シトロエンhttp://www.citroen.jp/



共通テーマ:自動車

AMG GT-S 試乗記

メルセデスAMG GT-S 試乗記

AMGパフォーマンスカー第二弾は、全てにおいて洗練された。

IMG_1656.jpg

スペシャリティ感満載のエクステリアは、AMGパフォーマンスカーそのもの。

IMG_1653.jpg

低く構えたロングノーズのボンネットは古典的なスポーツカースタイル。

IMG_1657.jpg

全高は1289mmと低い。アルミを多様したおかげで1540kgと軽量。

IMG_1663.jpg

幅広いLEDの灯火類に曲面を多用したクラシカルなデザインのヒップが美しい。

メルセデス・ベンツのチューニング部門である「AMG」が白紙の状態から、オリジナルで作り上げたパフォーマンスカーの第二弾が、メルセデス「AMG GT」です。第一弾は、ガルウイング・ドアや典型的なクーペのレイアウトで世界を唸らせた「AMG SLS」です。 今回はメーカーの広報車両をお借りして、試乗を敢行しました。

「AMG GT」のエクステリアは、「AMG SLS」を各部に踏襲しており、威圧感のあるフロントマスク、ロングノーズ、ショートデッキの古典的なマッスルスポーツカーに仕上がっており、ボディ構造にアルミニウムを用いた点も共通です。インパクトのあるガルウイング・ドアは廃止されました。 ボディは、「AMG SLS」に比べ若干コンパクトになりましたが、車両に近づくとその迫力に圧倒されます。全長4546mm、全幅1939mm、全高1289mmというボディは、幅広く、低いので、一言「デカイ」。

IMG_1658.jpg

分厚いサイドシルを跨ぐと、専用設計の心踊るコクピットが迎えてくれる。

極端に低い着座位置のスポーツシートに身を埋めると、身長170センチの筆者には、ボンネットの先端がどこにあるのか分からない。分厚い座布団でも持参したいほどでした。乗ってもデカイこのクルマ、正直広い全幅と低い全高には相当気を遣いそうです。

IMG_1660.jpg

「AMG SLS」では、自然吸気6.2リッターV8エンジンを搭載し、最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.2kg-m/4700rpmを発揮していましたが、「AMG GT」では、(試乗車はS)M178型ツイン-ターボ4.0リッターV8直噴エンジンにダウンサイジングされ、最高出力510ps/6250rpm、最大トルク66.2kg-m/1750-4750rpmになりましたが、最大トルクは、同スペックながらも発生範囲も広げられ、むしろ走りでは、洗練されていると言えます。

走行モードは、エフィシェンシー、スポーツ、スポーツ・プラス、インディビデュアル、レース(こちらはGT Sのみ)の5つから選択可能。 インテリアを観察したあと、「スポーツ」モードにセレクトして、街中に出ると相変わらずコクピットから見える景色は、非常に低く、幅広いため正直、気を遣わないといえば嘘になります。 街中での乗り心地、7速デュアル・クラッチのシフトマナーは素晴らしく、エンジン回転が2000rpmも回らないまま、全てが事足りてしまいます。

IMG_1664.jpg

音量もセレクトにより可変可能。そのエキゾーストノートはスーパーカー級。

イエローの文字盤の速度計をみると360km/hまで刻まれ、日本の高速道路を走る事に遠慮しながら、セレクトモードを「スポーツ・プラス」にして、アクセルペダルを踏み込むと、ターボエンジンである事を忘れ、ターボラグはほぼ皆無といえます。直線的なトルクで7000rpmのレッドラインまで鋭く吹け上がり、カミナリでも落ちたかと思わせす轟音を伴い、凄まじい加速を演じてくれます。アクセルを踏み込んでいられる時間はほんの数秒。それもそのはず。0-100km/h加速は、3.8秒。(実は「AMG SLSより0.1秒速い。)最高速度は310km/h以上。

IMG_1654.jpg

フロント255/35 19インチ、リア295/35 19インチ。

また、大口径のディスクローター&6ピストン(フロント)のブレーキは、ガツン!とダイレクトに速度を殺す。それでいて、街中でカックンブレーキになるようなことはありませんでした。 時間の関係、ワインディングでの試乗は出来ませんでしたが、思い存分走らせるには、やはりサーキットがベストであると感じました。

走行モードを「エフィシェンシー」にセレクトし、7速デュアル・クラッチをオートにすれば、非常に滑らかで尖った部分がなく試乗でも特質すべき部分でした。これでは、日常生活でも幅広い全幅にさえ慣れれば問題のない扱いやすさのスーパースポーツカー。それが、「AMG GT」でした。

 

m_emblem_mercedes-benz-d9df6.jpg m_m_amg.gif

メルセデスベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

VW全車つながるクルマに

フォルクスワーゲン、“Volkswagen Car-Net”

2017年中盤にほ全車種が「つながるクルマ=コネクテッドカー」となる。

01.jpg

Volkswagen「ゴルフ コネクト」

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は、フォルクスワーゲン車が採用するモバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」を利用できるモデルを順次導入予定で、2017年の中盤にはほぼ100%が「つながるクルマ=コネクテッドカー」になると発表した。

02.jpg

iphoneを始めスマートフォンと接続すれば、大型モニターにアプリケーションを表示、操作が可能。

Volkswagen Car-Net対応車両は「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフR」「ゴルフ GTE」「ゴルフヴァリアント」「パサート」「パサート GTE」「パサートヴァリアント」「パサート GTE ヴァリアント」「ザ・ビートル」「ザ・ビートルカブリオレ」「ティグアン」「トゥーラン」「シャラン」で、最新の「ゴルフコネクト」や「ティグアン」では、スマートフォンを接続してアプリを利用できる「Composition Media」や純正ナビゲーション付インフォテイメントシステム「Discover Pro」を純正採用している。

03.jpg

Apple CarPlay表示画面

04.jpg

Android Auto表示画面

05.jpg

MirrorLink表示画面

Volkswagen Car-Netでは、「Apple CarPlay」、「Google AndroidAuto」、「MirrorLink」のOSに対応している。

「GTE」シリーズ用の予約充電等の各種サービスを提供する「e-Remote」、「Google Street View」など12項目の各種オンライン情報を提供する「Guide&Inform」という3つの機能を用意しさまざまな情報をスマートフォンとの連動で車内で得られることが可能となっている。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 http://www.volkswagen.co.jp/



共通テーマ:自動車

進化するAMG Eクラス(W231)

進化する新型W213型 Eクラス AMGモデル

新型「メルセデスAMG E43 4MATICセダン」(W213型)に先日試乗したが、V型6気筒ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生させ、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度250km/h(リミッター作動)と十分に速い。4マチックシステムの前後トルク配分は前後31:69とし、ハンドリング性能を高めた。現在、日本で購入できる最もパワフルなEクラスは、「AMG E43 4MATIC」となるが、怒涛のパワーを発生する「AMG E63」の上陸が待ち遠しい。

IMG_3847.jpg

IMG_3849.jpg

IMG_3859.jpg

「AMG E43 4MATIC」の試乗記も近日公開します。お楽しみに。

メルセデスAMG E63/E63S 612ps!詳細スペック。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

「メルセデスAMG E63 / E63S セダン」

概要・スペック 新型「Eクラス」をベースにしたハイパフォーマンスモデであり、 エンジンを前型のV型8気筒 5.5Lターボから、V型8気筒 4Lターボにダウンサイジングしながらも、「S」では、過去最強のスペックを誇る612PSを発揮する。

スペック エンジン:V型8気筒 4L 直噴ターボ

パワー E63:571ps/76.5kgm(前型:557ps/73.4kgm)

     E63S:612ps/86.7kgm(前型:585ps/81.5kgm)

トランスミッション:9速AT 駆動:4WD「AMG Performance 4MATIC+」

AMG E63Sは、「Drift Mode」により100%後輪駆動にできる。

E63は機械式、E63Sは電子制御式ディファレンシャルを搭載。

0-100km/h加速:E63 3.5秒、E63S 3.3秒。

最高速度:250km/h(リミッター)。

専用のフロントバンパー、ワイドフェンダー、トランクリッドスポイラー、クローム仕上げツインエキゾーストパイプ、リアデュフューザー。

フロント6ピストン、リアシングルピストンキャリパー採用のAMGハイパフォーマンスブレーキ (E63Sに、カーボンセラミックブレーキをオプション設定)

「AIR BODY CONTROL」エアサスペンション。

E63は19インチ、E63Sは20インチアルミホイール。

06.jpg

トランスミッションにはハイパワーに対応した専用9速ATを組み合わせ、新開発の4WDシステム「AMG Performance 4MATIC+」を採用することで、0-100km/h加速タイムは3秒台前半というスーパースポーツ以上の動力性能を実現している。公道での使用は、安全の為、避けたいが、E63Sの4WDには「ドリフトモード」が選択でき、完全な後輪駆動化が可能。怒涛のパワーを思い存分楽しめる。

04.jpg

新型Eクラス同様、コクピットはタブレット端末を2つ並べたような自動車の計器としては最も先進性に優れた機能を備える。

05.jpg

07.jpg

ホールド性に優れたAMG刻印入りのフロントシート&居住性に優れたリアシート。




emblem_mercedes-benz.jpgm_m_amg.gif 

メルセデスベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/


nice!(0) 
共通テーマ:自動車