So-net無料ブログ作成
検索選択

アウディRS3 スポーツバック試乗記

アウディ・RS3スポーツバック試乗記

『伝統の直列5気筒ターボエンジンは過激な走りが魅力』 

291744_m.jpg

大きく口を開けたエアインテークは迫力満点である。

Audi RS 3 Sportbackは「AUDI AG」の100%子会社である「quattro GmbH」(クワトロ社)が手がけるスポーツモデルです。 今回は、メーカーの広報車両を借用し、試乗を敢行しました。

291745_m.jpg

エクステリアはベースとなる「Audi A3 Sportback」のデザインを受け継ぎながら、よりワイドになったフェンダーやハニカムメッシュのフロントグリル、大開口のフロントエアインテーク、落とされた車高などにより、そこに佇むだけで、ただならぬ気配を放っているのは、まさにRSチューニングと言えます。 注目は、伝統の5気筒のパワーユニットです。「quattro GmbH」がチューンした直列5気筒ターボエンジンは、搭載方法こそ縦置きから横置きに変更されましたが、quattroの名を世に知らしめた「Audi quattro」の伝統を受け継ぐものなのです。

291746_m.jpg

大口径のエキゾーストパイプからはド迫力のサウンドが響く。

291748_m.jpg

このエンジンは、Audi 「TT RS Coupe」などにに搭載されていましたが、Audi 「RS 3 Sportback」に積まれるのは最高出力367ps、最大トルク465Nm(47.4kgm)とこのエンジンでは最大のパワーを誇ります。 駆動方式はもちろんフルタイム4WDのquattroで、ハイパワーに対応した湿式多板クラッチ式7速Sトロニックが組み合わされ、0-100km/h加速はなんと4.3秒とスーパースポーツ並のスペックを誇ります。

IMG_1620.jpg

 レザーとアルカンターラを配したスポーツシートに腰を下ろし、レッドで縁取られたエンジンスタートボタンを押すと、一瞬、車体が揺れ、直列5気筒ターボエンジンが、「ブロロロ・・・」というV8エンジンのようなサウンドを響かせます。

IMG_1634.jpg

アイドリング時から野太いサウンドを響かせるツインエキゾーストノート。

スタートをさせますと、排気量に2.5リッターの余裕があって低回転域から力強くグイグイ加速していきます。その感覚は、骨太で荒っぽくまるでV型8気筒エンジンのようなフィーリングなのです。街中では、やや硬めに感じる乗り心地ですが、ダンピングには角がなく欧州車のスポーツモデルの域といえます。

IMG_1627.jpg

300km/hまで刻まれた速度計が只者ではない。アナログの計器はこれで見納めだろう。

高速道路上でアクセルペダルを深く踏み込むと、直列5気筒ターボエンジンの本性が見えました。3000rpmあたりを超えたあたりで、エンジンが発する音が明らかに変わり、5シリンダーならではのフウォーンというレーシーなサウンドを響かせ猛進。瞬く間にレブリミットの7000rpm超まで吹け上がります。この怒濤の加速は痛快かつ、暴力的なもので、このクルマがモンスターに豹変する瞬間でした。

291747_m.jpg

ブレーキはガッシリした操作感です。独自の花びら状のウェーブディスクは軽量化を誇り、ホイールの隙間からは、対向6ピストンキャリパーが「quattro GmbH」がチューンしたクルマであることがわかります。

291749_m.jpg

実用性はベースグレードと遜色がなく、ラゲッジルームも広大である。

IMG_1631.jpg

IMG_1632.jpg

スパルタンな走りが魅力の同車であるが、インテリアの居住性は、実に良好だ。

価格はRS3 Sportbackが756万円(ベースのA3 Sportback 1.4TFSIは303万円)とベースモデルが2台以上買えるプライスですが、その価値は十分にあります。自動車としての実用性を犠牲にせず、「quattro GmbH」の技術を凝縮し、スーパースポーツ並の動力性能を手に入れています。 ややカルトな部分をもった同車ですが、その魅力は計り知れないものです。

emblem_audi.jpgアウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車