So-net無料ブログ作成

メルセデス新型Gクラス

メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」日本導入

102.jpg

報道陣に発表された新型「Gクラス」。伝統のスタイリングを踏襲し最新鋭の機構を備えている。

メルセデス・ベンツ日本株式会社は新型「Gクラス」の受注を開始。「G 550」「メルセデスAMG G 63」の2モデルが導入され、納車は8月以降を予定している。同時に従来の「Gクラス」も併売される。

モデル エンジン 変速機 価格 ステアリング位置
G 550 V型8気筒4.0リッター直噴ツインターボ「M176」 9速AT「9G-TRONIC」 15,620,000円
メルセデスAMG G 63 V型8気筒4.0リッター直噴ツインターボ「M177」 20,350,000円 左/右


100.jpg

G 550

V型8気筒4.0リッター直噴ツインターボ「M176」型エンジンは、最高出力は422PS、最大トルクは610N・mを発生。

101.jpg

メルセデスAMG G 63

V型8気筒4.0リッター直噴ツインターボ「M177」型エンジンを搭載。先代モデルに比べパワーアップを果たし最高出力は実に、585PS、最大トルク850N・mを発生。
トランスミッションには新開発の9速AT「9G-TRONIC」を採用。トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギヤハウジングをマグネシウム製を採用し軽量化を図った。
新デザインのフロントラジエターグリル、フロントバンパー、丸形のLEDヘッドライト/LEDリアコンビネーションランプなど、Gクラスのクラシカルな佇まいを残しながらも最新のメルセデスの技術で設計された。

最大渡河水深が70cm(従来比+10cm以上)、安定傾斜角度が35度(従来比+7度)、デパーチャーアングルが30度(従来比+1度)、アプローチアングルが31度(従来比+1度)、ランプブレークオーバーアングルが26度(従来比+1度)とGクラスのクロスカントリーとしての高い走破性を踏襲している。

103.jpg

「Gクラス」のクラシカルなエクステリアに2枚の液晶パネルを組み合わせた最新のコクピットを装備する。

安全装備も充実しており、「アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)」、衝突時の乗員へのダメージを最低限に抑える「PRE-SAFE」、一般道や高速道路の制限速度を表示する「トラフィックサインアシスト」、片側84個のLEDを個別に制御する「マルチビームLEDヘッドライト」、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」とクラシカルなボディに先進技術がてんこ盛りである。


emblem_mercedes-benz.jpgメルセデス・ベンツ日本株式会社http://www.mercedes-benz.co.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 4