So-net無料ブログ作成
検索選択

相棒はVW CROSS POLO

今日からの相棒はフォルクスワーゲン「CROSS POLO」(クロスポロ)

モデル末期と言われる「CROSS POLO」を最後に試乗

IMG_0168.jpg

今日から10日間相棒になってくれるフォルクスワーゲン「CROSS POLO」(クロスポロ)。
フォルクスワーゲングループジャパン株式会社より、広報車両を借用し、取材旅行を兼ねて多岐にわたるテストを行います。

「CROSS POLO」は、車高を高めることで、SUVテイストが盛り込まれたフォルクスワーゲン独自の「クロスモデル」です。エクステリアでは、シルバーのルーフレールの採用や、ホイールアーチをはじめ、前後バンパーやサイドスカートなどボディ下部が黒の樹脂製パーツで覆われるといった演出が施されています。専用デザインのアルミホイールは17インチを採用し、タイヤは215/40R17とコンパクトなボディには、太いタイヤが頼もしいです。

インテリアは、ツート-ンカラーファブリック/スポーツシート、アルミ調ペダルクラスターなどが採用。今回はイメージカラーである、「マグマオレンジ」を選択しました。

IMG_0169.jpg

こう見えても3ナンバーなんです。全長4,000mm×全幅1,710×全高1,505mmのボディサイズはベースモデルの「POLO」より80mm長い。リアのシルバーアクセントが、SUV感を醸し出しています。

IMG_0161.jpg

ホイールアーチを始め、ボディ下部は樹脂製のブラックトリムで奢られ、小粋な「POLO」がゴツくなっています。

IMG_0162.jpg

リアドアには「CROSS POLO」のデカールが貼られています。

IMG_0163.jpg

「CROSS POLO」専用デザインのアルミホイールは17インチと大口径。コンパクトカーながら4輪ディスクブレーキを採用しています。タイヤは215/40R17とぶっといデス。

モデル末期を迎えた「CROSS POLO」のインプレッションを長距離走行を含めて行います。記事更新をお楽しみに。

「CROSS POLO」

直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)/総排気量:1197cc/最高出力:90ps/ 4400~5400rrpm/最大トルク:16.3kg-m(160N・m)//1400~3500rpm/トランスミッション:7速DSG/車両重量1160kg/JC08モード燃費21.90(km/l)/車両価格279.9万円(税込)

◆新型「POLO」は2018年登場

new_polo.jpg

ちなみに、新型「POLO」はスポーティなエクステリアになります。LEDターンシグナルやLEDヘッドライトなど装備を充実し、車高を落とすことにより、スポーティなエクステリアデザインへと変貌を遂げます。2018年に欧州で販売予定です。


m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/




nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3