So-net無料ブログ作成
検索選択

VW I.D. CROZZ

フォルクスワーゲン上海で「 I.D. CROZZ 」をワールドプレミア

00011739_s.jpg

Volkswagenは現在、先進的なコンセプトに基づき、アバン ギャルドなデザインを特徴とした一連の 電気自動車を開発中である。本格的な生産開始は、 2020年になる。そして今回、 Volkswagenは、 2017年上海 モーターショーで、この新しい電気自動車シリーズをイメージできる重要な1台を公開 。「 I.D. CROZZ 」は、電気で駆動する VW初のクロスオーバーユーティリティビークル(CUV )。 CUVとは、 4ドアクーペとスポーツユーティリティビークル(SUV )の特徴を 1台に融合したクルマを意味している。 「 I.D. CROZZ 」は先に発表して大きな注目を浴びた「 I.D. 」(2016年にパリで初公開)、「 I.D. BUZZ 」( 2017年 1月にデトロイトで初公開)に続く、「 I.D. 」シリーズの第3弾となる。このゼロエミッション ビークルもまた、 とても長い航続距離を実現しており、カリスマ性を感じさせる電気自動車専用のデザインと完全に新しい室内 コンセプトを採用。スポーティなデザインをまとった「 I.D. CROZZ 」は、 2020年における電気自動車が、 どれほど多彩なものになりそうか思い起こさせる。

00011741_s.jpg

00011740_s.jpg

4輪駆動と500km( NEDC )の航続距離

00011752_s.jpg

「I.D. CROZZ 」という名前がすべてを表現している。「 I.D. 」は何よりも「アイデンティティ」、そして、「アイコン的な デザイン」を表し、「 CROZZ 」は、新しい CUV のカテゴリーを示唆。「 I.D. CROZZ 」は、スポーティで インタラクティブなデザインを備えたゼロエミッショ ンのオールラウンドビークルで、電気による 4 輪駆動システムは、 街乗りでも、冒険心を満たすオフロード走行でも、同様に印象的な走りを実現。 225kW のパワーがある 「 I.D. CROZZ 」の最高速度は180km/h で、 1回の充電で最大500km ( NEDC )走行可能。搭載する高性能 バッテリーは、出力150kW の直流充電装置で急速充電すれば、わずか30分で80 %まで充電可能。

00011760_s.jpg

00011769_s.jpg

00011744_s.jpg

00011756_s.jpg

インタラクティブなヘッドライト

「I.D. CROZZ 」のフロントビューのハイライトは、Volkswagenの電気自動車を象徴する特徴的なシグネチャーライトだ。 C 字形をした LED デイタイム ランニングライトと 5つの細いLED で構成された可変制御 LEDヘッドライトが、 電子の動く “ 目 ” (インタラクティブスポットライト)とともに一体感 のあるフロントセクションを構成。 ここでは、 “ インタラクティブ ” がキーワードになる。「I.D. CROZZ 」は、ドライバーの指示により、完全な自動 運転モードで走行している時、この “ インタラクティブスポットライト ” を介して、他の道路を共有するユーザーと コミュニケーションを取るもの。ドライ バーがクルマに近づいてきた時には 、このライトを使って挨拶もするという。

00011746_s.jpg

00011758_s.jpg

新しい時代に向けたデザイン

「I.D. CROZZ 」の明確で力強いデザインは、 SUVの堂々とした無骨な風貌とクーペのエレガントでスポーティな 軽快感を融合。ここでは、大きなボンネットとアスリートのように力強い形状を描くワイドなフェンダーが、 決定的な要素になっている。表情豊かなボンネットは、高さのあるフロントエンドいっぱいまで広がっている。 「I.D. CROZZ 」のボディは、鮮明かつ「ハイテク感」のあるシルバ ー(シルバースパーク)で塗装され、クリーンな 表面のボンネットやバンパーは、アルミの大きな塊から削 り出した彫刻のような印象を与える。このフロント セクションで目立つ存在となっているのが、 Volkswagen のe-モビリティを象徴するシグネチャーライト。ボンネットと バンパー中央部の VWバッジにもイルミネーションを採用。 このイルミネーションは、左右に伸びる 細い光のラインとなり、インタラクティブLEDヘッドライトまでつながっている。シャープな曲線を描く、軽快な 印象のルーフラインが後方へと長く伸び、透明なルーフは、 外側が光沢のあるブラック仕上げとなり、とても高い 質感を備えている。このモデルの照明付きパノラミックルーフには、可動式ライトブラインドを新たに採用。このブラインドは、クルマの室内だけでなく、エクステリアに対するアンビエントライトとしても機能する。 スタイリッシュなリヤとスポーティに張り出したショルダー 部分は、見るからに力強く、さらに、リヤライトの細いLEDマトリックスセグメントと照明付VWバッジがある光沢ブラックの部分が、クルマの幅広さを一層強調。 SUVならではの無骨な印象は、力強いホイールアーチと 21インチホイール、表面がざらついたマット仕上げの 堅牢なサイドシルで構成されるサイドシルエットによって 、さらに明確。その美しさは細部にまで 及んでおり、革新的なホイールデザインによって、ホイー ルリムとタイヤとの継ぎ目がほとんどなくなっており、 結果的にホイールとタイヤの組み合わせが、とても大きく見える。

00011772_s.jpg

コンパクトな電気駆動システムとフロアに内蔵したリチウ ムイオン電池のおかげで、室内には広々としたアレンジ 自由なラウンジのような空間、 “ オープンスペース ” が生み出される。室内に差し込む光の量やシート ポジションに応じて、ダッシュボード、アッパードアトリム、ドアインサートは、それぞれさまざまな色彩を放つ。 ドライバーと助手席乗員には、上質なヘッドレスト一体型シート(シートベルトガイドも一体化)が提供され、 後席のレッグルームも大型サルーン並みの広さを確保。さら に、ドアにあるマルチファ ンクショナルコントロール アイランド(空調とドア開閉のためのタッチ制御機能を備えたドアパネル)などの新機構によって、室内はさらに 快適で寛げる空間になっている。また、マルチファンクションシートコンセプトを導入した「 I.D. CROZZ 」の室内は、 とても柔軟なアレンジが可能。

00011770_s.jpg

完全自動運転を見越した次世代のコクピットを採用。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲングループジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/


nice!(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 4