So-net無料ブログ作成
検索選択

愛車トゥインゴライト交換

愛車ピンク@トゥインゴマルチリフレクター&LED H4バルブ装着

IMG_1894.jpg

最近では見かけなくなったガラス製のヘッドライト。利点としては耐久性が高く、紫外線による黄ばみやくすみなどの発生は皆無ですが、やはり見た目が古臭い印象を受けます。先日、飛び石がヒットしてしまい、ヒビが入ったため交換をしました。

IMG_1905.jpg

マルチリフレクター式のヘッドライトに刷新しました。顔つきがガラっと変わり、現代風のクルマに生まれ変わりました。このヘッドライトは正規輸入車では純正装着されることはなく、アフターパーツのみ供給されているもので、もちろん左側通行用です。

IMG_1895.jpg

ヘッドライトユニット刷新にあたり、光源もLEDに刷新。日本製で安心の小糸製作所製H4車検対応P214KWTにしました。

IMG_1903.jpg

ヘッドライトを取り外します。何ともみすぼらしい格好ですね。

IMG_1902.jpg

左がマルチリフレクター、右がカットガラスのヘッドライト。

IMG_1910.jpg

新しいマルチリフレクターヘッドライトが装備されました。また、小糸製作所製H4車検対応LEDヘッドライトP214KWTも装着。6500ケルビンは、青みのない純白のあかりでLEDらしいものです。明るさもハロゲン以上の視認性を確保しています。数多くの純正LEDを製作する小糸製作所製だけあり、カットラインもバッチリ!もちろん車検対応品です。

IMG_1900.jpg

取材協力:ルノー厚木インター店 046-229-0740

 

emblem_Renault.jpg http://www.renault.jp/dealer/renault_atsugiinter/



共通テーマ:自動車

ザ・ビートル・デューン

ビートル初のクロスオーバー車「ザ・ビートル・デューン」

00009955_s.jpg

01.jpg

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は、「Volkswagen Day 2016」の会場において、ビートル初のクロスオーバー車「ザ・ビートル・デューン」を日本初公開。国内500台限定である。

02.jpg

このクルマの基本ともいえるのが、バハバグルックの初代ビートル新旧2台の共演は貴重である。

00009952_s.jpg

00009951_s.jpg

 ザ・ビートル・デューン」は、1960~70年代にカリフォルニアで一世を風靡したビートルをベースにしたラフロードカー「Dune Buggy(デューン・バギー)」や「Baja Bug(バハバグ)」を現代風に再現した現行ビートル初のクロスモデルである。

直列4気筒DOHC 1.4リッターターボと7速DSGを日本仕様の「The Beetle」として初めて採用している。最高出力は150PS/5000-6000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpmを発生し、JC08モード燃費は18.3km/L。標準のザ・ビートルに比べ大幅にパワーアップを図っている。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 http://www.volkswagen.co.jp/



共通テーマ:自動車

ジャガーFタイプ SVR

ジャガー、5.0リッターV8エンジンで575PS/700Nmを発生する「Fタイプ SVR」

01.jpg

03.jpg

07.jpg

08.jpg

ジャガーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を担当したハイパフォーマンス・モデルに使用される車名「SVR」を与えられた初めてのジャガー車となるこのモデルは、既存のRモデルでも採用するV型8気筒 5.0リッタースーパーチャージドエンジンを、発生する最高出力を550PSから575PS、最大トルクを680Nmから700Nmに高めて搭載された。駆動方式は4WDで、8速ATと組み合わされる。

選択可能な走行モードで「V-Max」モードを選択すると、クーペで322km/h、コンバーチブルで314km/hというスーパースポーツを上回る性能を発揮。0-100km/h加速は3.7秒だ。

 

emblem_jaguar.jpgジャガーhttp://www.jaguar.com/jp/ja/



共通テーマ:自動車

パナソニック新型ゴリラ

パナソニック新型ポータブルナビ「ゴリラ」登場

03.jpg

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品3機種を6月上旬より発売すると発表。

中でも、軽自動車やコンパクトカーに最適な5インチタイプの選択が減る中、新型を登場させてくれたのは嬉しい。筆者も愛車のルノートゥインゴに装着する予定です。

CN-GP550Dの後継モデルとなるCN-G500Dは、軽自動車の内装やインテリアにもフィットするよう丸みを帯びた柔らかなデザインを採用。  全モデルナビゲーション機能は前モデルの機能を踏襲しつつ、大容量16GBメモリーに収録した詳細地図を採用することで、AV一体型ナビ譲りの高い案内機能を実現するという。

 パナソニック株式会社 http://www.panasonic.com/jp/home.html



共通テーマ:自動車

メルセデスS 550 e long改良

メルセデス・ベンツ、「S 550 e long」を一部改良して“ブルーアクセント”採用

01.jpg

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、「Sクラス」のガソリンプラグインハイブリッドモデル「S 550 e long」の装備内容を一部改良して発売。

03.jpg

ブルーブレーキキャリパー

04.jpg

05.jpg

ヘッドライトブルーリング

この改良により、ヘッドライトのレンズ左右を縁取る「ブルーリング」が装着され、フロントブレーキキャリパーにはブルーペイントを施された

emblem_mercedes-benz.jpg メルセデス・ベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/



共通テーマ:自動車

メルセデスAMG GTを改良

メルセデス・ベンツ「AMG GT」「AMG GT S」を一部改良

01.jpg

メルセデス・ベンツ日本株式会社は「メルセデスAMG GT」「メルセデスAMG GT S」を一部改良し販売。

AMG GTでは「ベーシックパッケージ」を標準装備化するとともに、AMG GT Sでは「エクスクルーシブパッケージ」に加え「AMGダイナミックパッケージプラス」の一部装備を標準装備化。さらにダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド、イリジウムシルバーマグノ、セレナイトグレーマグノ、AMGソーラービームを除きメタリックペイントの標準化も行なわれた。

 

emblem_mercedes-benz.jpg メルセデス・ベンツ日本株式会社 http://www.mercedes-benz.co.jp/



共通テーマ:自動車

ボルボS60&V60 ポールスター

ボルボ、367馬力エンジン搭載の「S60&V60 ポールスター」

02.jpg

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は、ボルボのパフォーマンスブランドであるポールスターが手がけるニューモデル「S60 ポールスター」「V60 ポールスター」を発表。

01.jpg

新世代の「Drive-E」パワートレーンに変更された同車であるが、初めてのポールスターコンプリートカーとなるこのモデルでは、直噴ターボ+スーパーチャージャーの直列4気筒DOHC 2.0リッター「T6」エンジンにチューニングを施し、ターボチャージャーの大型化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化などによって最高出力367HP、最大トルク470Nmを実現している。  専用の8速ATもポールスター用に最適化し、先代の6気筒モデルに比べ0-100km/h加速4.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)を実現。

 

m_emblem_volvo-31369.jpgボルボ・カー・ジャパン株式会社 http://www.volvocars.co.jp/



共通テーマ:自動車