So-net無料ブログ作成
検索選択

VW新型ゴルフR現地レポート

フォルクスワーゲン新型「ゴルフR」現地レポート

01.jpg

フォルクスワーゲンは、2017年モデルの「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」をジュネーブショーの会場で発表した。

7型の登場から4年が経過した現行「ゴルフ」であるが、今回マイナーチャンジを敢行。最高峰モデルである「ゴルフR」もマイナーチェンジを行った。

02.jpg

「ゴルフ」に遅れること数ヶ月、「ゴルフR」もマイナーチェンジを行った。エクステリアデザインはシャープな印象となり、立体的な造形のフロントバンパー、前後、フルLEDの灯火類を導入した。

インテリアの変化は大きく、同社「パサート」「ティグアン」でお馴染みの仮想現実な計器を映し出す12.3インチのディスプレイ式に刷新された。メーターデザインは変更でき、中央にナビゲーションも表示可能。スピードメーターは320Km/hまで表示される。ダッシュボード中央のモニターも高精度の液晶に刷新され、従来の6.5インチから、クラス最大級の9.2インチの新デザインとなり、操作性、視認性の大幅な向上を実現した。ジェスチャーコントロールにも対応している。

直列4気筒2.0リッターターボエンジンは、パワーアップを果たし、最大出力310PS、最大トルク40.8kgmとなり、ついに300PSオーバーカーとなった。また0-100Km/h加速も4.9秒から、4.6秒と一級スポーツカー並みの動力性能を手に入れた。

 

m_VW-715c0-78719-45ffe.jpgフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社http://www.volkswagen.co.jp/


nice!(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 2