So-net無料ブログ作成
検索選択

ルノールーテシアRSマイナーチェンジ

ルノールーテシアRS マイナーチェンジ

F-1技術を投入したホットハッチの真髄

01.jpg

ルノージャポンは、ルーテシア ルノー・スポールをマイナーチェンジを行った。今回のマイナーチェンジでは、これまでのシャシースポールとトロフィーの2グレードに加え、それらの中間グレードとして新たにシャシーカップグレードが加わった。価格(消費税込)は、284万~329万となる。

ルーテシア RSの高い走行性能は、1.6リッター直噴ターボエンジンと、6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)の組み合わせが生み出す力強い加速性能に加え、ノーマル/スポーツ/レースの3つのモードが選択できるR.S.ドライブ、ラリーの世界で開発されたハイドロリックコンプレッションコントロール、ローンチコントロール、R.S.デフなどにより生み出される。

02.jpg

新型「ルーテシア RS」に搭載されるエンジン直列4気筒1.6リッターターボでは、アルミブロックを採用。シャシースポールとシャシーカップは最高出力200ps/6050rpm、最大トルク240N・m/1750rpm、トロフィーは最高出力220ps/6050rpm、最大トルク260N・m/2000rpmを発生する。このエンジンのカムシャフトタペットには、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コートと呼ばれ、F1で培われた摩擦による機械損失を低減する技術が採用されている。また、可変バルブタイミング機構(VVT)も採用されている。
トランスミッションは、6速EDCで、EDCは、2組のクラッチを持つ構造により、効率に優れ、速い変速スピードが特徴だ。これにより、スポーティでシームレスな加速が可能となった。

また、新型ルーテシア ルノー・スポールには、一度に複数段のシフトダウンが行える「マルチシフトダウン」機能が搭載されている。マニュアルモードでブレーキペダルを踏んでいる時に、左パドルを引き続けると、複数段のシフトダウンを行うことができる。

03.jpg

フルLED化されたヘッドランプ、ルノーを象徴するCシェイプLEDが組み込まれた。加えて、ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能するチェッカーフラッグ模様をモチーフにしたR.S.ビジョン、新デザインフロントバンパーが、フロントフェイスを特徴付けている。R.S.のロゴが赤く刺繍されたヘッドレスト、滑りにくいデザインへと変更されたシート表皮が、エクステリア同様、インテリアにもアグレッシブな印象を与えている。


emblem_Renault.jpg ルノージャポン株式会社 http://www.renault.jp/




nice!(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 4