So-net無料ブログ作成
検索選択

レンジローバーヴェラール

新型ミッドサイズSUV「レンジローバー ヴェラール」

09.jpg

ランドローバーは、新型ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」の受注を開始した。1526万円の「FIRST EDITION」は2018年モデルのみで展開される限定モデルで、22インチの“スタイル9007アロイホイール”や「FIRST EDITIONバッヂ」のほか、「HUD」「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」「ATPC」「テレイン・レスポンス2オート」「アクティビティキー」などを標準装備。

01.jpg

03.jpg

02.jpg

ボディには80%以上にアルミニウムを使う軽量モノコック車体構造を採用し、パワートレーンではランドローバーで初めてとなる4気筒“INGENIUM”のガソリン&ディーゼルのターボエンジンなど4種類のエンジンを設定。 180PS/430Nmを発生するターボディーゼルのほか、4気筒のガソリンターボでは250PS/365Nmと300PS/400Nmの2種類のエンジンスペックを用意。最上級モデルでは、380PS/450Nmを発生するV型6気筒の3.0リッタースーパーチャージドガソリンエンジンを搭載する。

04.jpg

「デプロイアブル・ドアハンドル」。走行時などはドアパネルにドアノブが格納され、すっきりとフラットな面構成となる。

05.jpg

80km/h以上で走行しているときには550m先までハイビームで照らし、前方カメラで対向車や前方の車両を検知してハイビームが当たらないようLEDを調整して高い視認性を確保できる「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」を搭載。

06.jpg

リアのコンビネーションランプも全てLEDを採用している。

07.jpg

シンプルな機能美”を表現する装備として、2つの高解像度10.2インチタッチスクリーンで構成するインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を全車に標準装備。ボタンやダイヤル類を極限まで排除して直感的な操作感を実現し、各種設定をタッチパネルとロータリー・コントローラーで行なえるようにしている。

08.jpg

エンジンを切るとメーターも含め、ディスプレイがブラックアウトされる。

15.jpg

ヴェラールの内装では従来からあるレザー素材に加え、クヴァドラとのコラボレーションで生み出された「プレミアムテキスタイル」が自動車業界で初採用された。


emblem_landrover.jpg
ランドローバー http://www.landrover.co.jp/index.htm






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3