So-net無料ブログ作成

ランボルギーニウラカンニュル最速

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」を日本初公開

ニュルブルクリンク ノルトシュライフェ市販車最速タイムモデル

01.jpg

ランボルギーニ ジャパン株式会社は、同社「ウラカン」の最速モデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」の報道発表会を都内で行った。

02.jpg

日本発上陸を果たしたニュルブルクリンク ノルトシュライフェ市販車最速タイムを記録したマシーン。

04.jpg

03.jpg

3月のジュネーブショーで公開された「ウラカン・ペルフォルマンテ」は、ウラカン クーペ(4WD)からエンジンの出力向上を行い、同社の特許素材であるレジンの母材に炭素繊維を埋め込んだ「フォージド・コンポジット」を採用して軽量化を実施。さらに独自の空力システムであるエアロ・ベクタリング機能付アクティブエアロダイナミクスを採用するなど、ベースのウラカンから多岐にわたる改良が行なわれた。その結果、ニュルブルクリンク 北コースで量産車として世界最速となる6分52秒01のラップタイムを記録している。参考までに、日産「GT-Rニスモ」は、7分08秒68である。



V型10気筒5.2リッター自然吸気エンジンは、最高出力640HP/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発生。7速デュアルクラッチトランスミッション「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)」と組み合わされ、0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.9秒、最高速は325km/h以上とされている。


emblem_lamborghini-12e48.jpg ランボルギーニ ジャパン株式会社 http://www.lamborghini.co.jp/




nice!(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 2