So-net無料ブログ作成

アウディサミット2017

レベル3自動運転を実現した新型アウディ「A8」

01.jpg

アウディはスペイン バルセロナにおいて「アウディ サミット 2017」を開催。このアウディ サミットにおいて、市販車として世界で初めてレベル3自動運転を実現する新型アウディ「A8」を世界初公開した。

02.jpg

アウディ サミット 2017で展示された量産版zFAS。このモジュールが新型アウディ「A8」に搭載されている。

03.jpg

新型アウディ A8のパワートレーン。

04.jpg

市販版A8に搭載したNVIDIA製のSoCは「Tegra K1」とのこと。このTegra K1は2014年に発表されたSoCで、192のCUDAコアを搭載。アウディはこれまでのzFASでもTegraシリーズを搭載してきており、プロトタイプからしっかり開発を進め、NVIDIA製Tegra K1と組み合わせることで市販車搭載可能なレベルまでzFASモジュールを小型化してきたことになる。

05.jpg
06.jpg

新型アウディA8では、4つのカメラによるサラウンドビュー、1つのフロントカメラ、1つのドライバーモニターカメラと、6つのカメラを装備。そこに、フロントレーザースキャナー、レーダー、超音波センサー(ソナー)といった多様なセンサーを加えたセンサーフュージョンでレベル3自動運転に必要な環境情報を手に入れている。そしてそれらをつかさどるのが、同社が独自に開発したブレインモジュール「zFAS」(ズィーファス)なる。

07.jpg

新型「A8」では、メーターは、アウディバーチャルコクピットを採用している。

08.jpg

センターコンソールも2つのタッチパネルを備え、物理スイッチを極力減らしている。


emblem_audi.jpg アウディ ジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/





nice!(5) 

nice! 5