So-net無料ブログ作成
検索選択

メルセデス新型Sクラス

メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」

オート上海でワールドプレミア
02.jpg
03.jpg
メルセデスベンツは、中国で開催している「上海モーターショー2017」の会場ににおいて、改良新型『Sクラス』を世界初公開を行った。ガソリンとディーゼルエンジンは直列6気筒が復活した。また、V8ツインターボも刷新。


●直列6気筒ディーゼルエンジン(S 350 d 4MATIC)
最高出力:285.5PS / 最大トルク:600N・m[61.18kgf・m]
燃費:18.1km/L

●直列6気筒ディーゼルエンジン(S 400 d 4MATIC)
最高出力:339.9PS/ 最大トルク:700N・m[71.38kgf・m]
燃費:17.8km/L

●V8ツインターボガソリンエンジン(S 560 4MATIC)
最高出力:469PS/ 最大トルク:700N・m[71.38kgf・m]
燃費:11.7km/L

●V8ツインターボガソリンエンジン(AMG S 63 4MATIC+)
最高出力:611.8PS/ 最大トルク:900N・m[91.77kgf・m]
燃費:11.2km/L


上記のエンジンが公開された。またハイブリッドモデルやV型12気筒モデルも用意されている。
自動運転技術の分野でも世界的に高い技術力を持つメルセデス・ベンツ。新型「Sクラス」にはインテリジェント・ドライブをステップアップさせている。限定された領域における自動運転といえる「ディストロニック・アクティブ・プロキシミティ・コントロール」と「アクティブ・スティア・アシスト」を採用した。


◆AMG S63 4MATIC+ なんと0-100Km/h加速は3.5秒!!

15.jpg
17.jpg
16.jpg
14.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg

メルセデス「AMG S63 4MATIC+」は、排気量を従来の5.5リッターから、4.0リッターへと大幅にダウンサイジングを敢行した。

19.jpg

V型8気筒直噴4.0リッターエンジンは、1.5リッターもの大胆なダウンサイジングが敢行された。しかしながらエンジンパワーは27PSもの向上を果たし、最大出力は実に、612PS、最大トルク91.8kgmを叩き出すモンスターセダン。トランスミッションは、ZF製で、従来の7速ATから9速ATへと進化。0‐100km/h加速は、スーパースポーツカーすら寄せ付けない3.5秒を達成している。最高速度は250Km/hでリミッターが働くが、潜在能力は軽く300Km/hを超えるだろう。

18.jpg
強大なパワーに対応したAMGブレーキシステムを装備している。

V型12気筒モデルなど上級車種の情報は追って紹介します。



emblem_mercedes-benz.jpgm_m_amg.gif
メルセデスベンツジャパンhttp://www.mercedes-benz.co.jp


nice!(1) 

nice! 1