So-net無料ブログ作成
検索選択

フィアット500X仕様変更

フィアット「500X」全車に衝突被害軽減ブレーキ

01.jpg

FCA ジャパン株式会社は、フィアットのコンパクトSUV「500X(チンクエチェントエックス)」に装備を充実させる仕様変更を行ない販売。

2015年秋に発売されて以来初めてとなる今回の仕様変更では、「Pop Star」にこれまで設定のなかった「バイキセノンヘッドライト」や「クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付 前面衝突警報」「レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)」を新たに標準装備した。
また、「Pop Star Plus」「Cross Plus」では、標準で装備されている衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備に加え、レーダーセンサーで前方の車両を認識して一定の車間距離を保ち自動で速度を調整する「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を標準設定モデルで初採用。
また、「Pop Star Plus」「Cross Plus」では、標準で装備されている衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備に加え、レーダーセンサーで前方の車両を認識して一定の車間距離を保ち自動で速度を調整する「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を標準設定モデルで初採用。

04.jpg

3層仕上げパールペイント「パール レッド」のフィアット 500X「Cross Plus」クロスモデルでは四輪駆動となり、9速ATを採用している。ベースモデル「Pop Star」その上級モデルの「Pop Star Plus」はFFで6速DCTと組み合わされる。エンジンは、直列4気筒 1.4リッター ターボである。

02.jpg

「ブラウン/ダークグレー」のシートカラー

03.jpg

「ブラック/ダークグレー」のシートカラー

直列4気筒1.4リッターターボ、最高出力140ps(103kW)/5000rpm、最大トルク23.5kg・m(230N・m)/1750rpm。全長4250mm×全幅1795mm×全高1610mm。


emblem_fiat.jpg フィアット http://www.fiat-auto.co.jp/





nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0