So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャガー史上最速の市販車

ジャガーXE SVプロジェクト8

ジャガー史上最速かつ最もパワフル、600PS!+四輪駆動

02.jpg

ジャガーは英国で行われた名誉あるモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」に出展し、“ジャガー史上最もパワフルなロードカー”「XE SV Project 8」をワールドデビューさせた。

01.jpg

スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)がデザイン、エンジニアリング、組み立てのすべてを手がけるコレクターズ・エディションで、チューニングによってパフォーマンスを極限まで高めたモデル。

06.jpg

V型8気筒 5.0リッタースーパーチャージドエンジンにリキャリブレーテッド8速クイックシフトATを組み合わせ、最高出力は実に600PS、最大トルク700Nm、最高速度は322km/h以上という。駆動方式は4輪駆動で、電子制御アクティブディファレンシャルを使用している。これは、インテリジェントドライブダイナミクスとともにリアアクスルへのトクル配分をコントロールするものだ。なお、通常は75%のトルクをリアにデリバリーする設定だという。パフォーマンスでは0-100Km/h3.3秒とスーパースポーツカーに匹敵する。

03.jpg

04.jpg

ジャガーの市販車とは思えない・・・。いやジャガーとは思えない。BMW M5の以上のヤバそうなオーラが漂う。一見、XEと同じように見える外観だが、ボディワークの75%が専用開発のものだ。共用部分は、フロントドアとルーフの2箇所のみである。左右2本だしのエキゾーストエンドからはド迫力の咆哮を響かせる。

09.jpg

可変式リアウイングはカーボンファイバー製。時速300km/h走行時のダウンフォースは、実に122kgを超えるという。

07.jpg

4シーターモデルのシート。サーキット走行を対応する高いホールド性を持つ。

08.jpg

2シーターモデルは完全なサーキット仕様で2.2kgの軽量化されたカーボンファイバーレーシングシート、サベルト製4点式シートベルト、ハーフロールケージ、消化システムを備える。

生産台数は300台。価格は2000万円少々と予想される。


emblem_jaguar.jpg ジャガー http://www.jaguar.co.jp/index.html





nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3