So-net無料ブログ作成
検索選択

VW 新型ポロ現る

フォルクスワーゲン新型「ポロ」

市販モデルの顔がついに現る!

01.jpg

これが市販化最終形とされる新型「ポロ」の全貌だ。現行モデルのポロ(6R型)も2009年登場のため、大胆なフルモデルチェンジとなった。

まるでスポーツモデルのような低く抑えられた車高に、エッジの効いた低いボンネットがイメージを一新。ポジションランプも波型のLEDを採用し、ヘッドライトも上級モデルでは、フルLEDとなる予定である。全幅は3ナンバーになる可能性が高く、全長は、4170mmとなる。

センターコンソールに9.5インチディスプレイ(Apple CarPlayおよびAndroid Auto対応)が装備。上級モデルには、「デジタル・インストゥルメント・クラスター」の採用もされるというから驚きである。ベーシックモデルの「ポロ」からも物理メーターが姿を消すことになる。

エンジンは1.0リッターターボは、110PS発生。新型ゴルフにも搭載される1.5リッターターボは新開発の「TSI evo」で130PSと150PS。(ゴルフとの差別のため、実際に導入されるかは未定。)そして、さらにパワーアップを果たしたホットハッチの新型「ポロGTI」は2.0リッター化され、ダウンサイジングよりパワーを重視。最高出力は200PSを発揮。トランスミッションは、全車7速DSGを搭載される。

◆新型「ポロ」の派生モデル「T-Cross Breeze」も順調に開発中

02.jpg

03.jpg

新型「ポロ」をベースとした遊び心あふれる「T-Cross Breeze」。エンジンなどは、新型「ポロ」と共通である。新型「ポロ」の登場は、今秋フランクフルト・モーターショーである。 日本への上陸は来年春頃を予定している。


m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/






nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3