So-net無料ブログ作成

アウディ新型R8スパイダー

アウディ新型R8スパイダー/TT RS

アウディ ジャパン株式会社は3月28日、新型「R8 スパイダー」「TT RS クーペ/ロードスター」の記者発表会を行った。

「R8スパイダー」

01.jpg

発売は2017年7月になるという新型「R8スパイダー」。2010年に登場し、センセーショナルだった「R8スパイダー」も7年を迎え、フルモデルチェンジとなり日本国内に上陸を果たした。

ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着。一目でミッドシップレイアウトとわかる。先代モデルを踏襲ながら、先進技術を取り入れ、ヘッドライトには、それぞれ37個のLEDを備えた「LEDマトリックスヘッドライト」を標準装備しており、夜間走行時の路面に死角をなくしている。リアコンビネーションランプも全てLEDを採用している。

新世代のアルミとCFRPを組み合わせ「アウディ スペース フレーム」を採用し、ねじれ剛性は、従来モデル比で50%向上している。

自然吸気のV型10気筒5.2リッターエンジンは、最高出力540PS、最大トルク540Nmを絞り出す。トランスミッションは、7速Sトロニックと組み合わされる。クアトロシステムはさらに進化を遂げており、前後のトルク配分を100:0/0:100と路面状況によって切り替える。0-100Km/h加速はさらに向上し、3.6秒で駆け抜けるスーパースポーツカーだ。

インテリアは、先代では350km/hまで刻まれたスピードメーターが印象的であったが、12.3型のモニターを搭載した「アウディバーチャルコクピット」に変更された。

「TT RS クーペ/ロードスター」

02.jpg

「TT」シリーズはベースモデルでも十分な動力性能を発揮することはご存知の通りで、これまでトップグレードであった「TTS」でも十分スーパースポーツカーとして通用する性能を有していたが、アウディはこれだけでは終わらない。ついに400PSを発揮する「TT RS」が登場した。販売は5月中旬である。

エンジンは伝統の5気筒エンジンを採用したが、全てが新設計であり、 アルミ製エンジンブロック、軽量クランクシャフト、アルミ製オイルポンプ、マグネシウム製オイルパンを採用したことで、エンジン本体で26Kgの軽量化を図った。直列5気筒DOHC 2.5リッター直噴ターボエンジンはオールアルミ製。先代モデル比で60PSものパワーアップを図り、ついにその出力は400PS、最大トルク480Nmを発生。トランスミッションは7速Sトロニック。クアトロシステムを採用し、0-100Km/h加速はついに3秒台に突入し、3.7秒で到達する。ステージによっては、スーパーカーの「R8」を追い回すことが出来るマシンにまで仕上げてきた。

03.jpg

5アームポリゴンデザインの19インチホイールに245/35 R19のピレリP-ZEROが組み合わされる。RSの刻印入りの巨大なブレーキキャリパーは、量販車のレベルでは最大級のものだ。

 

emblem_audi.jpg アウディジャパン株式会社 http://www.audi.co.jp/


nice!(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 3